映画『すくってごらん』主題歌&劇中歌を全曲紹介-16曲

魅惑的で笑える映画『すくってごらん』の主題歌&劇中歌を全曲(16曲)紹介しながら、ストーリーまで解説するので参考にしてみて下さい。

映画『すくってごらん』のキャスト

f:id:akira2013web:20210312115656p:plain

出典:https://sukuttegoran.com/

映画『すくってごらん』は、2021年3月12日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:真壁幸紀
  • 脚本:土城温美
  • 原作:大谷紀子 

女優&男優

  • 香芝誠(演:尾上松也)一度の過ちで田舎町へ左遷される銀行員
  • 生駒吉乃(演:百田夏菜子)金魚の店『紅燈屋』を営んでいる女性
  • 山添明日香(演:石田ニコル)女優を夢見ていた女性
  • 王寺昇(演:柿澤勇人)金魚と共に放浪の旅に出かけている青年
  • 川西(演:矢崎広)香芝誠を意識する先輩社員
  • 三宅(演:大窪人衛)香芝誠の同僚の男性社員
  • 寛子(演:清水みさと)香芝誠の同僚の女性社員
  • 百合(演:辻本みず希)香芝誠の同僚の女性社員
  • 支店長(演:北山雅康)香芝誠を歓迎する銀行の支店長
  • 下宿の女将(演:鴨鈴女)銀行の社員寮を管理する女将
  • 香芝の元上司(演:竹井亮介)部下を左遷する銀行員 

ドラマ『すくってごらん』のストーリー

香芝誠は絶望しながら、田舎の農道を歩いていたら、大きな金魚の水槽を乗せたトラックが近づいてきます。トラックから、陽気な青年  王寺昇が「お兄さん、よかったら乗っていかないですか?遠いでしょう」と優しく声をかけてきました。

しかし、香芝誠は『お兄さんと呼ぶ奴は信用できない』と警戒しますが、あまりの押しの強さに思わず乗せて行ってもらいます。実は、香芝誠は銀行の本店に勤めていたのですが、上司の不満を思わず口に出してしまって、田舎の支店へ左遷されたのです。

そんな時に、着物姿の美しい生駒吉乃を見かけてしまい、思わず後をついていったら、金魚すくいをするお店『紅燈屋』だったのです。

香芝誠はそれからというもの、生駒吉乃に惹かれていくのですが、それを快く思わないのが、カフェで知り合った山添明日香でした。

山添明日香は、香芝誠の先輩社員 川西の妹ですが『香芝誠はいやらしい目で見てくるけど、本店から来たのならエリート社員だわ』と気に入っていたのです。

ところが、山添明日香が急にキスをしてきたので、香芝誠は「うわあぁ」と外へ飛び出してしまいますが「女子かいな」と吐き捨てられます。

しかし、その一方で、香芝誠も、生駒吉乃が王寺昇に恋している事を知って、対抗心を燃やしてしまいます。王寺昇は金魚すくいの名人で、3分で100匹をすくえると知ったので「それなら、僕と金魚すくいで勝負しましょう」と挑戦状をたたきつけます!

はたして、金魚すくいで勝つのはどちらでしょうか?

映画『すくってごらん』の主題歌&劇中歌

映画すくってごらんのパンフレット画像

すくってごらんの主題歌や劇中歌-16曲は、以下の通りです(上は、映画すくってごらんのパンフレット画像)。

主題歌:赤い幻夜 (1曲目)

  • ボーカル:生駒吉乃
  • 作詞:Mio Aoyama・土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:時間がゆったりと流れるような曲

左遷銀行員(2曲目)

  • ボーカル:香芝誠&王寺昇
  • 作詞:Mio Aoyama・土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:左遷された銀行員がふてくされながらトラックの乗る曲

誘い-いざない(3曲目)

  • ボーカル:生駒吉乃
  • 作詞:土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:香芝誠が魅惑的な生駒吉乃に引き込まれる曲

虚無日々(4曲目)

  • ボーカル:香芝誠
  • 作詞:土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:左遷された銀行員が抜け殻になった曲

Numbers(5曲目)

  • ボーカル:香芝誠
  • 作詞:土城温美・Rap Lyris:TEEDA
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:銀行員がタップを踏みながら、軽快に流れる曲

今でも眩しくて(6曲目)

  • ボーカル:山添明日香
  • 作詞:Mio Aoyama・土城温美
  • 作曲:鈴木大輔
  • 編曲:鈴木大輔・ZENTA
  • 備考:山添明日香が歌い上げて、香芝誠が泣くシーンの曲

子赤(7曲目)

  • 奏者:生駒吉乃
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:生駒吉乃が倉庫でコッソリと弾いていた曲

すれ違いのラブソング(8曲目)

  • ボーカル:香芝誠&山添明日香
  • 作詞:Mio Aoyama・土城温美
  • 作曲:鈴木大輔
  • 編曲:鈴木大輔・ZENTA
  • 備考:『今でもまぶしくて』のロックアレンジ曲

ブレない男(9曲目)

  • ボーカル:川西
  • 作詞:Mio Aoyama・土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:映画が休憩になる時の曲で、香芝誠と川西の対比曲

恋の幻影(10曲目)

  • ボーカル:生駒吉乃&山添明日香
  • 作詞:土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:『誘い』のアレンジ曲

鼓動の理由(11曲目)

  • ボーカル:香芝誠&生駒吉乃
  • 作詞:土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:香芝誠と生駒吉乃たちがハモってデュエットした曲

Go your own way(12曲目)

  • ボーカル:王寺昇
  • 作詞:土城温美
  • 英語詞:EMI K.Lynn
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:王寺昇がアカペラで歌う曲

オンリーユー・オンリーミー(13曲目)

  • ボーカル:香芝誠
  • 作詞:土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:ストレートなバラード曲

月夜(14曲目)

  • ボーカル:生駒吉乃
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:生駒吉乃がピアノで子赤を弾きながら歌う曲

ささやき(15曲目)

  • ボーカル:香芝誠&王寺昇
  • 作詞:土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:『虚無日々』のアレンジ曲

この世界をうまく泳ぐなら(16曲目)

  • ボーカル:香芝誠&生駒吉乃&王寺昇
  • 作詞:Mio Aoyama・土城温美
  • 作曲&編曲:鈴木大輔
  • 備考:恋の三角関係になっている三人が加わる曲

映画『すくってごらん』と他の作品を比較

邦画には、今作以外にも金魚と関係のある映画があって、それが『海の金魚です。

ただし、海の金魚は、ヨットレースに挑む高校生たちが心に大きなキズを負いながら、たくましく成長していく作品です。

今作のように金魚をすくう映画ではありませんが、海やヨットが好きな方であれば、自宅で海に行けなくてウズウズしている場合には、海の金魚を見ておくのも悪くはないでしょう。

映画『すくってごらん』のまとめ

尾上松也さんがミュージカル映画に出演すると知って『少し面白そうだな』と思って見てみたら、予想以上に多くの歌やダンスを楽しめて、満足のいく映画でしたね。

誘いの曲が流れる時には着物姿の女性が多く登場して、せんすで顔を隠して、魅惑的に香芝誠を誘い込む感じが和の美しさという感じで、見ていてウットリとしてしまいました。

美しい金魚や着物姿の女性を十分楽しめるので『夏に見てみたかった映画だなぁ』と思ってしまいましたね。

そのうち、動画配信で観れる時がくると思うので、その時は今年の夏ごろに観ておきたい映画です。