城ヶ崎泉役の河合優実に迫る怪しい生命体?ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜 第8話』

ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜 第8話』で、城ヶ崎泉役として出演していた河合優実さんはCM出演していましたが、その背後には、怪しい生命体が迫っていたので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『アノニマス』のキャスト

f:id:akira2013web:20210126081044p:plain

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/intro/

日本のミステリードラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜 第8話(最終話)』は、2021年1月25日から放送開始されました。

監督&脚本

  • 監督:及川拓郎
  • 脚本:小峯裕之&玉田真也

女優&男優

  • 万丞渉(演:香取慎吾)元捜査一課にいた刑事
  • 碓氷咲良(演:関水渚)匿名の犯行を許せない女性
  • 菅沼凛々子(演:MEGUMI)匿名の人物を特定する事が得意な女性
  • 四宮純一(演:清水尋也)ネットを活用して、捜査を進める男性
  • 越谷真二郎(演:勝村政信)指殺人対策室のリーダー
  • 羽鳥賢三(演:山本耕史)捜査一課の刑事で、万丞渉と犬猿の仲
  • 倉木セナ(演:シム・ウンギョン)万丞渉の元相棒
  • 城ヶ崎泉(演:河合優実)城ヶ崎の娘

主題歌

ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』の主題歌は、アイナ・ジ・エンドの『誰誰誰』です。

ドラマ『アノニマス 第8話』のストーリー

万丞渉は、アノニマスの正体が、元相棒の倉木セナだと分かりますが、どこに相棒がいるのか分からない状態でした。

もどかしい想いで、今は電話で元相棒に「お前の目的は何だ」と問い詰める事しかできなかったのです。倉木セナの目的は、警察が隠蔽しようとした犯罪を暴く事でした。

しかし、この後に及んでも警察は犯罪があった事を認めようとしないので、倉木セナはネットで「警察が2年前の犯罪が事実無根と断定しました。警察の主張は正しいのか?名もなき皆さんの力に期待します」と呼びかけます。

ネットには、警察の内部資料が公開されてしまって、それを見たネットユーザーたちが警察の悪事を暴こうとしてしまうので、指殺人対策室の刑事たちは『こんな事で、警察が隠しているものが判明したら、炎上どころではない』と危機感を強めます。

そして、事実を隠そうとしていた城ヶ崎明文刑事部長は、家族に迷惑もかけられないと想い、ついに自殺をしてしまいます。

万丞渉たちは、ついに倉木セナの居どころを突き止めて「お前は事件を大きく見誤っている」と問い詰めようとします。倉木セナは事件の真相に迫っているかのように見えましたが、何を見誤ったというのでしょうか?

『城ヶ崎泉役の河合優実に迫る怪しい生命体』

城ヶ崎泉役として出演していた河合優実さんは、森永製菓のCMに出演していました。

そのCMでは、勉強に悩む受験生を演じていましたが、その背後にピンク色の怪物のようなモノが迫っていたのです。

怪しそうな生命体に見えますが、それは森永製菓のinゼリーがエネルギーを与えるというものでした。そのため、決して受験生に危害を加えるというものではなくて、影からコッソリと支える存在だったのです。

そんな受験生役を演じている河合優実さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:河合優
  • 星座:いて座
  • 趣味:ひとりミュージカル・絵・バスケットボール
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:2000年12月19日

ドラマ『アノニマス』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『アノニマス 第8話』のまとめ

第8話(最終話)では、ついにアノニマスと対峙する事になりますが、意外とあっけない終わり方をしてしまったなぁと思ってしまいましたね。もう少し、当時の事件について、詳しく知りた感じでした。

そして、最終回では、城ヶ崎泉役として河合優実さんが出演しますが、もう少し活躍を見てみたい気もしたのが残念な所です。

アノニマスSNSを題材にしたものでしたが、ネットによる誹謗中傷が続く以上は、こういったドラマは増えていくんでしょうね。

動画配信『Paravi(パラビ)』に入会すれば、ドラマ『アノニマス 第1〜話』で、見る事ができます。