北野カオリ(演:中村優子)が男と別れる方法に感心!ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 第7話』

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 第7話』では、ミナミ(演:石橋けい)が男と別れる方法に感心するので、男と上手く別れる方法について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 第7話』のキャスト

f:id:akira2013web:20210415191602p:plain

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/ikirutoka/intro/

ファミリードラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』シリーズは、4月9日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の主題歌は、OP曲が 高橋優さんの『ever since』で、ED曲がヒグチアイさんの『縁(ゆかり)』です。

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 第7話』のストーリー

蒲原トキコや東七海たちは、リスナーから「旦那が浮気をしているのですが、開き直って、酒のボトルを外まで持ち出して、ボトルを叩き割ったんです。もうこんな男とは別れたほうが良いですよね」と相談されます。

あまりのヒドサさに、蒲原トキコは「はい、別れましょう!」と即答して、女友達を集めて、大勢のいる前で旦那と別れたほうが良いですとオススメして、ラジオの仕事が終わって帰宅しました。

その後に、北野カオリやミナミたちとお酒を楽しんでいたら、ミナミが「ラジオで言ってたけど、簡単にはいかないと思う」と言われてしまいます。実は、ミナミは夫から浮気されていたのに、専業主婦なので、簡単に離婚できなかったのです。

トキコはショックを受けてしまい、落ち込みながら、北野カオリと二人で帰っていきますが、そこで「実は私。結婚している男と不倫しているんだよね」と打ち明けられてしまって「えぇ?」と再び驚いてしまいます。

友達とあまりにも価値観が違って、愕然とするトキコですが、この先も友達と上手くやっていけるのでしょうか?

『北野カオリ(演:中村優子)を感心させた男との別れかた』

蒲原トキコたちは、ラジオ番組で「皆んなの前で、男に別れを切り出しましょう。女友達を多く集めておけば、男は暴れ出す事も簡単にできないし、別れやすくなります」とアドバイスしていました。

北野カオリ(演:中村優子)は、その別れた方に感心しますが、ここで重要なポイントは以下の通りですね。

  • 男に気づかれないうちに、自分だけが住む新居を契約しておく事
  • 男に別れようと言ったら暴力を振るわれる恐れがあるので、友達を呼んだ上で、みんなの前で別れ話をする事
  • 別れた後は、自宅に戻らず新居の所に帰る事

しかし、これは女性もある程度まで収集があれば可能な話です。もしも、専業主婦の場合には難しいので、そういう場合は、可能であれば両親の協力を貰うとか、貯金を増やしたいから仕事をしたいと夫を説得させるなどの準備をしたほうが良いでしょう。

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見られます。 

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 第7話』のまとめ

蒲原トキコは、北野カオリ(演:中村優子)から「ミナミから相談されなかったのは、トキコは相談を受けたら解決したいと思って、アドバイスするじゃん?それってシンドイと思う事があるんだよ」と言われてしまいます。

これは、かなり重い一言だなぁと思ってしまいました。

ミナミは、誰かに悩みを聞いてもらいたかっただけなので、アドバイスをしてくるトキコには相談しづらかったのでしょう。

多くの女性たちは、話を聞いて欲しいだけと思う場合があるのですが、男がアドバイスしようとしたら『いや、そうじゃないんだって。今は話を聞いて欲しいんだよ。答えはいらないんだよ』と思われてしまう場合があります。

それを考えたら、相談に対する答え方は一つじゃなくて、ただ話を聞くだけというのもアリなのでしょう。

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか 第1〜7話』は、動画配信『パラピ』に入会すれば見る事ができます(2021年5月時点)。