北之口秀一役の川崎麻世は元ジャニーズだった?ドラマ『相棒 シーズン5 第6話』

f:id:akira2013web:20210122083404p:plain

出典:https://www.videopass.jp/series/10362

ドラマ『相棒 シーズン5 第6話』で、北之口秀一役として出演していた川崎麻世さんは、元ジャニーズだったので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン5』のキャスト

刑事ドラマ『相棒 シーズン5』は、2006年10月11日〜2007年3月14日の間に放送されました。

プロデューサー

  • 島川博篤

女優&男優&声優

ドラマ『相棒 シーズン1〜4』のストーリー

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1〜4』のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン5 第6話』のストーリー

殺人事件が起きてしまったので、伊丹憲一は後輩の芹沢慶二に電話をかけて「事件だ、早く来い。非番とか言うなよぉ、非番とは」と言い遺しましたが、間違えて亀山薫にかけていたのです。

そして、事件現場に亀山薫たちがやってきてしまったので、伊丹憲一は『しまったぁ』と悔しがってしまいます。

伊丹憲一たちは、被害者の妻の永田沙織に事情を聞こうとしますが、作家の北之口秀一が家に勝手にあがりこんで永田沙織に乱暴しようとしていた事が判明しました。

北之口秀一は任意同行を頑なに拒んでいましたが、事件から3日経ったら、なぜか北之口秀一のほうから出頭してきたのです。

しかし「指紋があったのは昼間に家に行った時についたものであり、自分のシューズに一致しても、そんな靴はいくつもあるでしょう」と開き直ってしまって、逮捕する事ができません。

そんな時に、商業カメラマンが、事件が起きた時間帯に東京タワー近くで北之口秀一を撮影した写真を警視庁に持ってきたのです。事件現場から遠い所にいたので、アリバイは完璧に見えます。はたして犯人は、違う者なのでしょうか?

『北之口秀一役の川崎麻世は元ジャニーズ』

www.instagram.com北之口秀一役の川崎麻世さんと言えば、奥さんのカイヤさんとTV番組で何回も出演していたので、バラエティー番組に出演するタレントさんというイメージを強く持っている方は多いかもしれません。

ところが、川崎麻世さんは元ジャニーズで、将来を期待されたアイドルだったのです。それなのに、なぜかジャニーズ事務所を辞めてしまいました。

辞めた理由はいくつか噂されていますが、カイヤさんと結婚したくて自ら辞めてしまったという説と、好きな仕事をしたくて辞めてしまったという説があります。

参照元https://love-all.jp/2177.html

どちらにしても、ジャニーズ事務所を辞めても活躍を続けてこられたので、やはり凄いタレントさんと言えるでしょう。そんな川崎麻世さんのプロフィールは、以下の通りです。

『相棒』を見られる動画配信

動画配信『dtv』に入会したら、相棒の映画やドラマなどを数多く見る事ができます(2021年3月時点)。しかも、その他にも多くの映画・ドラマ・音楽などの動画作品を12万本も見られる上に、月額料金はわずか500円(税別価格)です。

下の広告をクリックしたら、動画配信『dtv』に入会できて、初入会の方は31日間まで無料です。

AKIRAのミステリーチェックポイント』

AKIRAが、犯人の手がかりとなるポイントを紹介します。 

  • 北之口秀一が、被害者の妻に振られた後に事件が起きた所
  • 事件が起きた時にフロアスタンドが動かされていた所
  • 北之口秀一はフロアスタンドの事を知っていたハズなのに、知らないと言った所
  • 北之口秀一が通っていたジムでは盗撮事件が起きてしまった所
  • 事件が起きた時間帯に、北之口秀一が事件現場から遠い所で写真撮影されていた所
  • 商業カメラマンの女性は、北之口秀一の本を多く持っていた所
  • 商業カメラマンの女性が持っていた北之口秀一の本は、初版がなかった所

ドラマ『相棒 シーズン5 第6話』のまとめ

第6話では、北之口秀一役として川崎麻世さんが出演していたので、思わず懐かしいと思ってしまいましたね。

カイヤさんと一緒に出演していたイメージが強かったので、俳優のイメージはあまりなかったので、少し新鮮に見えてしまいました。

今回は盗撮事件が起きてしまいますが、このような犯罪が起きないように、監視カメラを販売しないように法改正するのが一番良いはずです。しかし、それは、なかなか難しいのでしょう。

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜19』まで見る事ができます(2021年1月時点)。