猫が去勢手術する3つのメリットを紹介!ドラマ『おじさまと猫 第4話』

ドラマ『おじさまと猫 第4話』では、ふくまるが去勢手術を受けるので、猫に去勢手術をさせる際の3つのメリットを紹介しましょう。

ドラマ『おじさまと猫』のキャスト

f:id:akira2013web:20210102121135p:plain

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/ozineko/news/

ドラマ『おじさまと猫 第4話』は、2021年1月6日から放送開始予定です(動画配信『Paravi』では2021年1月1日から独占先行配信)。

監督&脚本&原作

  • 監督:椿本慶次郎&副島正寛
  • 脚本:ふじきみつ彦&伊達さん
  • 原作:桜井海 

女優&男優&声優

  • 神田冬樹(演:草刈正雄)妻に先立たれたがブサイクな猫を飼う男性
  • ふくまる(声:神木隆之介)ブサイクで売れ残っていた猫
  • 神田鈴音(演:高橋ひとみ)神田冬樹の妻で、早くも亡くなった女性
  • 小林夏人(演:升毅)友人に犬をオススメしまくる愛犬家
  • 佐藤もみじ(演:武田玲奈)ふくまるを心配するペットショップの店員
  • 小林夏人(演:升毅)神田冬樹の親友
  • 森山良春(演:小関裕太音楽教室で働く男性

主題歌

ドラマ『おじさまと猫』の主題歌は、オープニングが吉澤嘉代子さんの『刺繍』で、エンディングが阿部真央さんの『ふたりで居れば』です。

ドラマ『おじさまと猫』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『おじさまと猫』の全話のストーリーを見る事ができます。 

ドラマ『おじさまと猫 第4話』のストーリー

神田冬樹は、ペットショップの店員の佐藤もみじから「こちらの猫ちゃんは去勢手術もお願いします」と言われて「去勢手術?」と戸惑ってしまいます。

『そんな事をしなければいけないのか?ふくまるは大丈夫なのだろうか』と心配してしまいますが、去勢手術しなければ、オス猫は盛りの時にあちこちでオシッコをしてマーキングをしてしまうのです。

ふくまるは箱に入るのが好きだったので、神田冬樹はふくまるにペットキャリーバッグに入ってもらおうとします。

しかし、ふくまるは『箱にゃん!でも、今日の箱は禍々(まがまが)しい感じがするにゃん、全身が警戒しているにゃん」と拒絶反応を示してしまいます。そこで、神田冬樹はキャットフードをペットキャリーバッグに入れて誘い込んでしまうのです。

食いしん坊なふくまるは「ごはんにゃーん」と飛び込んでしまいますが、入ったと同時に、扉を締められてしまって「しまったにゃん」とうろたえてしまいます。

神田冬樹は、動物病院にふくまるを預けようとしますが「本当に大丈夫なにょ?」と思われてしまうので「ふくまる、大丈夫だよ」と念じるばかりでした。

それから、神田冬樹はふくまるの悲鳴を聞きたくないと思い、外に待つ事になりますが、親友の小林夏人から「大丈夫だよ、お前は心配性だな」と笑われてしまいます。はたして、ふくまるの去勢手術は成功するのでしょうか?

『猫が去勢手術するメリット』

オス猫に去勢手術したら、いくつかメリットを得る事ができて、それは以下の通りです。

  • 性的欲求を抑えられるので、メス猫と会えなくてもストレスを緩和できる所
  • 攻撃性が緩和されるので、飼いやすくなる所
  • 去勢する事により、猫エイズ前立腺の病気・精巣腫瘍の対策を講じる事ができる所

自分もペルシャ猫を飼っていた時は去勢手術をさせましたが、だいぶ大人しくしてくれていたので飼いやすかったですね。

しかし、家電製品のコードをかじるのだけは辞めさせられなくて苦労させられました。

参照元https://news.mynavi.jp/article/20140502-a209/

ドラマ『おじさまと猫 第4話』のまとめ

第4話では、猫を去勢手術させる内容でしたが、これは多くの愛猫家や愛犬家にとっては無縁の話ではないですね。

飼い主たちの中には「去勢させるなんて可哀想」と思ってしまうかもしれませんが、やはり放し飼いできない状態で、去勢させないのはかなりのストレスをペットにかけてしまうので、やむを得ない所があります。

もしも、これからペットを飼う場合には、去勢や避妊させる事も考えておいたほうが良いです。

ドラマ『おじさまと猫 第話』は、動画配信『Paravi』に入会すれば見る事ができます。