井伊の赤備えが出来た理由とは?青天を衝け 第8回

f:id:akira2013web:20210214202837p:plain

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/

ドラマ『青天を衝け 第8回 栄一の祝言』では、井伊の赤備えが出てくるので、なぜ井伊の赤備えが出来たのか?詳しく解説しましょう。

大河ドラマ『青天を衝け 第8回』のキャスト

2021年の大河ドラマ『青天を衝け』は、2021年2月14日から放送開始されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ『青天を衝け 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

大河ドラマ『青天を衝け 第8回』のストーリー

渋沢栄一は、以前から心を通わしていた尾高千代と夫婦(めおと)になりたいと考えて、二人で一緒に、尾高惇忠に「どうか、私たちが夫婦になる事を認めて下され」と頭を下げます。

尾高惇忠は、以前から二人が心を通わしていた事を知って、その関係を認めます。

徳川家定は家臣たちが勝手な事ばかりするのが我慢できず、名門井伊家から井伊直弼を呼び出して、大老に命じて「家臣たちは慶喜を後継者にしたいようですが、それは私が決める事だ!」と怒鳴ってしまうのです。

井伊直弼は、将軍の意向を尊重して、慶喜殿ではなく紀州藩から選ぶべきですと言上(ごんじょう)します。

その頃、幕府は日米修好通商条約を勝手に結んでしまいましたが、これは天子が許した事ではなかったので、徳川斉昭は激怒します。

徳川慶喜は、紀州藩の者を徳川の新しい将軍になる事を認めますが、病弱な徳川家定は「よいか井伊よ、徳川斉昭慶喜を絶対に許すな、奴らを一掃するのだ」と強く求めます。

井伊直弼は、将軍 家定の願いを叶えるために、徳川斉昭慶喜だけではなく、慶喜を推挙していた者たちにも厳しい処罰を言い渡します。これが、世に名高い『安政の大獄』の始まりです。はたして、江戸幕府はどうなってしまうのでしょうか

井伊の赤備えが出来た理由』

戦国時代では『辰砂』という高級品から、赤色が使われていたので、精鋭部隊が赤色を使う事が多かったです。特に、武田の飯富虎昌は猛将中の猛将であり、武田の赤備えは三方ヶ原で徳川家康に大きな恐怖感を植えつけました。

その後に、徳川家康は武田の遺臣たちを次々に召抱えて、井伊直政の配下とします。井伊直政は武田にあやかり、武具を赤くしていき、これが『井伊の赤備え』の始まりです。

恐らく、徳川家康自身も、武田の赤備えの迫力にあやかりたいと考えて、井伊の赤備えを許したのでしょう。

後に、井伊直政は小牧長久手の戦いで奮戦して『井伊の赤鬼』と恐れられて、これが幕末の頃に井伊直弼を井伊の赤鬼と言われたキッカケにもなりました。 

動画配信U-NEXTに入会すれば、青天を衝けシリーズを見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば、31日間は無料期間です(2021年時点)。

入会したら、毎月1200ポイントも貰えるので、そのポイントを使えば、NHKパックを実質無料で利用できるので『青天を衝け』シリーズを見る事ができます。下の広告をクリックしたら、動画配信『U-NEXT』に入会できます。

大河ドラマ『青天を衝け』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com 上の内部リンクをクリックしたら、大河ドラマ『青天を衝け』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識などを見られます。

大河ドラマ『青天を衝け 第8回』のまとめ

第8回では、井伊の赤備えが出てきますが、井伊直弼譜代大名の誇りを持って将軍家に忠誠を誓おうとしたのでしょう。

しかし、新政府が幕府を追い詰めると、多くの譜代大名が戦わずに降伏していった事もあったので、それを考えると井伊直弼は数少ない忠義の心がある譜代の家臣と言えるかもしれません。

これからは、いよいよ桜田門外の変が出てくると思うので、井伊直弼がどのような最期を迎えるのか?期待したい所ですね。