潤之介(玉森裕太)が目指したカンボジアについて解説!ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第10話』

f:id:akira2013web:20210317234542j:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/story/

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第10話』では、潤之介(玉森裕太)がカンボジアへ旅立っていくので、カンボジアがどのような国か解説しましょう。

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』のキャスト

f:id:akira2013web:20210113214511p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

仕事と恋愛に一生懸命なドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第10話(最終話)』は、2021年3月16日に放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』の主題歌は、Kis-My-Ft2の『Luv Bias』です。  

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第10話』のストーリー

鈴木奈未は、仕事を続けるために大好きだった潤之介と別れてしまって、目を真っ赤にしてしまうほど悲しんでしまいます。翌日には、それを隠すためにもメガネをかけて出勤して、仕事の先輩たちから「あれ?メガネ」と言われてしまうのです。

潤之介は大好きだったカメラマンを辞めて、父親の会社を引き継ごうしますが、恋のライバルだった中沢涼太から「あんたがカメラマンをしている所を見ていたら、誇りを持ってやっているんだなぁって思ってたんだけど」と言われてしまいます。

その一方で、MIYAVIは次々に取引先からソッポをむかれてしまって、高橋麻美は『やっぱり私よりも、麗子のほうが必要なんだな』と思って編集長を自ら辞めてしまうのです。

鈴木奈未たちは、みんなで宝来麗子に「編集長として戻って来て下さい」と頭を下げますが「私には、もう関係ないから」と拒絶されてしまいます。それでも、鈴木奈未は諦めず、hinataと関わった仕事の資料を見るように頼み込みます。

その資料を見た宝来麗子は、会社に戻ってきて「もう1度、あなた達と仕事をしたい」と戻ってきたのです!

宝来麗子は戻って来てくれましたが、鈴木奈未と潤之介の関係は、どうなってしまうのでしょうか?

『潤之介(玉森裕太)が目指したカンボジアについて解説』

潤之介(玉森裕太)は、カンボジアを目指して旅立っていきましたが、この国は東南アジアの国で、発展途上国と思われています。

しかし、カンボジアは経済大国タイや、経済発展が著しいベトナムと隣接しているのであり侮れない国です。さらに、あの有名な『アンコールワット遺跡群』があるのもカンボジアです。

国土面積は、日本の半分ぐらいで人口は1400万人もあり、経済成長していけば先進国に近づく事は十分に可能でしょう(2021年時点)。

このような国に赴く事は、貴重な経験を積む事ができますが、外国は日本と違って、どのような事が起きるのか予想がつきません。そのような事を考えたら、潤之介の行動は成功するとは限りませんが、思い切った行動であり拍手を送りたい気分ですね。

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』の全話のストーリー・キャスト・見所などを見られます。 

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第10話』のまとめ

第10話では、潤之介(玉森裕太)がカンボジアへ旅立っていきますが、少し父親をぬか喜びさせるだけで終わったので、少しだけ潤之介の父親に同情してしまいましたね。

自分としては、もう少し和泉遥と中沢涼太の恋愛トークも聞いておきたかった感じがしますが、あくまでも主役は潤之介と鈴木奈未たちだったので、仕方なかったかなという感じがしました。

2021年冬ドラマの中では、まさに恋愛ドラマの王道をいくような作品だったので、続編を見てみたい感じがするドラマでしたね。

動画配信『Paravi』であれば、ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第1〜10話(最終話)』を見る事ができます(2021年3月時点)。