ジルが現在の世界に訴えたい事とは?映画『デイ・アフター・トゥモロー2021』

映画『デイ・アフター・トゥモロー2021』のラストシーンで、ジルが現在の世界に訴えいことがあったので詳しく紹介しましょう。

映画『デイ・アフター・トゥモロー2021』のキャスト

映画『デイ・アフター・トゥモロー2021』は、2020年にアメリカ合衆国で制作されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:マクシミリアン・エルフェルト
  • 脚本:ライアン・イーバート
  • 製作:デヴィッド・マイケル・ラット 

女優&男優

  • ジー:最初に氷嵐の異変に気付いた男性
  • ジル:治療薬を持ち運ぼうとする女性
  • マイク:飛行機に乗っている時に災害にあう人物
  • アンドレア:マイクの恋人

映画『デイ・アフター・トゥモロー2021』のストーリー

人類は、ウイルスによるパンデミックの脅威にされされていて、治療薬の開発が急ピッチで行われていました。ところが、研究所の周りの氷河が次々に崩れていったので、レジーは急いで避難しますが、仲間が海に極寒の海に落ちてしまうのです。

大氷嵐が迫っていて、安全な場所はエクアドルぐらいだったので、身内に避難するように伝えて、すぐに避難の準備にとりかかります。

しかし、飛行機は災害にあってしまい、マイクは恋人と一緒に脱出しようとしますが、機内は気温が急激に低下していました。

ジルは治療薬を運ぶために、車を走らせて目的地へ進んでいましたが、レジーから「早く行かないと氷嵐がくるぞ」と警告されてしまいます。しかし、道路は凍結していて、スリップ事故を起こしてしまって、車が動かなくなってしまうのです。

ジーは、相棒が怪我をしていたので、近くの家にいた獣医に治療をしていもらいます。「一緒に避難しましょう」と勧めますが「俺は、感染した妻と最期を迎えるよ。君たちは世界を救える」と言って、所有していたトラックまで譲ってくれたのです。

これで治療薬を運ぶ事ができますが、すでに氷嵐は、すぐそこまで迫っていました。はたして、レジーたちは人類を救えるのでしょうか?

『ジルが現在の世界に訴えたい事とは?』

ジルは、厳しい氷嵐から避難し続けて、治療薬を使って人類を救おうとします。

そのシーンは、いつ終わるとも分からないコロナウイルスの脅威も、いつかはワクチンで解決できるはずと訴えるかのようです。

日本政府は、無為無策で、ただ国民に我慢を強いるだけで、全く明るい展望が見えてきません。しかし、いずれワクチンは完成するハズなので、コロナウイルスに苦しむ日々も、いつかは終わるハズです。

映画『デイ・アフター・トゥモロー2021』と他の作品を比較

白雪姫をダークファンタジーとして、映画化したものが『スノーホワイト』です。そのスノーホワイトの続編『スノーホワイト/氷の王国』では、氷の女王が恐ろしい世界へ変えて行きます。

しかし、氷の女王は性格が冷たいように見えて、最期の最期で優しい心で人々を救おうとするので、色々と考えさせられる内容になっています。

単純に世界を氷漬けしようとする作品ではないので、今作の『デイ・アフター・トゥモロー2021』よりも、見応えのあるストーリーになっていて、オススメの作品です。 

www.akira-movies-drama.com