映画『パピルス』のストーリーや見所を紹介!

f:id:akira2013web:20210124081114j:plain

会話が全くされない不思議な映画『パピルス』のストーリーやキャストを紹介するので、参考にしてみて下さい。

映画『パピルス』のキャスト

日本のミステリー映画『パピルス』は、2020年に制作されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:丹幽・フルイヒト
  • 脚本:丹幽

俳優

  • もん

映画『パピルス』のストーリー

暗い列車の中で、ある女性は、うつろな表情で、ただジッと座っていました。周りには、はしゃぐ子供達もいれば、静かに列車内を見回る駅員の者もいたのですが、女は何も考えていないかのように座っているだけでした。

女には、何やら血のようなものが付いていたのですが、周りの者はそれに気づきません。

ある部屋では、凶器とロープを使って、人を殺めてしまって、服や肌は多くの返り血で真っ赤に染まっていく光景が広がっていました。

抵抗する女は、素手で辞めさせようとするだけで、次第にぐったりとしていきました。列車にいる女は、部屋で殺害した事を思い出しているのか?うつろな表情になっているだけでした。

そこへ駅員の者が様子を見にきますが、何事もなかったと思ったのか?そのまま通り過ぎてしまうのです。はたして、列車にいる女は、この後、罪を償う気なのでしょうか? 

映画『パピルス』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『パピルス』を見る事ができます(2021年1月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画観るなら<U-NEXT>

映画『パピルス』と他の作品を比較

映画『パピルス』は、列車内に乗っている人間たちが会話をしないで、人間の素ぶりや背景で、視聴者に何かを訴えかける作品になっていました。

しかし、あまりにも退屈な感じがするので、見ていても不完全燃焼する方は多いでしょう。そこで、おすすめしたいのが『新感染 ファイナル・エクスプレスです。

新感染 ファイナル・エクスプレスでは、列車の中で、ゾンビに噛み付かれた者たちが、次々にゾンビになっていって、列車内で人間の見苦しい本性があらわになっていきます。

しかし、人間の美しい心を残している者も現れるので、タダのゾンビ映画ではなくて、色々と見所の多い作品になっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『パピルス』のまとめ

会話がされない状況で、視聴者に何かを訴えようとする試みは良いと思うのですが、ストーリーが分かりづらい所があるし、迫力不足のシーンも多いので『これは少し物足りないなぁ』と思ってしまう映画でした。

次に、会話のない邦画が登場する時は、もう少し視聴者に訴える力が強い作品が出てきて欲しいものです。