小川涼が子役時代に男子の前で大胆な格好?映画『空色物語-王様と羊-』

映画『空色物語-王様と羊-』で、小川涼さんが子役時代に、男子の前で大胆な格好をしてしまうので、詳しく紹介しましょう。

映画『空色物語-王様と羊-』のキャスト

映画『空色物語-王様と羊-』は、に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:三木孝浩
  • 脚本:持地佑希子

女優&男優

  • 金子奈々-王様(演:小川涼)大胆な格好をしてしまう女子
  • 川口壮太-羊(演:西山潤)金子奈々にこき使われる男子

主題歌

映画『空色物語-王様と羊-』の主題歌は、andropの『Youth』になります。

映画『空色物語-王様と羊-』のストーリー

屋上で、奈々は女子にも関わらず、スカートを履いた状態で、あぐらをかいてしまうので、川口は思わず「あぐらって」と苦笑いしますが「あんた、私は誰?」と見下すように言ったら「王様です」と渋々答えられます。

奈々は「それで、あんたは?」とイタズラっぽく聞いてみたら「……執事です。ゲームに負けたぐらいで」と言われますが「よろしい、羊」と満悦感にひたります。

奈々は、なぜか執事を羊呼ばわりしてしまいますが、二人の不思議な関係が続く中で、川口は必死に言われるがままに準備を進めていきました。

せっせと準備を進める川口に「何する気?」と聞いてみたら、ペットボトルを使って、ロケットを発射していったのです。

奈々は「境界線」と声をかけますが、川口は「今日はこれで……明日はカメラをつけるので」と答えます。

「今日じゃなければ意味がないんだよ。私、転校するんだ」「いつ決まったんですか?」「王様になる前から」。

女子はいたずらっぽく「ねぇ、羊。ジャンケンしようよ」と声をかけて、羊を自転車の後ろに乗せてあげますが「僕になんで、ジャンケンを挑んできたの?」と聞かれてしまいます。

女子は「うるさい」と言って、その答えを言わずに、笑顔で自転車をこぎ続けるのです。

小川涼が子役時代に男子の前で大胆な格好』

小川涼さんは、現在は大学に進学して芸能活動していませんが、子役時代には男子の前で、スカートを履いた状態で、あぐらをかくという大胆な格好をしていました。

なぜ、今作の映画『空色物語-羊と王様-』で、ここまで大胆なポーズを取っていたのかと言えば、それだけ相手の男子を信頼していたというのもありますし、男として少しは迫って欲しかったのかもしれません。

全ては想像ですが、そういった少し悪戯っぽい思春期の少女と大人の間に揺れ動く女性の役が、この大胆なポーズに凝縮されているような気がしますね。

映画『空色物語-王様と羊-』と他の作品を比較

映画『空色物語-羊と王様-』では、奈々が女子として、挑発するかのようなポーズを取って、少し背伸びをしてしまいます。

それに引き換え、映画『まともじゃないのは君も一緒』では、秋本香住(演:清原果耶)も背伸びをしようとして、大野康臣(演:成田凌)に普通がどういったものか?教えようとします。

予備校の生徒が講師に対して、常識を教えようとしますが、そのデコボコなコンビぶりに、思わずホッコリとしてしまうでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『空色物語-王様と羊-』のまとめ

浜辺美波さんと一緒に、活躍していた小川涼さんが、子役時代に、映画『空色物語-王様と羊-』で大胆なポーズをしていました。

ポーズ自体は大胆でしたが、男子を信頼する所やイタズラっぽい笑顔は、なんとなく惹かれるものがありましたね。

女優として、魅力あふれる方ですが、芸能活動しなくなったのは惜しい限りです。今も活動していれば、きっと浜辺美波さんと共演する作品も多かったのではないかなと思ってしまいます。

下のテキストリンクから動画配信『U-NEXT』に入会したら、映画『空色物語-王様と羊-』を見られます(2021年5月時点)。

映画観るなら<U-NEXT>