日比野奏の猫マリンの隠された秘密!ドラマ『おじさまと猫 第8話』

ドラマ『おじさまと猫 第8話』で、日比野奏が飼い始めた猫マリンには、隠された秘密があるので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『おじさまと猫』のキャスト

f:id:akira2013web:20210102121135p:plain

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/ozineko/news/

ドラマ『おじさまと猫』は、2021年1月6日から放送開始予定です(動画配信『Paravi』では2021年1月1日から独占先行配信)。

監督&脚本&原作

  • 監督:椿本慶次郎&副島正寛
  • 脚本:ふじきみつ彦&伊達さん
  • 原作:桜井海 

女優&男優&声優

  • 神田冬樹(演:草刈正雄)妻に先立たれたがブサイクな猫を飼う男性
  • ふくまる(声:神木隆之介)ブサイクで売れ残っていた猫
  • 神田鈴音(演:高橋ひとみ)神田冬樹の妻で、早くも亡くなった女性
  • 小林夏人(演:升毅)友人に犬をオススメしまくる愛犬家
  • 佐藤もみじ(演:武田玲奈)ふくまるを心配するペットショップの店員
  • 小林夏人(演:升毅)神田冬樹の親友
  • 森山良春(演:小関裕太音楽教室で働く男性
  • 日比野奏(演:平山浩行)神田冬樹のライバル

主題歌

ドラマ『おじさまと猫』の主題歌は、オープニングが吉澤嘉代子さんの『刺繍』で、エンディングが阿部真央さんの『ふたりで居れば』です。

ドラマ『おじさまと猫』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『おじさまと猫』の全話のストーリーを見る事ができます。 

ドラマ『おじさまと猫 第8話』のストーリー

神田冬樹は、日比野奏が飼っている猫を見せてもらうために、家まで押しかけてしまいますが、肝心の猫がいませんでした。『きっと怖がっているんだ』と思って、神田冬樹は隅っこに隠れている猫を発見します。

そうしたら、日比野奏が飼っている猫は、ふくまるにソックリだったので「これ、うちのふくまるなんですけど、ソックリですね。きっと兄弟なんじゃないですか?」とふくまるの画像を見せてあげますが、日比野奏『ブッサ』と思ってしまうのです。

あまりにもブサイクな猫に見えてしまいましたが、さすがにストレートに言う訳にもいかなかったのですが、猫を神田冬樹に押し付ける訳にもいきませんでした。

そんな事をしたら、なつかなかった犬を簡単に手放してしまった最低な母親と一緒になるような気がしたからです。日比野奏は、苦手な母親から猫の名前がマリンという事を聞き出して、優しく「マリン…マリン」と呼んであげます。

マリンは「ここにいていいの?」と安心して、日比野奏のもとへ近づいていきます。神田冬樹は、あまりにも二匹の猫が似ているので、猫たちを会わせたら、ふくまるはマリンが自分の姉である事に気づいて感激しました。

二匹の猫は最低な人間たちに傷つけられてきましたが、最高の飼い主に出会う事により、幸せな生活を始めようとするのです。

『日比野奏の猫マリンの隠された秘密』

日比野奏の猫マリンには、隠された秘密があって、それは神田冬樹が飼っている猫ふくまるの姉という事です。

ふくまるは小さい頃、不器用な所があり、母猫の近くで寝ようと思っても、先に兄弟猫たちが寝てしまって離れた所で寝ていました。

マリンたち兄弟猫は、そんな不器用な弟ふくまるを心配して、母猫から少し離れて、ふくまるの周りで寝てあげていたのです。しかし、ふくまるよりも可愛らしい顔をしていたので、先にペットショップへ売られていったのが、マリンたちでした。

ふくまるは、母猫たちに「みんな(兄弟)はどこにいったの?」と聞いても「みんなはきっと幸せにしているのよ」と涙ぐまれてしまうのです。

しかし、この予感は的中して、マリンは最初こそ最低な飼い主に見放されてしまいますが、性格の優しい日比野奏に飼ってもらい幸せな生活を始める事になった訳です。

この秘密の話は、原作の話ですが、きっとドラマでも描かれていくのではないでしょうか?

ドラマ『おじさまと猫 第8話』のまとめ

第8話では、日比野奏の猫マリンの隠された秘密が明らかになっていき、猫の記憶力の良さが描かれていましたね。

実際に猫の記憶力はすごくて、飼い主としばらく離れていても、実家に戻ってきた時は覚えているものです。

原作では、マリンたちがふくまるを心配する所が描かれますが、このドラマでも描いてくれる事を期待しながら見守りたいですね。

ドラマ『おじさまと猫 第8話』は、動画配信『Paravi』に入会すれば見る事ができます。