幅健太郎(演:谷恭輔)は日高陽斗の味方?|ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第4話』

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第4話』では、河原三雄が暗躍しますが、幅健太郎(演:谷恭輔)は日高陽斗の味方をする可能性もあるので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』のキャスト

f:id:akira2013web:20210201010601p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』は、2021年1月7日から放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』の主題歌は、手嶌葵さんの『ただいま』です。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所なを見る事ができます。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第4話』のストーリー

犯罪者の体に入った望月彩子は、自分の体に入った日高陽斗が殺人を犯してしまって、体が元に戻っても殺人犯になってしまうので、悔しくて仕方ありませんでした。

しかし、日高陽斗の胸ぐらを掴んでしまっても、容疑者と思われていた男が女性刑事の胸ぐらを掴んでいる姿にしか見えないので「こんな所を誰かに見られたらマズイんじゃないですか?」と言われてしまったら、引き下がるしかありませんでした。

そんな二人のおかし様子を見ていた河原三雄は『あの二人は、もしかしたら、つるんでいるんじゃないか?』と疑うようになって、密かに調べ始めます。

そうしたら、殺害事件があった日に、外国籍の男性が「望月彩子に似た女性を現場近くで見た」と証言したので、河原三雄は『やっぱり、アイツが犯人だろう』と確信します。

日高陽斗は、犯罪者の体に入った望月彩子と久しぶりに再開して、最近のおかしな警察の動きについて話し合います。そこで、二人は河原三雄に罠をしかけて、捜査本部から外す事に成功しました。

しかし、犯罪者の体に入った望月彩子は、なぜ日高陽斗が殺人を繰り返すのか知りたくなってきました。はたして、日高陽斗が殺人を繰り返すようになったのは、あの呪われた石のせいなのでしょうか?

『幅健太郎(演:谷恭輔)は日高陽斗の味方?』

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 谷恭輔 (@tanikyosuke0509)

www.instagram.com健太郎(演:谷恭輔)にとって、河原三雄は先輩刑事なので、逆らえない関係にありありました。しかし、今まで健太郎は「望月彩子さんからアドバイスされてインスタで手袋を調べてみました」と言って、華を持たせるような事を言いました。

さらに、河原三雄が望月彩子を疑っても「まさか」と否定をしていたので、少なからず望月彩子に好意を持っているのではないでしょうか?

しかし、その望月彩子に入っているのは日高陽斗なので、これからも間接的に、幅健太郎は日高陽斗に味方をする事になるでしょう。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第4話』のまとめ

日高陽斗は呪われた石によって、4を見たら死を連想して殺害事件を起こすのかと思いきや、数字とリンクする名前の人物を殺害する可能性のほうが高くなってしまいましたね。

しかし、健太郎(演:谷恭輔)は望月彩子に好意を抱いているようなので、今後も望月彩子の体に入っている日高陽斗は、何かと有利に事を進めそうです。

それにしても、河原三雄に追い込まれていく感じになってきて『どうやって対抗するのだろうか?』と思っていたら、まさか外国籍の男性を説得して、違法捜査する所を隠し撮りするとは思いもよりませんでした。

今後も良い意味で、期待を裏切るような展開になっていったら、面白いですね。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』は、動画配信『Paravi(パラビ)』に入会すれば見る事ができます。