蒼山太陽(北村匠海)が普通を気にしたのは罪悪感?ドラマ『にじいろカルテ 第5話』

f:id:akira2013web:20210129015541p:plain

出典:木曜ドラマ『にじいろカルテ』|テレビ朝日

ドラマ『にじいろカルテ 第5話』では、蒼山太陽(北村匠海)が普通を気にしたのは罪悪感が大きく影響していたので、詳しく解説しましょう。

ドラマ『にじいろカルテ』のキャスト

医療ドラマ『にじいろカルテ』は、2020年1月21日から放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

  • 紅野真空(演:高畑充希)病が原因で叡智東病院を辞めた元女医
  • 浅黄朔(演:井浦新)サングラスをかけた外科医
  • 蒼山太陽(演:北村匠海)看護師だが短気な性格
  • 橙田晴信(演:眞島秀和)にじいろ商店の店長
  • 橙田雪乃(演:安達祐実)にじいろ商店の看板娘
  • 霧ケ谷桂(演:光石研)虹ノ村診療所に来る医者を募集した人物
  • 霧ケ谷氷月(演:西田尚美)霧ケ谷桂の妻
  • 緑川嵐(演:水野美紀)虹ノ村役場職員であり、シングルマザー
  • 緑川日向(演:中野翠咲)緑川嵐の娘
  • 緑川日出夫(演:泉谷しげる)緑川嵐の祖父
  • 雨尾結城(演:池田良)まじょりか宅配便の配送スタッフ
  • 白倉博(演:モト冬樹)虹の村でも有名な酒好き
  • 筑紫次郎(演:半海一晃)女好きで知られる老人
  • 浅黄沙織(演:佐々木希)浅黄朔の妻

主題歌

ドラマ『にじいろカルテ』の主題歌は、藤井風の『旅路』です。

ドラマ『にじいろカルテ』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『にじいろカルテ』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『にじいろカルテ 第5話』のストーリー

TV局のスタッフや女子アナたちが、虹ノ村診療所を撮影してくれましたが、一人のスタッフが足を怪我していました。蒼山太陽は、その怪我に気づいて、強く説得して、なんとか治療してあげます。

紅野真空たちは、浅黄朔先生に悲しい過去がある事が分かってから、今までと同じように接して良いのか分からなくなってしまいました。

浅黄朔は、周りの仲間たちから気を使われるのが嫌になって、自ら「大事な沙織が怪我をしたのに大丈夫って言ったから、後回しにしたら死んでしまった」と打ち明けます。

これで、周りの者もスッキリとしてくれるだろうと安心しますが、なぜか蒼山太陽だけは悲しい表情を続けてしまうので『俺、間違えたのかな』とガックリとするのです。

紅野真空は「おそらく、太陽くんは他にも理由があって、モヤモヤしているのかもしれません」とつぶやくので、浅黄朔は「他の理由?」と心配してしまいます。

それから皆んなで、飲み会をする事になりますが、蒼山太陽は「ぼくは優秀なので、どもそれだけなの。フツー、フツーなのよ。フツーに優秀なのよ。個性がないのよ」とわめき散らしてしまうのです。

はたして、蒼山太陽はどうなってしまうのでしょうか?

『蒼山太陽(北村匠海)が普通を気にした理由とは?』

蒼山太陽(北村匠海)が、酒に酔っ払って「俺はフツーなんだよ」とブチギレてしまいますが、このタイミングでキレ出したのは、罪悪感からでしょう。

なぜなら、浅黄朔は大事な人を失ってしまい、紅野真空を重い病気を患っているのに、自分は大事な人を失った訳でもなければ、重い病気を患っている訳でもありません。

それに加えて、今まで自分はつまらない男と思っていたので、そういった事も加わり、このタイミングでキレてしまったのでしょう。

ドラマ『にじいろカルテ 第5話』のまとめ

アニメやドラマの中で、たまに登場するのが普通を気にするキャラクターです。 普通なのは良い事ですが、目立つ訳でもないので、気にしたくなる理由はよく分かります。

やはり人間として生きるからには、何か変わった事をしたいというのは理解できますね。しかし、酒の席で、あれだけわめき散らすのはよくないですね。

今まで、蒼山太陽は良い子ちゃんキャラクターだっただけに、これからは違う個性を見せてくれるかもしれないので、次回からの活躍に期待したいです。

ドラマ『にじいろカルテ』は、動画配信『TELASA』に入会すれば見る事ができます。