織田信長が譲位を迫って正親町天皇が大喜び?麒麟がくる 第41回

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第41回 月にのぼる者』では、織田信長が譲位を迫りますが、正親町天皇が大喜びしたという説もあるので詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信

麒麟がくるシリーズは、動画配信U-NEXTで見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『麒麟がくるシリーズ』を 2日間は見る事ができます(2021年1月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

大河ドラマ麒麟がくる 第41回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第41回』は、2021年1月17日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
朝廷
足利家
織田家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第41回』のストーリー

明智光秀丹波攻略に手を焼いていて、降伏した土豪の者たちに「なぜ、すぐに降伏してくれないのか?」と尋ねたら「我々は、足利将軍から領地を与えられたので、その足利将軍が京の都から追い出されたら、織田と戦うしかない」と反論されてしまいます。

そんなある日、羽柴秀吉がやってきて「播磨の国を任されましたが、これも明智様のお導きのお陰」と上機嫌になっていましたが「平蜘蛛を隠し持った事を殿に言われたな?」と責めたてます。

羽柴秀吉は釈明したので、明智光秀は仕方なく見逃してあげるのです。ところが、羽柴秀吉は菊丸が徳川家康の忍びではないかと疑い、始末しようと企みます。それでも、菊丸は危険を察知して、姿をくらませてしまうのです。

明智光秀織田信長に謁見しますが「京の都でのワシの評判は上々じゃ」という声をかけられるので「それは誰に聞きましたか?」と尋ねたら「皆が、そう申しておる!」と主君を怒らせてしまいました。

さらに織田信長正親町天皇に譲位を迫ってしまい、明智光秀は暴走していく主君の身を案じてしまいます。はたして、明智光秀は主君の暴走を止められるのでしょうか?

織田信長が譲位を迫って正親町天皇が大喜び』

織田信長が譲位を迫っても、正親町天皇が大喜びしたというのは『天皇』と『上皇』の関係を知っておく必要があります。

天皇というのは色々な行事を行わなくてはいけないので、政(まつりごと)をあまりできない立場にいました。そこで、天皇から身を引いて上皇になってから、政を行う事例は過去にあったのです。

そのため、正親町天皇は色々な行事を行わなくて済むと喜んだという説があるのですが、現代では『織田信長が自分の言う通りに動かない天皇を退けて、自分がいつか天皇以上の権力者になるつもりだった』という説のほうが有力になってしまいまいた。 

大河ドラマ麒麟がくる 第41回』のまとめ

織田信長の暴走が、いよいよ止まらなくなってきた訳ですが、少し脚色している所もあるのでしょう。

もしも、本能寺の変がなければ、織田信長は日本をどのようにしたのか?興味がわく所です。

そして、織田信長正親町天皇に譲位を迫ってしまったので、本能寺の変の黒幕は朝廷が有力になっているのも仕方のない所かもしれません。

次回は、織田信長が、どこまで無茶な事を言うのか?期待して見守ろうと思います。