上條漣(演:玉木宏)が父の墓を踏みつけた理由!ドラマ『桜の塔 第1話』

f:id:akira2013web:20210415211218p:plain

出典:木曜ドラマ『桜の塔』|テレビ朝日

ドラマ『桜の塔 第1話』では、上條漣(演:玉木宏)が父の墓を踏みつけてしまうので、その理由について解説しましょう。

ドラマ『桜の塔 第1話』のキャスト

出世ドラマ『桜の塔 第話』は、2021年4月15日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 脚本:武藤将吾
  • 演出:田村直己&星野和成&片山修 

女優&男優&声優

  • 上條漣(演:玉木宏)警視庁の理事官だが、人を見下す冷血な性格
  • 上條勇仁(演:岡部たかし)上條漣の父親
  • 水樹爽(演:広末涼子)捜査一課主任であり、上條漣の幼馴染
  • 水樹鉄朗(演:小松和重)水樹爽の父親
  • 吉永晴樹(演:光石研)東大出身の『東大派』である警務部長
  • 権藤秀夫(演:吉田鋼太郎)薩摩派であり、警視庁の警備部長
  • 千堂大善(演:椎名桔平)上條漣に期待する地方大学出身の外様派
  • 千堂優愛(演:仲里依紗)千堂大善の娘
  • 富樫遊馬(演:岡田健史)警視庁捜査一課の刑事
  • 荒牧雄彦(演:段田安則)桜の塔に君臨する警視総監
  • 馳道忠(演:渡辺大知)警視庁警務部の警視であり、上條漣の同期
  • 新垣広海(演:馬場徹)上條漣のライバル
  • 牧園隆文(演:関智一)警視庁の捜査一課長
  • 高杉賢剛(演:長谷川朝晴)警視庁の捜査一課の刑事
  • 轟啓一(演:駒木根隆介)警視庁の捜査一課の刑事
  • 刈谷銀次郎(演:橋本じゅん)上條漣の父親の後輩だった元刑事
  • 小宮志歩(演:高岡早紀)銀座の高級クラブ『S』のママ
  • 及川明深(演:井本彩花)銀座の高級クラブ『S』のホステス
  • 蒲生兼人(演:森崎ウィン

主題歌

ドラマ『桜の塔』の主題歌は、 宮本浩次さんの『sha・la・la・la』です。 

 

ドラマ『桜の塔 第1話』のストーリー

水樹爽や富樫遊馬たちは、人質を取り、立てこもっていた犯人を包囲していましたが、いつまでもSATが来なくて苛立っていました。

その頃、警視庁では外様派の千堂大善・東大派の吉永晴樹・薩摩派の権藤秀夫たちが激しい派閥争いをしていて、東大派や薩摩派たちは『外様派の刑事たちのためにSATが出せるか』と非協力的な態度を取ってしまうのです。

現場では、犯人が人質を撃ってしまって、裏口から逃亡していました。翌日になり、水樹爽たちが「なんでSATを出してくれなかったんですか!」と詰め寄ります。

しかし、外様派の上條漣は「犯人は威嚇射撃をしていて、顕示欲が強かった。もしもSATが出動していたら、興奮して人質の命が危なかった。しかも、SATが使う弾丸では犯人の体を貫通して人質に当たっている可能性もあった」と冷静にさとします。

刑事たちは『ぬぬぅ』と苦虫をつぶすような表情を浮かべるしか出来ませんでしたが、上條漣は「犯人が使っていた銃は、最近になって登場した3Dプリンターから作られたものと思われます。このプリンターは価格1000万円ほどです」と続けて発言。

「ここまで言えば、優れているあなた達なら、何をすべきか分かりますよね?」と上から目線の発言してしまい、刑事たちは頭にきながらも犯人を捕まえようとします。

やがて、容疑者として、サバイバルゲームが好きな蒲生兼人が浮上しますが、彼が本当に犯人なのでしょうか?

『上條漣(演:玉木宏)が父の墓を踏みつけた理由』

f:id:akira2013web:20210415215708j:plain

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/sakuranotou/story/0001/

上條漣(演:玉木宏)が父の墓を踏みつけてしまいますが、少年時代の時には父を尊敬していました。しかし、その一方で、幼馴染から茶化されてしまい、父が自殺してから性格が変わってしまった事を認めていました。

そして、父は生前の時に「悪魔に魂を売る事も」と言ってしまった事もあったので、恐らく刑事として犯罪に目をつむってしまった事があったのでしょう。

その罪悪感に後悔して、自殺してしまったので、上條漣が何かのキッカケで、それを知ったのでしょう。そんな父親を見下してしまって、墓を踏みつけた可能性が高いと言えます。

ドラマ『桜の塔』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com 上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『桜の塔』全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見られます。

ドラマ『桜の塔 第1話』のまとめ

上條漣は、クールのように見えて、頭に血がのぼる所もありますが、それは父親の一生が大きく関係しているのでしょう。

それにしても、ラストシーンの一本背負いはキマっていましたね(苦笑)。さすが刑事役を任されるだけの事はありました。

刑事ドラマとしては、珍しく『出世』が大きなテーマになっているので、今後は外様派・東大派・薩摩派の三つ巴の結果がどうなるのか?興味津々です。

ドラマ『桜の塔 第1話』は、動画配信『テラサ』に入会すれば見る事ができます2021年4月時点)。