聖山環菜(芳根京子)の初恋は傷を埋めるウソだらけのフタ?映画『ファーストラヴ』

映画『ファーストラヴ』では、聖山環菜(芳根京子)の初恋が、傷を埋めるウソだらけのフタのようなものだったので、そのウソについて詳しく紹介しましょう。

映画『ファーストラヴ』のキャスト

f:id:akira2013web:20210212190255p:plain

出典:https://firstlove-movie.jp/

映画『ファーストラヴ』は、 日本の旗 2021年2月11日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 真壁由紀(演:北川景子)聖山環菜を取り上げる心理士
  • 庵野迦葉(演:中村倫也)真壁由紀の義弟であり、聖山環菜の担当弁護士
  • 聖山環菜(演:芳根京子)父親を殺害した女子
  • 真壁我聞(演:窪塚洋介)真壁由紀の夫であり、庵野迦葉の兄
  • 聖山那雄人(演:板尾創路)聖山環菜の父親であり、画家として有名
  • 聖山昭菜(演:木村佳乃)実の娘と法廷で戦う母親
  • 小泉裕二(演:石田法嗣)聖山環菜の初恋の相手
  • 賀川洋一(演:清原翔)聖山環菜と付き合った事がある男性
  • 真壁早苗(演:高岡早紀)真壁由紀の母親

主題歌

映画『ファーストラヴ』の主題歌は、Uruさんの『ファーストラヴ』です。

映画『ファーストラヴ』のストーリー

聖山環菜は、父親を殺害して逮捕されますが「動機はそちらで見つけてください」と挑発的な発言をしてしまい、世間を騒然とさせていきます。

心理士の真壁由紀は、聖山環菜の興味を持ち接見しようとしますが、実は義弟の庵野迦葉が彼女の弁護士を務めていました。

真壁由紀は、聖山環菜に接見して彼女の事を知ろうとして初恋について聞いたら、相手は、かなり取り乱してきたのです。

初恋で何かあったのかと思い、初恋の相手の小泉裕二に聞いたら、大学生だった彼が小学生の女の子が怪我をしていたので、手当てをしてから、次第に親密な関係になっていったのです。

聖山環菜の父親は画家だったので、娘にデッサン会のモデルを強要していて、その後ろには裸の男性のモデルが数人も立っていて、飲み会では画学生がベタベタと体を触ってきたのです。

思春期の聖山環菜には、苦痛な事ばかりで、そんな環境に耐えきれず小泉裕二の家に逃げ込んでいたのです。しかし、父親は小泉裕二の部屋にまで乗り込んできて、連れ戻されてしまいました。

ところが、聖山環菜は途中から「私は父を殺害していない。あれは事故だった」と言い出したのです。庵野迦葉はその言葉を信じませんが、裁判はどうなっていくのでしょうか?

『聖山環菜(芳根京子)の初恋は傷を埋めるウソだらけのフタ』

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 芳根京子 (@yoshinekyoko)

www.instagram.com大学生の小泉裕二は、当初こそ善意で、小学生の聖山環菜(芳根京子)を部屋に入れてかくまっていました。しかし、狭い部屋だったので、同じ布団の中で眠る事になってしまったので「ちょっとだけ良いかな?」と体の関係を迫ってしまったのです。

大学生が小学生の女の子に手を出すのは、かなりの犯罪行為であり許されるものではありませんでした。

しかし、聖山環菜は思わず笑顔になり「いいよ」と無理をしてしまい、深い関係に堕ちてしまったのです。

聖山環菜は、自分は性犯罪の被害者という傷を消し去りたくて、無理をして「優しい裕二さんに助けてもらった」とウソをついて、過去の傷にフタを閉じてしまいました。

映画『ファーストラヴ』と他の作品を比較

映画『ファーストラヴ』では、聖山環菜(演:芳根京子)が最低な両親のもとで育てられてしまって、心身共にボロボロになっていきます。

それは『MOTHER マザー』という映画でも一緒で、秋子(演:長澤まさみ)が最低な母親で、息子を犯罪者へ追い詰めていくのです。

両方の作品とも気分が悪くなるような内容になっていますが、MOTHER マザーは長澤まさみさんが珍しく、これでもかと主張するほどの悪役ぶりなので、今までとは違う長澤まさみさんを見たい方には、オススメの映画です。

www.akira-movies-drama.com

映画『ファーストラヴ』のまとめ

2021年の映画の中では、かなり期待している作品の一つでしたが、やはり娘が父親を殺害する映画ともなれば、だいたいは娘が性犯罪の被害にあっているものですね。

だいたいは筋書きが見えてしまうので、その辺りは少しだけシラけてしまう所はあります。

少しだけ意外だったのは、父親が直に性犯罪を行なっていくのではなくて、間接的に性犯罪に関わるものでした。

そして、家出したい少女をかくまってしまう男が、最終的には少女の体に手を出してしまうのも、現在の日本をよく表しているなと思ってしまいます。

初恋で傷を負ったものは、聖山環菜だけではなく真壁由紀も同じでしたが、男が女性をジロジロと見る視線が怖かったというのは、考えさせられる所です。

男はどうしても、街中で綺麗な女性を見かけたら、思わず見とれてしまう事があるのですが、女性はそれだけでも不快感を抱いてしまう事が『ファーストラヴ』でよく分かりました。

これからは、街中で綺麗な女性や可愛い女の子を見かけても、顔を一切見ないようにしようと心に誓いましたね(苦笑)。