大矢昌史(小池徹平)がリカの言いなりになってしまう理由を紹介!ドラマ『リカ 第2話』

f:id:akira2013web:20210410170228p:plain

出典:https://www.tokai-tv.com/rika/

大矢昌史(演:小池徹平)が、リカの言いなりになってしまう理由について紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『リカ 第2話』のキャスト

サスペンスドラマ『リカ』は、2019年10月5日〜2019年11月30日の間に放送されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 雨宮リカ(演:高岡早紀)経歴を偽る恋愛モンスター
  • 大矢昌史(演:小池徹平)雨宮リカに狙われる院長候補
  • 花山大次郎(演:西岡徳馬)口やかましい院長
  • 小山内則子(演:池谷のぶえ)雨宮リカを警戒する看護師長
  • 丘留千秋(演:夏菜)花山病院の事務員
  • 藤鐘清美(演:安藤玉恵)副看護師長
  • 倉田博子(演:藤本沙紀)噂好きの看護師
  • 森田綾乃(演:立花恵理)雨宮リカに利用される看護師
  • 木村奈央(演:安座間美優)美しき看護師
  • 相川美奈子(演:浅沼恵理)真面目な看護師
  • 佐藤真由美(演:山谷花純)大矢昌史の婚約者
  • 柏手重之(演:西村直人)大矢昌史に信頼される医師
  • 刈谷柊一(演:増田修一朗)院長の座を狙う医師 

ドラマ『リカ 第2話』のストーリー

小山内則子看護師長は、階段から転落してしまって、大脳や脊髄に大きな損傷を受けてしまって、大矢昌史たちが緊急オペをしますが、植物人間になってしまう恐れがありました。

大矢昌史は「事故の可能性があると思いますが、一応は警察に調べてもらいましょうか?」と花山大次郎院長にかけあいますが「バカを言うな、病院の落ち度をワザワザと外部に知らせる必要があるか!」と叱責されてしまいます。

しかし、未だにリカは、大矢昌史の側で働けなかったので、またもや「チッ!」と舌打ちしてしまうのです。そんな時に、リカの同期の倉田博子が用意していた薬が何者かにすり替えられてしまって、責任を追及されてしまったのです。

倉田博子は「私は薬を間違えていません」と主張しますが、誰にも信じてもらえなくて辞職してしまいます。

そこで、倉田博子に代わって、リカが手術に立ち会う事になりますが、大矢昌史が患者の体に器具を残した事に気づかず手術を終わらせてしまったのです。

リカは医療器具が一つだけ足りないと大矢昌史にコッソリを教えて「そんなバカな!こんな失敗をするなんて」と困惑してしまいます。

ところが、リカは「今なら私しか知りません。私は秘密にしますので二人だけの秘密にして再手術しましょう」とささやきます。

大矢昌史は悩んだあげく、リカのささやきに負けて密かに再手術する事になってしまったのです!

『大矢昌史(小池徹平)がリカの言いなりになってしまう理由』

大矢昌史(小池徹平)がリカの言いなりになってしまうのは、リカが医療器具が一つ足りませんと教えられて、患者をコッソリを再手術する事になってしまったからです。

もしも、リカを切り捨てるような事をしてしまえば、家族の了承を得ないで再手術した事をバラされてしまって、自滅してしまうからです。

さらに、大矢昌史がいない所で、リカは院長に上手く取り入ってしまうので、確実に外堀を埋められてしまったのも言いなりになっていく理由だったのでしょう。

ドラマ『リカ 第2話』のまとめ

第2話では、リカがトラップをしかけていき、大矢昌史(小池徹平)が確実に追い詰められていきました。やはり、再手術の口車に乗ってしまったのが痛かったですね。

医師としては、患者の体内に医療器具を忘れてしまったのは決定的な医療ミスなので、リカのトラップにやられてしまうのは仕方のない所かなとうい感じがしますけどね。

今後は、リカによって、どれだけ多くの者たちが破滅していくのか?怖い所であり、その先がどうなっていくのか見てみたい所です。

ドラマ『リカ 第1〜8話(最終話)』と『リカ〜リバース〜 第1〜3話』は、動画配信『FODプレミアム』に入会すれば見る事ができます(2021年4月時点)。