まともじゃない大野康臣が秋本香住の言いなりになった理由!映画『まともじゃないのは君も一緒』

映画『まともじゃないのは君も一緒』では、イケメンでも性格がまともじゃない大野康臣(演:成田凌)が、秋本香住(演:清原果耶)の言いなりになってしまうので、その理由について紹介しましょう。

映画『まともじゃないのは君も一緒』のキャスト

f:id:akira2013web:20210319130319p:plain

出典:https://matokimi.jp/

映画『まともじゃないのは君も一緒』は、2021年3月19日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:前田弘二
  • 脚本:高田亮
  • 製作:小池賢太郎&根岸洋之 

女優&男優

  • 大野康臣(演:成田凌)普通になれない予備校の講師
  • 秋本香住(演:清原果耶)普通を教えようとする女子生徒
  • 君島彩夏(演:山谷花純)女子たちから陰口を叩かれる生徒
  • 柳雄介(演:倉悠貴)君島彩夏の恋人
  • 宮本功(演:小泉孝太郎)秋本香住から好かれている実業家
  • 戸川美奈子(演:泉里香)宮本功の婚約者

主題歌

映画『』の主題歌は、THE CHARM PARKの『君と僕のうた』です。

映画『まともじゃないのは君も一緒』のストーリー

秋本香住は、学校のクラスメートたちが「君島ってさ、柳くんと付き合っているんだって」「えぇ〜あのブスが?」という話を聞いていましたが、内心では『下らない』と思っていました。

それでも、学校が終わった後には予備校へ行かなくてはいかないので、仕方なく行ってみると、講師の大野康臣はデリカシーのない事をズケズケと言ってくるので「もったいないね!顔は悪くないんだけど、先生そのままじゃ、一生彼女できないよ」。

あまりのキッツイ一言に、大野康臣は『えぇ?結婚が出来ない』と焦ってしまうので「それじゃ、あの人で練習してみようよ」と、ある女性を口説くように勧めます。その女性は、戸川美奈子という人物で、宮本功の婚約者だったのです。

実は、秋本香住は宮本功の事が好きだったので、二人の間を割きたくて、大野康臣を利用しようとしたのです。ところが、大野康臣から「君だけが頼りなんだ」と腕を掴まれた時に、思わず『ドキッ』としてしまいます。

秋本香住は、宮本功の女グセの悪さも知ってしまった事もあり、次第に大野康臣を意識するようになります。

しかし、大野康臣と戸川美奈子たちが予想外にも親密になっていくので、秋本香住は『失敗しろぉ』と思っていたので焦ってしまうのです。はたして、秋本香住と大野康臣の関係はどうなってしまうのでしょうか?

『まともじゃない大野康臣が秋本香住の言いなりになった理由』

まともじゃない大野康臣が、秋本香住の言いなりになった理由は、とにもかくにも『結婚したかった』からです。

以前までは、自分は数学さえ勉強できれば良いと思っていたのに、友達もいなくて、このまま、ずっと一人なのかなと危機感を持つようになっていました。

それなのに、秋本香住から「楽しみもなく、常識やコミュニケーションの仕方も分からない、孤独死に突き進んでいる人を目の前に、あなたがそうですとは言いづらいけど、そうです、あたなです」と言われてしまうので、ますます焦ってしまう訳です。

そして、今まで自分の普通じゃない所を指摘してくれた人がいなかったのに、秋本香住だけが指摘してくれたので、素直に彼女の言う事を聞く気になったのでしょう。

映画『まともじゃないのは君も一緒』と他の作品を比較

成田凌さんが、イケメンなのにまともじゃない役を演じていましたが、実は映画『スマホを落としただけなのに』でも、カルトのような男を演じていたのです。

どちらとも、まともじゃないのは同じですが、今作では性格が優しいのに、『スマホを落としただけなのに』ではスマホを拾ってから、タイプの女性を追い詰めていくので、何とも恐ろしい役でした。

今は、個人情報の多くがスマホに記録されているので、この映画を見たら、スマホを拾われたら、いかに恐ろしい事が起きてしまうのか分かるでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『まともじゃないのは君も一緒』のまとめ

大野康臣(演:成田凌)は、女性から告白されても「好き?定量的に言ってもらいます?」と聞き返すほど、まともじゃない男でした。

顔は可愛いのに、秋本香住(演:清原果耶)が、ズケズケと、そのまともじゃない所を厳しく突っ込んでしまう所は面白かったですね。

途中から、大野康臣の事が好きになってしまいますが、影で「失敗しろぉ」と微笑んでしまう所は、可愛いらしい小悪魔な感じがして、微笑ましかったです。

清原果耶さんは、多くの映画に出演していて、2020年から勢いが全く衰えていません。

今後は日本を代表する女優さんになるかもしれません。もしかしたら、清原果耶さん個人の意思か?それとも事務所の方針で、ドラマよりも映画の出演を優先させているのかもしれませんね。