伊佐山勇輝(演:西島秀俊)が奥様を撃てた理由を解説!映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』

映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』で、伊佐山勇輝(演:西島秀俊)が、奥様の伊佐山菜美(演:綾瀬はるか)をピストルで撃てた理由を解説するので参考にしてみて下さい。

映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』のキャスト

f:id:akira2013web:20210320112218p:plain

出典:劇場版『奥様は、取り扱い注意』公式サイト

映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』は、2021年3月19日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 伊佐山菜美-桜井久実(演:綾瀬はるか)記憶を失った元工作員
  • 伊佐山勇輝-桜井裕司(演:西島秀俊)伊佐山菜美の夫だが、公安の人間
  • 三枝礼子(演:前田敦子桜井久実をカウンセリングする精神科医
  • 岩尾珠里(演:岡田健史)カフェの店長で、趣味は女装
  • 坂上洋子(演:檀れい)珠海市の市長 
  • 矢部真二(演:鈴木浩介)新エネルギーを推進する市長の元夫
  • 横尾義文(演:みのすけ)新エネルギーの調査会社の社長
  • ドラグノフ(演:セルゲイ・ヴラソフ)伊佐山菜美を恨む諜報員
  • 池辺章(演:小日向文世)公安の人間で、伊佐山菜美を警戒
  • 神岡恭平(演:鶴見辰吾)伊佐山勇輝の上司
  • 五十嵐晴夫(演:六平直政)調査基地の建設反対派のリーダー
  • 浅沼信雄(演:佐野史郎)開発コンサルティング会社の社長

映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』のストーリー

伊佐山菜美は、自宅に戻ると、夫の伊佐山勇輝から「おかえり……動くな!」と言われますが、そこに多くの敵が乱入してきたのです!

激しい銃撃戦の末に、敵のピストルの弾丸が、伊佐山菜美の頭部をかすめてしまい、記憶喪失になってしまいました。公安の池辺章は、部下の伊佐山勇輝に「お前は、これから、妻と一緒に珠海市へ行き、ロシアへ流れる金を止めるんだ」と命じます。

しかし「伊佐山菜美に記憶が戻り、公安に味方しない時はお前が責任を持って始末しろ」とまで言ってしまい、伊佐山勇輝は苦悩してしまうのです。

それでも、公安の命令には逆らえず、伊佐山夫婦は、桜井夫婦と偽り、妻には苗字が桜井であるように吹き込んでしまいます。

珠海市では、メタンハイグレードの開発基地を建設すべきかどうかで、賛成派と反対派の間で激しく対立が続いていました。そんな状況下で、賛成派の中には、力づくで反対派をねじ伏せようとして、多くの暴行事件が頻発してしまうのです。

伊佐山菜美は、その戦いに巻き込まれていき、ついに記憶を呼び戻してしまいます。しかし、公安には味方しようとせず、伊佐山勇輝に「私がなりたかったのは、あなたの奥様」と言い放ってしまいます。

しかし、伊佐山菜美は公安の人間たちに取り囲まれてしまい、観念を決めてしまって、「愛しているなら、殺して」と夫にピストルを渡してしまうのです。はたして、伊佐山菜美はどうなってしまうのでしょうか?

『伊佐山勇輝(演:西島秀俊)が奥様を撃てた理由を解説』

伊佐山勇輝(演:西島秀俊)は、奥様からピストルを渡されたら、そのまま撃ってしまいます。なぜ、そんなヒドイ事ができたのか?それには、実は伏線がありました。

妻の記憶が戻っていなかった時に、夫婦でアメリカのドキュメンタリー番組を見ていて、その番組では棒が体を貫通しても、かろうじて臓器に刺さらなかったので、九死に一生を得た内容が放送されていたのです。

二人は、この番組を見ていたので、伊佐山菜美は服に目印をつけていて、それを夫に見せる事により『臓器に弾丸を当てないようにして、体を貫通させて』と意思表示した可能性は高いです。

公安の人間たちは、そのTV番組を見ていなかったので、伊佐山菜美がピストルで撃たれて海に落ちたので『これで、あの女は死んだ』と安心したのでしょう。

映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』とドラマを比較

www.akira-movies-drama.com映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』は、ドラマから映画化されたものであり、そのドラマでは、伊佐山菜美が工作員を辞める所から始まっていきます。

やがて、伊佐山勇輝と出会って結婚をしていきますが、実は自分を監視するために仕組まれたものだった事が分かります。

そして最終回のラストシーンで、伊佐山菜美が自宅に入って、夫から「動くな」と言われた所で終わった訳です。今作の映画は、ドラマが終わった所から始まるので、ドラマでファンになった方であれば、映画を見ておく価値があるでしょう。

注意して欲しいのは、映画で始まる時には、まだ銃撃戦が出てこなくて、いきなり記憶喪失になっている所から始まっていきます。途中で、なぜ記憶が無くなったのか?それが解明されていくのです。

映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』のまとめ

ドラマで『奥様は、取り扱い注意』を見ていたので、これは是非とも映画も見なくてはと思っていました。実際に見てみたら、お約束とも言える料理の下手さが少しだけ出てきたので、この辺りは懐かしく感じられて良かったですね。

さらに、おなじみとも言える音楽も流れるので、ドラマでファンになった方たちへの配慮が見られました。

そして、思わぬ裏切りも見られて、先が読めない展開は良かったのですが、もう少しだけ戦闘シーンを増やして欲しかったなぁと思ってしまう映画でした。

PS.最近は『auびいきのAKIRAブログ』を開設したので、よかったら遊びに来て、読者登録もしてくれると嬉しいです。