松原宣子(演:伊藤かずえ)の節約は効率が悪い!ドラマ『相棒 シーズン4 第18話』

f:id:akira2013web:20201231113908p:plain

出典:https://www.videopass.jp/series/10362

ドラマ『相棒 シーズン4 第18話』では、松原宣子(演:伊藤かずえ)が節約術を説明していましたが、このような節約は効率が悪い所もあるので、その理由について解説しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン4 第18話』のキャスト

刑事ドラマ『相棒 シーズン4』は、2005年10月12日〜2006年3月15日の間に放送されました。

プロデューサー

  • 島川博篤

女優&男優&声優

  • 杉下右京(演:水谷豊)特命係の警部補
  • 亀山薫(演:寺脇康文)犯人に捕まってしまったドジな刑事
  • 宮部たまき(演:益戸育江杉下右京の元妻にして、料亭『花の里』の初代女将
  • 奥寺美和子(演:鈴木砂羽亀山薫の恋人で、帝都新聞の記者
  • 小野田公顕(演:岸部一徳)特命係と深い関わりのある警視監
  • 大河内春樹(演:神保悟志)警視庁警務部の首席監察官
  • 内村完爾(演:片桐竜次)警視庁の刑事部
  • 中園照生(演:小野了)内村完爾の側近
  • 伊丹憲一(演:川原和久)亀山薫を毛嫌いする刑事
  • 室谷(演:大谷亮介)タカ派の刑事として知られる人物
  • 芹沢慶二(演:山中崇史亀山薫の後輩
  • 米沢(演:六角精児)オタクっぽい監察医
  • 角田六郎(演:山西惇)組織犯罪対策の第5課長で、特命係へよく来る人物
  • 瀬戸内米蔵(演:津川雅彦法務大臣
  • 松原宣子(演:伊藤かずえ)節約主婦として有名な女性タレント
  • 松原真澄(演:平良政幸)松原宣子の夫

ドラマ『相棒 シーズン1〜3』のストーリー

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1〜3』のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン4 第18話』のストーリー

松原宣子は、ある男を背後から鈍器で『ゴン!』と叩いて殺害してしまいます。彼女は節約主婦として有名な女性タレントという事で、警視庁の者たちも慌ててしまうのです。

ところが、松原宣子の証言では「夫が見知らぬ男に殺害されて、自分も殺されそうになったのでもみ合っているうちに鈍器で殴ってしまった」との事でした。

見知らぬ男は浅田という者で、夫にゆすられていた事から、それで殺害してしまったとの事でしたが、殺害現場にあった赤い携帯電話に30分前に着信電話がありました。

松原宣子は「その番号は、主人の番号です」と言うので、刑事たちは「ご主人の?」と気になります。

赤い携帯電話には、浅田と恋人のように仲良くしている女性が映っていましたが、その女性はすぐに雑記林で遺体となって発見されました。

杉下右京は『もしかしたら、松原宣子は雑記林で浅田が恋人を殺害した現場を見て、それをネタに浅田をゆすったのではないか?そして浅田が自分の夫を殺害したように仕向けたのかもしれない』と推理します。

しかし、松原宣子は、雑記林で殺害事件が起きていた時刻のレシートを持っていたので、完全なアリバイがあったのです!はたして、犯人は誰なのでしょうか?

『松原宣子(演:伊藤かずえ)の節約は効率が悪い?』

松原宣子(演:伊藤かずえ)は少しでも節約する方法を説明していましたが、少しでも節約しようとしたら、かえって効率が悪くなる場合があります。

例えば、現代ではネットで副業する事も可能になったので、少しでも節約しようとして歩こうとしたら、時間をかけてしまうので副業する時間が損なわれてしまいます。

さらに歩いている時間帯も働いていると換算したら、時給計算ではあまりお得とは言えません。

このような所は、杉下右京が宮部たまきに「わずか数円安い野菜を買うために隣町へ行くのは時給計算にしたら、どうなのでしょうか?」と指摘した通りであり、いきすぎた節約は考えものですね。

『相棒』を見られる動画配信

動画配信『dtv』に入会したら、相棒の映画やドラマなどを数多く見る事ができます(2021年3月時点)。しかも、その他にも多くの映画・ドラマ・音楽などの動画作品を12万本も見られる上に、月額料金はわずか500円(税別価格)です。

下の広告をクリックしたら、動画配信『dtv』に入会できて、初入会の方は31日間まで無料です。

AKIRAのミステリーチェックポイント』

AKIRAが、犯人の手がかりとなるポイントを紹介します。 

  • 殺害に使われた包丁のサヤが小さいサイズ
  • 松原真澄は誰かをゆすっていた所
  • 雑記林で殺害された女性はくだものナイフの傷跡が分かった所
  • 松原宣子は夫が殺害されてから日にちもあまり経っていないのに、出版社の都合で仕事しないといけないと発言していた所
  • 出版社側は、松原宣子に仕事を休んでみませんかと言っていて、松原宣子の言葉と食い違っていた所
  • 松原真澄は急所をひと付きにされて殺害されていた事から、少しも抵抗していない所
  • 松原宣子は多くの人たちの家計簿の添削をしていた所

ドラマ『相棒 シーズン4 第18話』のまとめ

相棒シーズン4 第18話では、犯人が「私は一番の無駄を節約できた」と言いまた。

しかし、それに対して杉下右京は「あなたは殺害事件を起こしてしまって、人生を台無しにした。これは一番の無駄使いとは言えませんかね」と発言していましたが、本当に上手いなと思いましね。

徳川家康の登場以来、日本人は節約する事が好きな国民性にもなってしまったので、この辺りは日本の美徳と言えますが、そのために日本はいつまでも不景気なのかなぁとも思ってしまいます(他にも色々と要因はあります)。

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜18』まで見る事ができます(2021年1月時点)。