石田三成が徳川家康に野戦を挑んだ原因とは?大河ドラマ『葵 徳川三代 第1回』

f:id:akira2013web:20210130213733p:plain

出典:大河ドラマ「葵 徳川三代」 | NHKドラマ

大河ドラマ『葵 徳川三代 第1回 総括関ヶ原』では、石田三成が、なぜか野戦を得意とする徳川家康に対して、野戦を挑んでしまうので、その原因について紹介しましょう。

ドラマ『葵 徳川三代 第1回』のキャスト 

大河ドラマ『葵 徳川三代』は、2000年1月9日〜2000年12月17日に放送されました。

脚本&演出

女優&男優

大河ドラマ『葵 徳川三代』に登場する人物たちです。

徳川家
石田家
豊臣家
東軍の武将
西軍の武将

 

ドラマ『葵 徳川三代 第1回』のストーリー

徳川家康は、石田三成が挙兵したと聞いて、夜戦に引きずり込もうと考えて、徳川勢が石田三成の居城を攻めようとしていると流言を放ちます。

これに石田三成が引っかかってしまい、関ヶ原に鶴翼の陣を敷きました。その数は8万5000とも10万とも言われていました。

東軍約8万もの大軍を率いてきた徳川家康は布陣図を見ますが、小早川秀秋が松尾山に布陣している所を見て「はぁーはっはっは」と笑ってしまいます。関ヶ原は濃霧に覆われていましたが、徳川忠吉の攻撃と共に、ついに総勢20万近い野戦が始まりました!

西軍は島左近が奮戦しますが、ついに多くの銃弾を撃たれて戦死!それでも西軍の毛利家では吉川広家が「これから弁当の時間じゃ」と言って動こうとしません。

小早川秀秋徳川家康に味方すると約束していましたが、いつまでも動こうとしていなかったので、徳川家康は催促の大筒を放ってしまいます。これには、小早川勢が驚いて山を下り西軍の大谷隊に攻撃をしかけていきました。

大谷隊は壊滅して、大谷吉継は「憎きは小早川秀秋、3年の間に祟りを成してくれん」と切腹。西軍は壊滅しますが、最後まで動かなかった島津隊が怒涛の敵中突破をしかけて、松平忠吉井伊直政が負傷。

徳川軍が島津を追撃しますが、はたして島津義弘はどうなってしまうのでしょうか?

石田三成徳川家康に野戦を挑んだ原因』

石田三成徳川家康に野戦を挑んだ原因は大きく分けて2つあります。まず1つ目は、徳川家康を急襲または夜襲をするのは、卑怯な感じがして嫌だったという事です。

これは、石田三成がメンツばかりを重んじている事が災いした訳ですが、これには島左近島津義弘は少し呆れてしまいました。

2つ目の原因は、やはり徳川家康佐和山城を攻めようとする素ぶりを見せた事でしょう。これは野戦に引きずり込もうとする徳川家康の軍略でしたが、この辺りに引っかかってしまうのは、やはり両者の経験の差が出た所ですね。

ドラマ『葵 徳川三代 第1回』のまとめ

死傷者は6千とも8千とも言われていましたが、わずか6時間で勝敗は決しました。かつて応仁の乱は11年にも及び京の都が焼け野原となり、下克上の世が到来してしまいました。

それを考えれば、徳川家康がわずか6時間で関ヶ原の合戦を終わらせたのは、日本にとっていかに幸いな事だったか、よく分かる所でしょう。

しかし、関ヶ原の合戦が終わった後に、小早川秀秋たちが他の諸将に笑われてしまうのは可哀想だとは思いますが、味方を裏切ったのであまり同情も出来ませんね。

それにしても、第1回とは言え、合戦を1話まるごと大掛かりに撮影したとは、最近の大河ドラマでは珍しかったので、この時ばかりはよくぞやってくれたと思いました。

大河ドラマ『葵 徳川三代 第1〜49話(最終話)』は、動画配信『U-NEXT 』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2021年1月時点)。