縄手拓海役の田中碧海は有名なホラー少年を演じた?ドラマ『相棒 シーズン7 第13話』

f:id:akira2013web:20210309082308p:plain



出典:https://www.telasa.jp/series/10372

ドラマ『相棒 シーズン7 第13話』では、縄手拓海役の田中碧海さんは有名なホラー少年を演じた事があるので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン7』のキャスト

刑事ドラマ『相棒 シーズン7』は、2008年10月22日〜2009年3月18日の間に放送されました。

プロデューサー

  • 島川博篤

女優&男優&声優

  • 杉下右京(演:水谷豊)特命係の警部補
  • 亀山薫(演:寺脇康文)犯人に捕まってしまったドジな刑事
  • 宮部たまき(演:益戸育江杉下右京の元妻にして、料亭『花の里』の初代女将
  • 奥寺美和子(演:鈴木砂羽亀山薫の恋人で、帝都新聞の記者
  • 小野田公顕(演:岸部一徳)特命係と深い関わりのある警視監
  • 大河内春樹(演:神保悟志)警視庁警務部の首席監察官
  • 内村完爾(演:片桐竜次)警視庁の刑事部
  • 中園照生(演:小野了)内村完爾の側近
  • 伊丹憲一(演:川原和久)亀山薫を毛嫌いする刑事
  • 室谷(演:大谷亮介)タカ派の刑事として知られる人物
  • 芹沢慶二(演:山中崇史亀山薫の後輩
  • 米沢(演:六角精児)オタクっぽい監察医
  • 角田六郎(演:山西惇)組織犯罪対策の第5課長で、特命係へよく来る人物
  • 瀬戸内米蔵(演:津川雅彦法務大臣
  • 縄手拓海(演:田中碧海)超能力を持つ少年
  • 繩手順子(演:濱田マリ)縄手拓海の母親
  • 斎木敏也(演:谷川昭一朗)繩手順子の元夫
  • 芦田真紀(演:岩本千春)クラブの経営者
  • 芦田孝雄(演:白石タダシ)芦田真紀の夫
  • 坂本明(演:佐藤銀平)おしぼりの業者
  • 室賀厚子(演:時任亜弓)主婦

ドラマ『相棒 シーズン7 第13話』のストーリー

繩手順子が、息子の縄手拓海を連れて、警察署を訪れて「これから、強盗が銀座のクラブに入るんです。この子がお告げを聞いたので間違いないんです」と言ってしまいますが、あまりにもアホらしいので、特命係へ回されてしまいます。

杉下右京は、超能力と幽霊は信じていたので「お告げでは、他に何か言ってませんでしたか?」と聞いたら「売り上げが何百万もという話が聞こえてきた」と教えられます。

そうしたら、本当に銀座のクラブで強盗が入ったという知らせが届いてしまって、刑事たちは驚いてしまうのです。

中園照生は「もし、それが本当なら予知能力者という事に」と言いますが、内村完爾は「何をバカな事を言ってる」と相手にせず、あくまでも繩手順子を容疑者扱いしてしまいます。

杉下右京は、繩手順子が盗聴器を使って、盗み出した話を息子に聴かせて、超能力者にしたてようとしたのではないかと疑います。

繩手順子は自分が子供の時に超能力があるように見せたかったのですが、失敗して批判された事があったので、息子の超能力で何とか汚名挽回する事に必死でした。

そんな時に、コンビニの近くでも強盗事件が起きてしまいましたが、その鍵は芦田孝雄が持っていました。刑事たちは、クラブのお金を盗むためではなくて、鍵を盗むために芦田孝雄を殺害したのではないかと推理し始めます。

はたして、事件の真相は、どうなっているのでしょうか?

『縄手拓海役の田中碧海は有名なホラー少年を演じた?』

縄手拓海役の田中碧海さんは、映画『呪怨 パンデミック』で、あの有名な佐伯俊雄役を演じた事があります。

今までのジャパニーズホラーは、幽霊がかすかに現れたり消えたりして、恐怖をあおるものでした。ところが、佐伯俊雄の場合はハッキリと現れる幽霊の少年なので、その演出には賛否両論に分かれています。

しかし、リングと同じぐらいに、ジャパニーズホラーを代表する呪怨に出られたのは、凄い事です。

呪怨 パンデミックは、日本版をアメリカ合衆国がリメイクしたものですが、多くのホラー映画ファンは、その演技をよく覚えている事でしょう。

AKIRAのミステリーチェックポイント』

AKIRAが、犯人の手がかりとなるポイントを紹介します。 

  • 縄手拓海は、強盗が銀座のクラブに入る事を予知
  • 事件には盗聴器と関係がある所
  • クラブの経営者は撃たれなかったが、その夫だけが撃たれた所

ドラマ『相棒 シーズン1〜6』のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1〜6』のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。 

ドラマ『相棒 シーズン7 第13話』のまとめ

第13話では、超能力少年の話が出てきましたが、まさか縄手拓海役の田中碧海さんが、呪怨佐伯俊雄役を演じていたとは驚きました。

ただし、佐伯俊雄役は作品によって俳優が違う場合が多いので、その所は注意したほうが良いですね。

繩手順子(演:濱田マリ)が、息子を何がなんでも超能力を持っているように見せたいと思うのは痛々しかったのですが、自分がインチキ少女のように言われた過去を思えば、その気持ちは分からなくもなかったです。

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜19』まで見る事ができます(2021年3月時点)。