徳川家茂役の磯村勇斗が映画で名軍師を熱演?青天を衝け 第9回

f:id:akira2013web:20210214202837p:plain

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/

ドラマ『青天を衝け 第9回 栄一と桜田門外の変』で、徳川家茂役を演じていた磯村勇斗さんが、映画では名軍師を熱演していたので、詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ『青天を衝け 第9回』のキャスト

2021年の大河ドラマ『青天を衝け』は、2021年2月14日から放送開始されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ『青天を衝け 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

大河ドラマ『青天を衝け 第9回』のストーリー

井伊直弼は、慶喜を将軍にしようとした者たちをことごとく追い落としていき、ついには慶喜を隠居させてしまいます。

徳川斉昭は「いつか、きっと戻ってくる」と天を恨めしく見ながら去っていきますが、一部の家臣たちは『この恨み晴らさずしておくべきか』といきり立つのです。

渋沢栄一も、無茶苦茶な時代になってきたと感じて「承服できん」と憤りますが、妻の千代から「久しぶりに、その言葉を聞きました」と感慨深くなります。

徳川家茂は、あまりにも強引なやり方を心配しますが、井伊直弼は全く考えを改めようとしませんでした。

そして、安政7年3月3日(1860年3月24日)雪がしんしんと降る中、井伊直弼を乗せたカゴの行列が江戸城桜田門を通ろうとした時に「直訴!」と言って、駆け寄ってきた者が現れます。

「何者だ!」と面食らっていたら、何と!剣を抜き、問答無用に井伊直弼の家臣たちを切り捨てていったのです。井伊直弼は「日の本は……」と言い残して、命を奪われました。

井伊直弼を切り捨てたという知らせは、日の本を駆け巡り、民は喝采の声をあげます!日の本は、ますます尊王攘夷と叫ぶ者が増えていきますが、異人を追い払う事ができるのでしょうか?

徳川家茂役の磯村勇斗が名軍師役を熱演』

日本の大河ドラマでは、徳川家茂役を演じていた磯村勇斗さんは、映画『新解釈・三国志』では、あの名軍師である荀彧を演じていたのです!

荀彧とは、魏の曹操を支えた名軍師であり、荀彧なくして魏武の強は無かったとも言えるほどの人物です。

しかし、残念ながら、荀彧は後漢の皇帝と曹操の板挟みとなり、曹操から送られてきた空っぽの器をみて『もう用済みという事か』と憤死したとも言われています。

そんな荀彧役を演じた磯村勇斗さんのプロフィールは、以下の通りです。

動画配信U-NEXTに入会すれば、青天を衝けシリーズを見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば、31日間は無料期間です(2021年時点)。

入会したら、毎月1200ポイントも貰えるので、そのポイントを使えば、NHKパックを実質無料で利用できるので『青天を衝け』シリーズを見る事ができます。下の広告をクリックしたら、動画配信『U-NEXT』に入会できます。

大河ドラマ『青天を衝け』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com 上の内部リンクをクリックしたら、大河ドラマ『青天を衝け』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識などを見られます。

大河ドラマ『青天を衝け 第9回』のまとめ

第9回では、磯村勇斗さんが徳川家茂役として出演するので、驚かされましたね。それでも、思ったよりも将軍という感じがするので、この辺りは若い俳優でも風格があるので、将軍役でも見劣りしないんでしょうね。

映画の三国志では思ったより出番の数は少なかったのですが、荀彧役の磯村勇斗さんもなかなかカッコよかったです。

そして、桜田門外の変は、どんな大河ドラマを見ても気分がスカッとしますね。さすがに、家臣の分際で将軍の血筋を受け継ぐ者が支配する藩まで締め付けたら、殺害されるでしょう(苦笑)。