先生がKSBCを潰そうとする理由を考察!ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班 第7話』

f:id:akira2013web:20210123221839p:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/redeyes/

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班 第7話』でも、先生と呼ばれる者が他人を利用して、KSBCを潰そうとするので、その理由について考察してみたので参考にしてみて下さい。

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』のキャスト

『レッドアイズ 監視捜査班』は、2021年1月23日から放送開始されました。

脚本

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『レッドアイズ』の主題歌は、KAT-TUNの『Roar』です。

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班 第7話』のストーリー

伏見響介は、婚約者のお墓に花を添えていたら、見知らぬ者から連絡が届いて「婚約者の死について知りたかったら、指定の場所まで来い」とありました。

指定されたビルに入ったら、仮面を付けたものが、麻酔銃を発射して、気を失ってしまったのです。そして、伏見響介は拉致監禁されてしまいますが、その映像はKSBCに届けられます。

伏見響介の前に二人が凶器が持って近づいてきたのですが、その二人は鴫野耕平と潤子という者たちで、強盗をするために社長を殺害してしまうので、伏見響介は逮捕しようとしたのです。

二人は逮捕される前に「せめて、娘をスイスの病院へ連れていくまで待って下さい」と頼まれましたが、何もする事ができず逮捕してしまって、二人は娘の死に目に会う事もできませんでした。

湊川由美子は、伏見響介を拉致した人物を捕まえる事はできますが、その者は拉致までしかしていなくて、監禁した場所まで知らなかったのです。

伏見響介は、地下の冷凍庫であまりの冷たさに命を落としそうになりますが、KSBCの仲間たちは伏見響介を救い出す事ができるのでしょうか?

『先生がKSBCを潰そうとする理由』

先生と呼ばれる者が、KSBCを潰そうとしますが、その理由は快楽殺人を続けていて、伏見響介が犯人を追いかけているからでしょう。さらに、快楽殺人を続けるには、KSBCの監視機能が邪魔に感じて、潰しにかかってきた可能性が高いです。

恐らく先生と呼ばれる人物は、鳥羽和樹の可能性が高いのですが、未だに謎になっているのは先生と関わった者たちが同じマークを使っている所ですね。

次回あたりで、そのマークが何か分かるかもしれないので、期待したい所です。

そして、ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班 第1〜7話』は、動画配信『Hulu』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格933円)。

初入会の方であれば2週間は無料で見る事ができます(2021年3月時点)。

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』の全話のストーリー・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班 第7話』のまとめ

第7話では、まだ先生の目的が何か?分からずじまいでしたが、快楽殺人を続ける事と、伏見響介の婚約者の命を奪った事が何か関連性があるんでしょうね。

鴫野耕平と妻の動機は、かなりムチャクチャなものがありますが、強盗したのも恐らくは、娘の治療費をかせぐためだったんでしょう。それを考えると同情できる所はありますが、言いがかりの所もあるので、伏見響介に同情してしまいましたね。