徐福により日本が誕生?ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第8話』

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第8話 韓信の股くぐり』では、徐福が蓬莱島(日本)へ旅立っていきますが、実は徐福が日本を作ったという説があるので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第8話』のキャスト

ドラマ『項羽と劉邦 King's War』シリーズは、2012年から中国で放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:ガオ・シーシー
  • 脚本:ワン・ハイリン&イエン・ガン

女優&男優&声優

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第1話』に登場する人物や俳優たちを紹介します。

秦国
  • 始皇帝(演:ユー・ホーウェイ )中国を初めて統一した皇帝
  • 扶蘇(演:イエ ・シャオミン)始皇帝の長男
  • 胡亥(演:ユー・ビン)秦の二世皇帝
  • 晨曦(演:シャオスーチンガォワー)始皇帝の孫娘
  • 李斯(演:リー・ジェンシン)始皇帝を支える名軍師
  • 趙高(演:シュー・ウェングァン)野心多き宦官
  • 章邯(演:ツァオ・ウェイユィ)秦の名将、楚を苦しめていく
  • 司馬欣(演:ウー・シャオドン)章邯の副将
漢国(のちに漢帝国を築き上げる人物たち)
  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)漢の高祖にして、劉備玄徳の先祖
  • 呂雉(演:チン・ラン)劉邦の正妻
  • 曹氏(演:ユー・ミンジャー)劉邦の愛人
  • 蕭何(演:ヤン・リーシン)漢の三傑であり、漢軍の兵糧補給に尽力
  • 樊噲(演:カン・カイ)劉邦の弟分で怪力の持ち主
  • 盧綰(演:ワン・ジーシー)劉邦の幼馴染
  • 周勃(演:チャン・チョンハォ)劉邦の忠臣
  • 張良(演:フォ・チン)韓の人物であり、秦の打倒に燃える傑物
楚国
  • 項羽(演:ピーター・ホー)項燕の子孫にして、秦国打倒を目指す猛将
  • 項梁(演:ジュー・イェンピン)項羽の叔父であり、育ての親
  • 項伯(演:シュー・マオマオ)項羽の叔父
  • 虞姫(演:リー・イーシャオ)項羽に愛された女性
  • 虞子期(演:ヤン・ズードゥオ)項羽の盟友であり、虞姫の兄
その他
  • 韓信(演:ドアン・イーホン)居候の身で、うだつのあがらない青年
  • 季桃(演:リュウ・ユウユウ)韓信に想いを寄せる村娘

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第8話』のストーリー

韓信は、居候をしていて、肩身の狭い思いをしていました。屋敷の主人は優しい性格の持ち主で、韓信の面倒をよく見ていましたが、その妻は「私たちだって、裕福な身分じゃないのに、ずうずうしい」韓信を邪魔者扱いしてしまうのです。

いづらくなってしまった韓信は、屋敷を出てブラブラと街中を歩きますが、そんな韓信に、村娘の季桃は淡い恋心を抱いていました。

しかし、季桃の事が好きだった荒くれ者が、それを逆恨みしてしまい、韓信に「俺の股をくぐれ!」と無理難題を突きつけてきたのです。韓信は立派な剣を持っていましたが、騒ぎを起こさないためにも、股をくぐってしまいます。

季桃は、あまりにも悲しくて涙を流してしまうのです。

辛い日々を送っている韓信でしたが、口のわるい婆さんが飯を恵んでくれて、悪い事ばかりではありませんでした。

その頃、暴政を続けていた始皇帝は、徐福に不老不死の薬を持ってくるように命じますが「サメさえ成敗すれば、蓬莱島(日本)へ行き、仙人を連れて帰り、不老不死になれます」と進言されます。

はたして、始皇帝は不老不死となり、秦帝国は永遠に続いていくのでしょうか?

『徐福により日本が誕生?』

徐福は、ことば巧みに始皇帝を騙して、3000名の若い男女、稲など五穀の種子と金銀・農耕機具・技術(五穀百工)も持って旅に出かけていきました。

暴政を続ける始皇帝秦帝国に住む事に嫌気がさしたとも言われていて、徐福はそのまま蓬莱島と言われた日本へたどりついたと言われています。

日本は、弥生時代に稲作が伝わったとされていますが、実は徐福が五穀の種子を持ち込んだ事により、日本に農耕文化が始まったのではないかと言われているほどです。

参照元徐福伝説

さらに、中国では日本の神武天皇は、徐福ではないかという説まであって、徐福が後の日本を作ったと言っても過言ではないほどです。

どこまでが真実で、どこからが当たっていないのか?それは紀元前の話なので定かではありません。しかし、項羽と劉邦の争いが起きていき、それが収まり数百年経って三国時代(魏・呉・蜀)になり、日本はようやく卑弥呼の時代になります。

それを考えたら、徐福が日本を作ったと言っても、言い過ぎではないのかもしれません。ちなみに、徐福が渡った時代と、神武天皇が生きた時代には、かなりのズレがあります。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『項羽と劉邦 King's War』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見られます。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第8話』のまとめ

韓信が股をくぐってしまって、季桃が泣いてしまうシーンは、おもわず『可哀想だなぁ』と思ってしまいましたね。

徐福伝説は、中国だけではなく日本でも多く残っていて、徐福は最初から始皇帝を騙すすつもりで逃げたとも言われていますし、蓬莱島がのんびりとした所で、居心地がよくなり秦帝国へ戻らなくなったとも言われています。

当時の日本は、稲作文化があまり進んでいなかったので、水源を巡って争いもあまりなかったと言われていました。そのため、徐福が『仙人はいないが、桃源郷のように穏やかな地だ』と満足したと言われているのです。

しかし、悲しいかな。徐福がもたらした米によって、日本に稲作文化が進んでいき、日本も中国と同じように、水源を巡って領土という概念ができていき、血なまぐさい歴史の扉が開かれてしまいました。