荒木村重が織田信長を裏切ったのは事実無根?麒麟がくる 第42回

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第42回 離れゆく心』では、荒木村重織田信長を裏切ってしまいますが、この裏切りは事実無根の可能性があるので、その根拠について詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信

麒麟がくるシリーズは、動画配信U-NEXTで見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『麒麟がくるシリーズ』を 2日間は見る事ができます(2021年1月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

大河ドラマ麒麟がくる 第42回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第42回』は、2020年1月24日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
足利家
織田家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第42回』のストーリー

摂津の有岡城で、荒木村重織田信長を裏切って、毛利輝元に寝返ってしまいます。羽柴秀吉明智光秀たちは荒木村重を説得しようとしますが、籠城をとく気配はありませんでした。

明智光秀は、荒木村重が裏切ったり、丹波の者たちが頑強に抵抗したりするのは、足利義昭が関係していると考えます。そこで、足利義昭に京の都へ戻ってくるように頼み込みますが「お主が治める京の都であれば戻ってもよいがの」と言わるだけでした。

織田信長は、いつまでも降伏しようとしない荒木村重に、業を煮やして、ついに総攻撃を命じます。しかし、難攻不落の有岡城に屈強な荒木勢がたてこもっている事から、1年にも及ぶ持久戦になってしまいました。

そんな時に、徳川家康たっての願いで、明智光秀徳川家康と摂津で会う事になりますが、織田信長徳川家康の妻子を切り捨てるように命じていた事を知らされます。

明智光秀は、丹波衆の討伐へ向かう前に、織田信長に謁見しますが「お主、帝におうていたな。そこで、帝はワシの事をさげすんでいたのだろう?何を言っていたのか申せ!」と問い詰められてしまいます。

しかし、明智光秀は頑として答えようとしないので、織田信長から何回も扇で叩かれてしまうのです。はたして、織田信長はどうなっていくのでしょうか?

荒木村重織田信長を裏切ったのは事実無根』

荒木村重は、織田信長が遣わした使者から「裏切ったのではないか?違うなら、安土まで来て申し開きをせよ」と言われます。

これに対して、荒木村重は「事実無根である」と主張しますが、家臣から「信長公は、一度裏切った家臣は絶対に許しませぬぞ」と忠言されてしまいました。この事から、荒木村重は安土へ行かず、織田信長に徹底抗戦するハメになります。

このような経緯を考えたら、毛利家による流言で、荒木村重の裏切りの噂が織田信長の耳にまで届いた可能性はあります。

織田信長としては、荒木村重が謀反するとは思っていなかったのでしょうが、真意を問いたかっただけなのでしょう。

しかし、荒木村重織田信長を恐ろしい男と思って、安土まで行かず、次第に主従の絆にほころびが生じて、謀反へ繋がった可能性があります。

毛利家には、安国寺恵瓊という知恵者がいたので、毛利家の策略と言えるでしょう。

大河ドラマ麒麟がくる 第42回』のまとめ

日本史の中でも、謎の多い裏切りとして数えられているのは、明智光秀だけではなく荒木村重も同様です。

明智光秀の場合には、様々な理由が挙げられていますが、荒木村重は全くと言っていいほどよく分かっていません。それだけに、今回の荒木村重の裏切りは、織田信長の破滅のターニングポイントの一つと言っても良かったでしょう。

これからも、織田信長は破滅の道に突き進んでいく事になるかと思うので、今後も染谷将太さんの熱演に期待したい所です。