エンバーミングの意味や費用を紹介!ドラマ監察医 朝顔2 第15話

ドラマ『監察医 朝顔2 第15話』で出てくる『エンバーミング』という意味や費用などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『監察医 朝顔2』のキャスト

f:id:akira2013web:20201103062827p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/index.html

医療ドラマ『監察医 朝顔2』は、2020年11月2日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 万木朝顔(演:上野樹里)現場まで足を運ぶ監察医
  • 万木平(演:時任三郎)万木朝顔の父親
  • 桑原真也(演:風間俊介)万木朝顔の恋人であり、新米刑事
  • 桑原つぐみ(演:加藤柚凪)朝顔の娘
  • 夏目茶子(演:山口智子)万木朝顔たちの上司
  • 藤堂雅史(演:板尾創路)ベテランで大人しい性格をした法医学者
  • 藤堂絵美(演:平岩紙)藤堂雅史の妻
  • 安岡光子(演:志田未来)アルバイトとして監察医の現場で働く女性
  • 高橋涼介(演:中尾明慶)陽気な検査技師
  • 愛川江梨花(演:坂ノ上茜)キビキビと動く女刑事
  • 山倉伸彦(演:戸次重幸)強盗犯の係長
  • 奥寺美幸(演:大竹しのぶ)仙ノ浦食堂を経営している人物
  • 熊田祥太(演:田川隼嗣)法医学で働く青年
  • 牛島翔真(演:望月歩)新しいアルバイト
  • 丸屋大作(演:杉本哲太)元検死官で、厳格な性格
  • 佳織(演:美保純)娘の言動に心を炒める妻
  • 優香(菅野莉央)父を疑う娘

主題歌

ドラマ『監察医 朝顔2』の主題歌は、折坂悠太 の『朝顔』です。  

ドラマ『監察医 朝顔2』の前作

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、医療ドラマ『監察医 朝顔2』の前作『監察医 朝顔』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『監察医 朝顔2 第15話』のストーリー

朝顔は久しぶりに夫・父・娘と一緒に4人で暮らす事ができて、至福の日々を過ごそうとしていました。

そんな時に、65歳の男性 猿渡正夫が首をつって亡くなってしまって、エンバーミングをされていました。しかし、娘の優香は「自殺じゃないハズだから、再解剖して下さい」と頼んできたのです。

朝顔は父親に相談してみたら「朝顔は知らないほうが良いんじゃないかな?家族には知られたくない事だってある。俺はその人の気持ちが少し分かるよ」と言われてしまい「そんな事を軽々しく言わないで」と険悪なムードになってしまいます。

監察医たちは慎重に解剖していったら、腹部の中から『もう調べないで下さい』と書かれた紙が入っていました。

しかし、自殺ではないという根拠にはならないので、親娘に結果を伝えても、優香は「もう1度、解剖して下さい。自殺する訳ないんです!」と退きません。

朝顔は、親娘には紙の事だけは伝えていなくて、他の監察医たちから『なんで、紙の事を言わなかったのだろう』と思われてしまいます。実は、朝顔は紙の筆跡を調べてもらうように頼んでいたのですが、誰が書いたものでしょうか?

エンバーミングの意味や費用を紹介』

エンバーミングとは、遺体の保存・防腐・殺菌・修復などのために、特殊な処置を行う事を指します。

別名で『死体防腐処理』と言われる事もあり、葬儀が行われるまで時間をかける時に頼むケースがあるのです。そのため、家族が思いがけず亡くなってしまって、葬儀を行うまで時間がかかる場合には、エンバーミングを考慮するのも一つの方法です。

エンバーミングは高いのではないか?と思われるかもしれませんが、15〜25万円が相場となっているので、それほど高額という訳でもありません。

参照元https://ansinsougi.jp/p-47

ドラマ『監察医 朝顔2』を見られる動画配信

上野樹里さん主演の医療ドラマ『監察医 朝顔 第1〜11話・特別編』と『監察医 朝顔2 第1〜15話』は、動画配信『FOD PREMIUM』に入会すれば見る事ができます。

FODプレミアムの月額料金は888円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、888円はかかりません(2021年1月時点)。

ドラマ『監察医 朝顔2 第15話』のまとめ

第15話では、エンバーミングという聞きなれない言葉が出てきたので『何それ?』と思ってしまいましたが、遺体を長く保存するために必要な処置だったんですね。

しかし、このドラマでは朝顔たちが『だいぶ雑だな』と呆れてしまいますが、それは紙と関係している所なのでしょう。

15万円以上もするので高く感じるかもしれませんが、葬儀の費用を考えたら、意外と両親的な値段と言えるかもしれません。

そして、今回は『ごめん貯金』が始まりましたが、日本人は感謝する所でも、ついつい『ゴメン』と謝ってしまう時があるので、意外と良い方法と思ってしまいますね。