町田和子役の吉川愛が過激な映画に出演?ドラマ『カラフラブル 第1話』

ドラマ『カラフラブル 第1話』で、町田和子役として出演していた吉川愛さんは、過激な映画に出演していて、命を自ら投げ出そうとするので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『カラフラブル 第1話』のキャスト

f:id:akira2013web:20210415113035p:plain

出典:https://www.ytv.co.jp/colorfulovele/index.html

ドラマ『カラフラブル』は、2021年4月1日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 町田和子(演:吉川愛)新人漫画編集者で大のメンクイ
  • 相馬周(演:板垣李光人)町田和子の高校時代の後輩
  • キラ(演:桐山漣)イケメンだが俺様的な性格
  • 三輪玲(演:中川大輔)町田和子の同期
  • 渡辺春菜(演:五島百花)町田和子と好みが違う漫画編集者
  • 甘地大和(演:遠藤健慎)女性漫画誌編集部所属の新入社員
  • 山崎愛(演:寒川綾奈)キラを受け流すネイリスト
  • 境正美(演:おいでやす小田)町田和子の口やかましい上司
  • 鉄本あさひ(演:水野美紀)女性漫画誌編集部の編集長

主題歌

ドラマ『カラフラブル』の主題歌は、Amber'sの『Question』です。

ドラマ『カラフラブル 第1話』のストーリー

イケメン好きの町田和子が、担当する漫画家の作品を見て、美しい美少年の顔にウットリとしていました。ところが、上司の境正美から「なんだ、これは!男も女も可愛かったら、どっちが男か女か分からへん」と怒鳴られてしまうのです。

渡辺春菜が「確かに」と同意されてしまって、仕方なく担当している漫画家に「すいません、もう1度お願いします」と頭を下げてしまいます。

町田和子は、漫画にはセオリーが大事と言われても納得できませんでしたが、そこに三輪玲が「あのさ、タレントが女子の意見も聞きたいって言ってるからさ手伝ってくれない」と頼んできます。

町田和子たちが撮影現場へ行ってみたら、そこに俺様的なキラがやってきて、その美しい顔に見とれてしまいます。ところが「どけ!邪魔」と言われてしまい『まぁ現実はこんなモンだよね』と諦めて、道を譲ります。

その後に「キラ君、まだ終わってないよ」と美少年が部屋に入ってきて『うわ、可愛い』と思っていたら、その人物こそ高校時代の後輩 相馬周だったのです。

久しぶりの再会に驚きますが、周りから「知り合い?」と聞かれると、相馬周は「誰って、僕がずっと好きな人です」と抱きついてきたのです!はたして、町田和子は美少年との間で新しい恋が始まるのでしょうか?

『町田和子役の吉川愛が過激な映画に出演』

町田和子役の吉川愛さんは、かつて映画『十二人の死にたい子どもたち』に出演した事がありました。

この映画は、自殺願望者たちの少年や少女たちが十二人も集まって、一度に自殺しようとするのです。ところが、会場に集まってみたら、最初に死んでいる者が一人いて、その者を合わせたら、人数が合わなくなってしまうのです。

そこで、少年や少女たちは、なぜ先に死んでしまっている者がいるのか調べる事になりますが、自殺願望者たちが集まる過激な作品という事で、大きな注目を集めました。

www.akira-movies-drama.com過激な映画にも出演した事がある吉川愛さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:吉川愛
  • 星座:さそり座
  • 趣味:音楽鑑賞・映画鑑賞
  • 血液型:B型
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1999年10月28日

ドラマ『カラフラブル 第1話』のまとめ

第1話では、町田和子(演:吉川愛)が後輩の美少年に愛される内容でしたが、真面目な編集長がキラに迫られる場面もあるので、どのような人間関係になるのか?興味津々です。

しかし、2021年春ドラマは『レンアイ漫画家』といい『カラフルブル』といい漫画編集社が活躍するドラマが多いというイメージがありますね。

放送する時間帯はカラフルブルが深夜なので大きなハンデになってしまいますが、レンアイ漫画家に負けないほど注目を集めて欲しいものです。

ドラマ『カラフラブル 第1〜3話』は、動画配信『hulu』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格933円)。

初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2021年4月時点)。