ゆうたんを苦しめる同級生役の伊藤梨沙子を詳しく紹介!ドラマ『カラフラブル 第7話』

ドラマ『カラフラブル 第7話』では、ゆうたんを苦しめる同級生(演:伊藤梨沙子)が登場しますが、伊藤梨沙子さんについて知らない方もいると思うので、この方のプロフィールについて詳しく紹介しましょう。

ドラマ『カラフラブル 第7話』のキャスト

f:id:akira2013web:20210415113035p:plain

出典:https://www.ytv.co.jp/colorfulovele/index.html

ドラマ『カラフラブル』は、2021年4月1日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 町田和子(演:吉川愛)新人漫画編集者で大のメンクイ
  • 相馬周(演:板垣李光人)町田和子の高校時代の後輩
  • キラ(演:桐山漣)イケメンだが俺様的な性格
  • 三輪玲(演:中川大輔)町田和子の同期
  • 渡辺春菜(演:五島百花)町田和子と好みが違う漫画編集者
  • 甘地大和(演:遠藤健慎)女性漫画誌編集部所属の新入社員
  • 山崎愛(演:寒川綾奈)キラを受け流すネイリスト
  • 境正美(演:おいでやす小田)町田和子の口やかましい上司
  • 鉄本あさひ(演:水野美紀)女性漫画誌編集部の編集長
  • 館ささめ(演:草川拓弥)衣装に不満を持つタレント
  • 奥田(演:塩野瑛久)芸能事務所の社長
  • AKI(演:黒木啓司)プロのミュージシャン
  • ゆうたん(演:永田崇人)相馬周と因縁があるタレント
  • ゆうたんの同級生(演:伊藤梨沙子)ゆうたんの芸能活動をバラした同級生

主題歌

ドラマ『カラフラブル』の主題歌は、Amber'sの『Question』です。

ドラマ『カラフラブル 第7話』のストーリー

相馬周は、鉄本あさひと一緒に『ユニコーンボーイズ』というユニットで、デビューする事になりますが、因縁のある『ゆうたん』と対談をする事になってしまって、ピリピリとした緊張感に包まれてしまいます。

仕事をする時は、ゆうたんは仮面の笑顔で語りかけてきますが、みんながいない時は「僕は、君をつぶすからね」と嫌味を言ってくるのです。

しかし、相馬周は「でも、僕は、まだ知名度が高くないので、どうやって潰すの?それって難しくない」と厳しいツッコミを入れてしまって「そこは、素直に落ち込んで、僕の背中を見届ける所だろ」と苦し紛れの反論をされて、波乱の幕開けとなります。

ゆうたんは、相馬周があまりにしつこく干渉してくるので「君のやっている事は、いやな同級生が再会してきて、なれなれしく喋りかけてくるような事と同じなんだぞ」と突き放します。

実は、ゆうたんは信じていた同級生に、芸能活動している事を黙っているように頼んでいたのに、それを周囲に喋られてしまって傷ついた事があったのです。ところが、その同級生が無神経にも、トークショーに会いに来ようとした事が分かってしまいます。

ゆうたんは激しく動揺してしまって、相馬周は励まそうとしますが、トークショーを乗り切る事ができるのでしょうか

『ゆうたんを苦しめる同級生役の伊藤梨沙子を詳しく紹介』

ゆうたんを苦しめる同級生役(演:伊藤梨沙子)が登場してしまいますが、多くの方たちは『誰だろう?この綺麗な女優さんは』と思った事でしょう。

こちらの伊藤梨沙子さんは、小学生からファッションモデルとして活躍を始めて、特撮テレビドラマ『ウルトラマンメビウス』で子役として芸能界デビューを果たします。

実は、小学校の時に新体操が上手くいかなかったので、祖父が持っていたファッション誌を見て『気分転換にやってみたいな』と思ったのがデビューするキッカケとなったのです。

その後も学生の時には、茶道部やボクシング部で活動をしているので、おしとやかな作法ができる上に、体力もあるので、幅広い活躍が期待されている女優さんです。

そして、伊藤梨沙子さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:伊藤梨沙子
  • 趣味:読書・犬と遊ぶ
  • 星座:うお座
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1996年2月20日
  • 好きな監督:河瀨直美

ドラマ『カラフラブル』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、恋愛ドラマ『カラフルブル』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。 

ドラマ『カラフラブル 第7話』のまとめ

第6話で、再び嫌なキャラクターのゆうたんが出てきたので『うわぁ、再登場しなくても良いのに』と思ってしまいましたが、信じていた同級生に芸能活動をバラされてしまえば、性格がひねくれてしまうのも少しは理解できますね。

しかし、学生時代にあれだけの事をして、トークショーに参加して「何についてのゴメンなの」と言われても、何も答えられない同級生を見ていると唖然としてしまいます。

『やっぱり人に傷つけられた事はいつまでも覚えているけど、人を傷つけた事は忘れてしまうのが、人間なんだろうなぁ』と色々と考えさせられる第7話でしたね。

しかし、ラストシーンでは、ユニットが団結していくので、そこだけが救いで良かったです。

ドラマ『カラフラブル 第1〜7話』は、動画配信『hulu』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格933円)。

初入会の方であれば2日間は無料で見る事ができます(2021年5月時点)。