澤野セツコ役の石田ニコルと藤田ニコルの関係性を紹介!映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』で、澤野セツコ役の石田ニコルさんと藤田ニコルの関係性について紹介しましょう。

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』のキャスト

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』は、2020年7月31日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』の主題歌は、AISHAさんの『My Home』です。

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』のストーリー

杉山結子は合コンに出席する事になり、男たちに誘われても即答しないで「どうしようかなぁ?」と思わせぶりな事を言ってしまいます。

そんな時に、遅れてやってきたのが、杉山結子よりも遥かに可愛い澤野セツコでした。 男たちは『こんなに可愛い子がやってくるなんて!」と色めきだち、みんなで澤野セツコ子をチヤホヤしてしまうのです。

しかし、澤野セツコは彼氏がいたくせに合コンに出席していた事が分かって「なんで、男がいるのに合コンへくるんだよ」と思ってしまいます。しかし、思ったよりも優しい所があり、杉山結子が好きだった男と会えるようにセッティングしてあげました。

杉山結子と澤野セツコは次第に打ちとけ合い、親友になっていきますが、澤野セツコが「私、永田さんと結婚するの」と言ってきたのです。ところが、その永田はバツイチで子持ちの中年男だったのです。

杉山結子としては、親友の澤野セツコにはもっと完璧な男と結婚して欲しいと思っていたので「なんで、バツイチで子持ちの中年男と結婚するの!」と言ってしまって「いくら結子でも、永田さんの事をそんなに悪く言うのは許せない」と口論してしまいます。

はたして、杉山結子と澤野セツコの女の友情はどうなってしまうのでしょうか?

『澤野セツコ役の石田ニコル藤田ニコルの関係性』

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 石田ニコル (@nicole_ishida)

www.instagram.com澤野セツコ役の石田ニコルさんと藤田ニコルさんは1文字違いなので、ネットでは『もしかして姉妹なのか?』という声があがっています。

ところが、二人は姉妹という訳ではなくて、石田ニコルさんは山口県出身で、藤田ニコルさんはニュージランド出身です。

それでは、二人は全く関係がないのかと言えば、それも違います。実は、石田ニコルさんは1文字違いの藤田ニコルさんには親近感を抱いているようで、思わず意識をしているようです。

参照元石田ニコル、一字違いの藤田ニコルを意識!?|テレビ朝日

そのような事もあるので、藤田ニコルさんがドラマや映画に出演する機会が多くなれば、二人が共演する機会が増えるかもしれませんね。

そんな石田ニコルさんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:石田ニコル
  • 星座:ふたご座
  • 趣味:マリンスポーツ
  • 血液型:A型
  • 出身地:山口県出身
  • 生年月日:1990年5月29日

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、女の熱い友情を描いた映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』を見る事ができます(2021年1月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画観るなら<U-NEXT>

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』と他の作品を比較

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』では、不器用な女たちの友情が描かれるコメディ作品ですが、思いっきり笑える感じではなくて、思わずホッコリとする感じです。

それに引き換え、映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』では、多くの既婚者たちが集まって、スマホをテーブルに置いて、通話やメールの内容をみんなに公開するという危険なゲームをしてしまいます。

次々に浮気や隠し事がばれていき、そのたびに参加者たちが面白い反応を示すので、思いっきり笑える映画になっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』のまとめ

杉山結子は、親友の中川絵美から「セツコの男が他の女とデートしていたのよ」と言われた時に、セツコに知られないように気配りするほどの友達思いでした。

それでも澤野セツコは二股をかけられている事に気づいて、それを杉山結子に言ったら泣き出してしまうので「ちょっとぉ、なんで結子が泣くのよ」と思わず笑ってしまう辺りは、その熱い女の友情には思わずホッコリとしてしまいます。

よく女の友情は、男との関係で壊れてしまうと世間で言われていますが、それを上回るほどの友情も存在する事がよく分かる映画でしたね。

もしも、女の熱い友情を描いた映画を見たいのであれば、本作品はオススメですね。