クウシュウゴウが数字を消す理由を紹介!ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第6話』

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第6話』では、クウシュウゴウという者が数字を消すように依頼するので、その理由やクウシュウゴウの意味などを紹介しましょう。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』のキャスト

f:id:akira2013web:20210201010601p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』は、2021年1月7日から放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』の主題歌は、手嶌葵さんの『ただいま』です。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所なを見る事ができます。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第6話』のストーリー

犯罪者の体に入った望月彩子は、日高陽斗から「私たちは最近、濃厚接触していましたが、少し熱っぽいので検査を受けに行ってきます」と言われます。

このご時世なので、望月彩子は『それは困ったなぁ』と心配して体温を測ってみますが『熱はないんだけどなぁ』と首をかしげてしまうのです。

その頃、九十九聖は八巻英雄に「よければ司法取引しない?俺、分かっちゃったんだよなぁ。日高陽斗が犯罪を行なっているのが新月の時だって事を」と教えていました。

八巻英雄は、犯罪者の体に入っている望月彩子に「日高陽斗は新月の時にいつも犯罪を行なっていたのですが、今日は新月の日なので、検査をするって嘘をついていたんですよ」と連絡をします。

望月彩子は、歩道橋で『9』という落書きをしていた男を見たので、ここに日高陽斗が現れるハズと思っていました。ところが、渡辺陸から、日高陽斗の荷物の中にあったマンガの話を聞かされます。

それは、数字による司令を受けて悪い奴を始末するというもので、数字に関連する名前の者を殺害している可能性があったので、九に関連するリストの者の近くで見張りをする事になりましたが、日高陽斗は現れるでしょうか?

『クウシュウゴウが数字を消す理由を紹介』

クウシュウゴウの意味を分かりやすく説明したら、中身がない集合体です。

集合なのに中身がないとはどういう事だと思うかもしれませんが、数字にも『4』や『9』があるように、中身がない『0』という数字もあります。

0は計算をする上で重要なものであり、なくてはいけないものです。集合体にも同じような事が言えて、何も中身がない集合体が必要なものであり、それが空集合(クウシュウゴウ)というものであり『Φ』というマークで表記されます。

このドラマで、クウシュウゴウが数字を消すように依頼するのは、殺害の依頼をなくして、いったんはゼロに戻すので、それでクウシュウゴウと名乗っているのではないでしょうか?

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第6話』のまとめ

第6話では、クウシュウゴウが現れますが、容疑者の一人が自殺していたので、今後はクウシュウゴウと日高陽斗がどのような関係性なのか?そのあたりが解明されるのが楽しみですね。

このドラマでは、数字と殺害が密接につながっていますが、9に関連する人物が殺されようとしていたのに、元気に外へ出てきた所は謎ですね。

それは、歩道橋の所に重要な人物が現れなかった事と関係しているのかもしれません。

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜 第1〜6話』は、動画配信『Paravi(パラビ)』に入会すれば見る事ができます。