徳川秀忠(西田敏行)が妻のお江(岩下志麻)に悲痛な頼み?大河ドラマ『葵 徳川三代 第4回』

f:id:akira2013web:20210130213733p:plain

出典:大河ドラマ「葵 徳川三代」 | NHKドラマ

大河ドラマ『葵 徳川三代 第4回 剛腕五十八歳』では、徳川秀忠西田敏行)が妻のお江(岩下志麻)に悲痛な頼み事をするので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『葵 徳川三代 第4回』のキャスト 

大河ドラマ『葵 徳川三代』は、2000年1月9日〜2000年12月17日に放送されました。

脚本&演出

女優&男優

大河ドラマ『葵 徳川三代』に登場する人物たちです。

徳川家
豊臣家

ドラマ『葵 徳川三代』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、大河ドラマ『葵 徳川三代』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見られます。

ドラマ『葵 徳川三代 第4回』のストーリー

石田三成は、徳川家康との権力闘争に敗れてしまって、佐和山城に蟄居(ちっきょ)を命じられてしまいます。しかし、所領を召し上げられた訳ではなかったので、未だに19万4000石の大名である事に変わりはありませんでした。

徳川家康伏見城を我が物顔で使い始めてしまい、石田三成は「かような事を許すとは、ワシが力が及ばないため。太閤殿下に申し訳が立たない」とうなだれてしまうのです。

ところが、徳川家康の謀略はとどまる所を知らず「前田利長浅野長政大野治長たちが、このワシを亡き者にしようと企んでいる」と言いがかりをつけてきたのです。

増田長盛は「そのような事は絶対にありえませぬ。なんとか登城をお願いします」と頭を下げたら、徳川家康は「我が身を守るために、軍勢を連れて登城いたす」と言い放ち、奉行は顔面蒼白になってしまいます。

徳川家康は軍勢を引き連れて登城して、もはや豊臣家の面目は丸つぶれとなってしまいました。その裏で、浅野長政は囮(おとり)になる事を承知して、徳川家康は力のある大名たちを次々に屈服させていったのです。

そして、ついに徳川家康前田利長に「徳川に危害を加えるつもりがないと言い張るなら、母を人質に出すがよい」と要求してしまうのです!

徳川秀忠西田敏行)が妻のお江(岩下志麻)に悲痛な頼み』

徳川秀忠西田敏行)は、父の徳川家康から「早く嫡男を作れないようであれば、側室を持ったらどうじゃ?」と命じられていました。

しかし、愛妻家として有名な徳川秀忠は、妻のお江(岩下志麻)に「父上の言葉とは申せ、側室を持つ気はない。じゃが、次は嫡男を生んでくれ」と悲痛な頼みをして、お江は「かしこまりました」と泣き崩れます。

実際に、徳川秀忠は側室を持たず、密かに隠し子を作りましたが、この隠し子の子孫こそ、会津の藩主でした。少し話は脱線してしまいましたが、徳川秀忠とお江は政略結婚だったとは言え、悪い婚儀ではなかったと言えるでしょう。

ドラマ『葵 徳川三代 第4回』のまとめ

徳川秀忠西田敏行)が妻のお江(岩下志麻)に悲痛な頼み事をしますが、あの父の圧力もあったので、相当参っていたでしょう。

それでも側室を持たなかったのだから、色々と立派なものです。

徳川家康徳川家光ばかりが目立ってしまいがちですが、徳川秀忠こそ江戸幕府の基礎を作った男とも言えるので、今後も徳川家康の圧力に負けず、どのように動いていくのか期待したい所ですね。

大河ドラマ『葵 徳川三代』は、動画配信『U-NEXT 』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2021年1月時点)。