ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』全話のストーリーや見所

f:id:akira2013web:20210113214511p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』の全話のストーリー・キャスト・見所などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第1話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com鈴木奈未(演:上白石萌音)は、貧乏な暮らしをしていて、母親が苦労していた姿を見ていたので、安定した収入の男と結婚する事が夢でした。

やがて、鈴木奈未は大人になり上京をして、会社の面接を受けようとしたら、ペンキ塗りたてのベンチに座ってしまい、せっかくのスーツを汚してしまいます。

ところが、そこにいた潤之介(演:玉森裕太)がスーツを買える店を教えてくれたので、なんとか面接を受ける事ができたのです。

希望する部署には入れなかったのですが、なんとか採用してもらいます。しかし、鬼編集者の宝来麗子にこきつかわれる日々が待ち構えていました。はたして、鈴木奈未は鬼上司の要求に耐えられるのでしょうか?

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第2話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com鈴木奈未は、潤之介の頼みで彼女の振りをする事になり、姉に会う事になりますが、その顔を見たら愕然としてしまいます。その姉とは、宝来麗子だったのです!

あの恐ろしい鬼上司 宝来麗子に、弟さんと付き合っているんですとアピールしても、疑いの眼差しで見られてしまうので「私、けん玉のチャンピオンなんです」と特技をアピールしてしまいます。

ところが、翌日になりプロの漫画家とファッションをコラボする話になってしまいました。

そこで宝来麗子から「あなた、けん玉のチャンピオンって言ったわよね、プロの漫画家 荒染右京(演:花江夏樹)はケン玉が好きだから交渉に行ってきなさい」と言われてしまうのです!

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第3話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com中沢涼太(演:間宮祥太朗)は、長い時間をかけて瀬尾光晴(演:青木一平)を取り上げていましたが、鬼上司の宝来麗子が突然「瀬尾光晴から小早川佐和子(演:片瀬那奈)に差し替えて」と命じてきたのです。

これには、さすがの中沢涼太は納得がいかなくて職場放棄してしまいます。周りの社員たちも今までのうっぷんがたまっていたので、同調して仕事をしようとしません。

鈴木奈未は「ここは編集長(宝来麗子)が謝って、みんなに職場へ戻ってきてもらいましょう」と提案しても「私の土下座はいくらって言ったかしら?新しい社員を雇えば良いでしょ!」と取り合ってくれません。

はたして、MIYAVIの編集部はどうなってしまうのでしょうか?

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第4話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com鈴木奈未は今までファッションに興味がなかったのですが、周りの社員たちの影響を受けて、ようやくファッションに興味を持ち始めます。

しかし、鬼上司からは絶望的に悪いファッションセンスを酷評されて「そこまで言います?」と不機嫌になってしまうのです。

そんな時に、鈴木奈未はウエクサジンコ(演:高岡早紀)と仕事をする事になりますが、職場は和気あいあいとして、思わず羨ましく思ってしまいます。

ところが、ウエクサジンコは、着物の帯を用意できなかったアシスタントの木本マリカ(演:金澤美穂)をクビにしようとするのです!

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第5話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com鈴木奈未は、潤之介から抱きつかれて、思わずトキめいてしまいますが、何と!潤之介は、そのまま眠ってしまうのです。

潤之介は、過去に好きな人がいた事を聞かされていましたが『今では自分に想いを寄せられているんだ』とポジティブに考えられるようになっていました。

しかし、潤之介の姉は鬼上司だったので、仕事を上手くこなして何とか交際を認めてもらおうと懸命に努力しようとします。しかし、鬼上司は所詮、鬼上司。

恋と仕事の両立を認めようとしないので、思わず「仕事と恋愛を両立してみせます」とタンカを切ってしまいますが、はたして鬼上司に交際を認めてもらえるのでしょうか?

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第6話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com鈴木奈未は、潤之介と蓮見理緒たちが幼馴染であり、愛し合っていた二人である事を知ってしまい、その場から立ち去ってしまいます。

潤之介は『このままではいけない』と気づいて、音羽堂出版の編集部まで行って「僕と奈未ちゃん(鈴木奈未)は付き合っているんです」と言い放って、鈴木奈未の仕事仲間たちを驚かせてしまうのです。

その一方で、宝来麗子は、MIYAVIが廃刊の危機に立たされているので、新谷祐介と一緒に仕事を成功させる必要がありましたが、それは簡単な事ではありませんでした。

鈴木奈未は、あまりにも不利な条件を飲む事に危機感を覚えて「そんな事をしたら、MIYAVIはタダの広告塔になってしまいます」と反対しますが、宝来麗子から「黙りなさい」と叱責されてしまうのです!

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第7話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com中沢涼太は、後輩の鈴木奈未が気になってしまって、思い切って告白しますが、まだ返事はもらえない状況でした。それでも、恋のライバルに潤之介と遭遇して「俺、鈴木に思いを伝えたから、アンタには負けないから」と言い切ってしまうのです。

潤之介は苦し紛れに「恋って、勝ち負けなのかな」と言い返しますが、鈴木奈未からは「私、この前みちゃったんですよ、潤之介さんが蓮見さんに抱きついちゃっている所」と言われてしまって、どうする事もできない状況に陥ってしまいます。

そんな状況下で、鈴木奈未は中沢涼太と一緒にの長野県まで取材へ行く事になります。

潤之介は二人が泊りがけで取材に行った事を知って、焦ってしまいますが、恋の三角関係はどうなってしまうのでしょうか?

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第8話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com週刊誌フラッシュが『宝来麗子が鈴木奈未にパワハラしている』と掲載してしまって、仲間たちは、何で、そんな情報が漏れてしまったんだと困惑してしまいます。

今まで、音羽堂出版と一緒に取引しようとした企業も、一緒にビジネスをするにはリスクが大きすぎると思って及び腰になり始めていました。

そこで、鈴木奈未は取引先の社長の所まで行き、週刊誌に書かれているのは誤解と主張しようとしますが、なぜか、そこに鬼編集長の宝来麗子もやってきたのです。

ここで二人が仲が良い事をアピールするのかと思いきや、取引先のトップを目の前にして、堂々と口論してしまうのです!

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第9話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com宝来麗子は、会社が吸収合併されてしまって、責任を感じてしまい、編集長を辞めてしまいます。しかし、鈴木奈未は鬼上司に、MIYAVIへ戻って来てもらうように頼み込もうとしますが、全く相手にしてもらえません。

鈴木奈未は中沢涼太たちと話し合って『やっぱり宝来麗子編集長に戻ってもらおう』と思いますが、再び鬼上司にかけあっても『自分は音羽堂出版が合併されないように頑張ってきただけだから』と断られてしまうだけでした。

そんな状況でも、鈴木奈未は、潤之介と付き合えるようになって、恋人の両親と一緒に食事をするほどの仲になっていました。

しかし、鈴木奈未は潤之介から「一緒に金沢に来て欲しい」と頼まれていましたが、金沢へ行ってしまえば、今の仕事を手放さなくてはいけません。はたして、鈴木奈未は恋と仕事のどちらを取るのでしょうか?

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で 第10話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com鈴木奈未は、仕事を続けるために潤之介と別れてしまって、しょんぼりとする毎日を送っていました。

潤之介は大好きだったカメラマンよりも、父親の会社を引き継ごうしますが、恋のライバルだった中沢涼太から「あんたがカメラマンをしている所を見ていたら、誇りを持ってやっているんだなぁって思ってたんだけど」と言われてしまうのです。

その頃、MIYAVIは次々に取引先から契約を切られてしまって、鈴木奈未たちは、みんなで宝来麗子に「編集長として戻って来て下さい」と頭を下げますが拒絶させられてしまいます。

しかし、宝来麗子は鈴木奈未が作った資料に触発されて「もう1度、あなた達と仕事をしたい」と戻ってきたのです!これで、仕事は順調に進み出しましたが、鈴木奈未と潤之介の関係は、このまま破局したままで終わってしまうのでしょうか?

ドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』全話の見所とまとめ

鈴木奈未(演:上白石萌音)が、鬼上司の宝来麗子(演:菜々緒)の下でこきつかわれてしまうドラマでしたが、やはり映画『プラダを着た悪魔』に似た内容になっているので、少し退屈に感じてしまう所もありました。

しかし、上白石萌音がドジなヒロインを演じる姿は新鮮に感じられて、そこの所は良かったですね。さらに、和泉遥役の久保田紗友さんの透明感のある美しさや、真っ直ぐな演じ方は好感の持てる女優さんでした。

そういった事を考えたら、ストーリーよりも、女優さんたちの個性が光るドラマという感じがしましたね。