橘漱石(川上洋平)が簡単に水無瀬碧を諦めた真意を解説!ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 第10話』

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 第10話(最終話)』では、橘漱石が水無瀬碧にニューヨークへ一緒に来ませんかと誘ったクセに、一緒に行く事を簡単に諦めてしまうので、その真意について解説しましょう。

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』のキャスト

f:id:akira2013web:20210113221607p:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/uchikare/

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』は、2021年1月13日から放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

  • 水無瀬碧(演:菅野美穂)恋愛小説家として有名な女性
  • 水無瀬空(演:浜辺美波)水無瀬碧の娘だが、アニメオタク
  • ゴンちゃん(演:沢村一樹)下町商店街の鯛焼き屋『おだや』の店主
  • 小田俊一郎(演:中村雅俊)ゴンちゃんの父親
  • ケンタ(演:中川大輔)おだやのアルバイト
  • 小西(演:有田哲平)散英社の編集長
  • 伊藤沙織(演:福原遥)散英社の編集者
  • 漱石(演:川上洋平)イケメン編集者
  • 田山(演:本坊元児)小西につきっきりになる人物
  • 入野光(演:岡田健史)立青学院大学で女子からモテモテの男子
  • ナオキ(演:大地伸永)光の友達
  • 愛梨(演:長見玲亜)光を狙う女子
  • 渉周一(演:東啓介)水無瀬碧の大ファン
  • 未羽(演:吉谷彩子)入野光の元家庭教師
  • 一ノ瀬風雅(演:豊川悦司)水無瀬空の父親
  • 星野鈴(演:矢田亜希子)水無瀬空の母親

主題歌

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の主題歌は、家入レオさんの『空と青』です。

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 第10話』のストーリー

水無瀬碧は、一ノ瀬風雅から「もう一度、僕とやり直してみませんか?」と誘われますが、橘漱石からも「僕と一緒にニューヨークへ行きませんか?」と誘われるのです。

『これは、モテ期だ』とはしゃいで、娘の空に「私と一緒にニューヨークへ行って、あっちで留学しよう」と勧めますが「私、行かない」と断れてしまいます。それでも、子供はいつか親から離れるものだと観念してしまいました。

銭湯では、ゴンちゃんが一ノ瀬風雅と見かけて『アイツは、水無瀬碧の元カレじゃないか』と思って対抗意識を燃やしてしまうのです。それでも一ノ瀬風雅が、この街を出ていく事を知って「せいせいするぅ」とつぶやいてしまいます。

水無瀬空は、少しずつ入野光に惹かれていき、渉周一に別れを告げますが「空さんの気持ちがないという事は薄々分かっていたよ」と言われてしまい、二人の関係は終わりを告げてしまいました。

少し憂鬱な気分でゴンちゃんのお店に入って行ったら、そこでゴンちゃんと一ノ瀬風雅が大ゲンカしていたので「もう辞めて」と懸命に仲介してあげるのです。

しかし、水無瀬空は『一ノ瀬さんは、ワザとゴンちゃんを焚き付けて、母ちゃんとくっ付けようとしたんじゃないか』と予想してしまいます。

母親ばかりを心配してしまいますが、はたして水無瀬碧の娘に彼氏はできるのでしょうか?

『橘漱石が簡単に水無瀬碧を諦めた真意』

漱石は、水無瀬碧に「一緒に、ニューヨークへ行きませんか」と誘ったクセに、その後は何も言わず諦めようとします。なぜ、こんな簡単に諦めたのかと言えば、未だに元カノの伊藤沙織の事が忘れられない事が大きかったのでしょう。

そして、自分との想いを吹っ切れさせるために、振られるのを覚悟の上で告白したのではないでしょうか?一緒に仕事ができなくなった罪悪感もあり、自分が振られ役を演じる事によって、水無瀬碧の気持ちとスッキリとさせたかった可能性が高いです。

一緒にニューヨークへ行く事を諦めたのは、そのような色々な想いがあったと考えられます。

動画配信『Hulu』に入会すれば、ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 第1〜10(最終話)』を見る事ができます(月額は税別価格933円)。

初入会の方であれば2週間は無料で見る事ができます(2021年1月時点)。下の広告をクリックしたら、動画配信『Hulu』に入会できます。

日テレドラマ

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』の全話のストーリー・キャスト・見所などを見る事ができます。 

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 第10話』のまとめ

水無瀬碧の恋の決着はつきましたが、水無瀬空と入野光は正式な恋人の関係になれていなかったので、この辺りはスッキリと告白するシーンを見てみたかったですね。

タイトルが『ウチの娘は、彼氏が出来ない』となっているので、仕方のない所かなと思いますが少しモヤモヤとする感じは残りました。

役者さんたちは豪華なのに、脚本について批判が多いドラマでしたが、やはり浜辺美波さんと菅野美穂さんのビッグ共演が観れたので、見応えのある作品でしたね。