綾子役の堀田茜は眉毛が太い?ドラマ『江戸モアゼル 第2話』

ドラマ『江戸モアゼル 〜令和で恋、いたしんす。〜 第2話』では、綾子役として出演している堀田茜さんは眉毛が太いと言われているので、それが本当なのか?検証してみました。

ドラマ『江戸モアゼル』のキャスト

f:id:akira2013web:20210108215523p:plain

出典:https://www.ytv.co.jp/edomoiselle/

ドラマ『江戸モアゼル 〜令和で恋、いたしんす。〜』は、2021年1月7日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:汐口武史&菊川誠&朝比奈陽子
  • 脚本:政地洋佑&大林利江子
  • 原作:江戸キリエ

女優&男優&声優

  • 仙夏(演:岡田結実)江戸から令和の時代にタイムスリップした花魁
  • 蔵地俊輔(演:葉山奨之)最初は仙夏を邪魔者と思っていた男性
  • 春日泉美(演:吉谷彩子)蔵地俊輔から愛されているWeb製作会社の社員
  • 蔵地雄彦(演:田中直樹)蔵地俊輔の叔父
  • 蔵地寿乃(演:山口まゆ)蔵地雄彦の娘
  • 鳥居直樹(演:前田公輝)Web製作会社の社長
  • 松野隆二(演:森田甘路)カフェの店員
  • 森谷香澄(演:藤江萌)カフェの店員
  • 大河内拓磨(演:中本大賀)カフェの店員
  • 綾子(演:堀田茜)鳥居直樹に利用されていた女性

主題歌

ドラマ『江戸モアゼル 〜令和で恋、いたしんす。〜』の主題歌は、円神の『Say Your Name』です。

ドラマ『江戸モアゼル』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『江戸モアゼル』全話のストーリーを見る事ができます。

ドラマ『江戸モアゼル 第2話』のストーリー

仙夏は、web製作会社の鳥居直樹社長を見たら驚愕してしまいます。

なぜなら、鳥居直樹が、江戸時代の頃に恋い焦がれていたナオさんだったからです。なんとか鳥居直樹に近づけないかと思っていたら、社長秘書を募集していると知ったので、面接を受ける事にします。

ところが、面接を担当していた者は、仙夏が出した履歴書がメチャクチャの物だったので『なんで、こんなモノで書類選考が通ったんだ?』と困惑してしまうのです。

しかも、面接の時に仙夏は踊り出すので「君は不採用という事で」と言いかけたら、何と!鳥居直樹社長が「君、採用」と言い出します。あまりの展開に、面接担当者は『えぇ?』と驚いてしまいます。

仙夏は、コピーをする事も知らなかったのですが、取引先のお客に美味しいお茶を出す事ができて、鳥居直樹社長から感謝されるのです。

そして鳥居直樹社長と一緒に、取引先の人間と一緒にお酒を飲む事になって、ますます相手に気に入られます。ところが、そこには鳥居直樹社長と仲の良い綾子もいたので、二人で火花を散らしてしまうのです。

仙夏と綾子は、どちらが取引先の人間の気を引けるのか勝負する事になりますが、どちらが勝つのでしょうか?

『綾子役の堀田茜は眉毛が太い』

www.instagram.com綾子役として出演している堀田茜さんは、凄く可愛らしい女優さんですが、眉毛が太いと言われています。

現代の日本人女性は眉が細い方たちばかりなので、それに比べたら、堀田茜さんは眉毛は太いほうと言えるでしょう。

www.instagram.com上のインスタ画像は、広瀬すずさんですが、やはり他の女優さんに比べたら、堀田茜さんの眉毛は太くなっているのが分かりますね。

しかし、眉毛が太めでも可愛らしく見えるので、多くのファンが付いているのでしょう。

ドラマ『江戸モアゼル 第2話』のまとめ

第2話では、仙夏がついに鳥居直樹社長に接近する事ができますが、江戸時代のナオさんと性格が大きく違っている事に失望してしまいます。

しかも、江戸時代のナオさんが亡くなっている事も気づいて、もうナオさんとは会えない事まで知らされてしまうのは、少し不憫でしたね。

面接の時には、担当者が「なんで、これで書類選考が通ったんだ」と言いますが、確かにあれで通るのはおかしな内容だったので、思わず笑ってしまいました。

それでも、仙夏と鳥居直樹の関係が終わろうとしないので、今後は二人の関係がどうなっていくのか興味津々な所です。

ドラマ『江戸モアゼル 第1〜2話』は、動画配信『hulu』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格933円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2021年1月時点)。

huluで見放題!