宮永照(浜辺美波)の白糸台高校は化け物ぞろい?映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』では、宮永照(演:浜辺美波)がいる白糸台高校は頂点に君臨していましたが、その強さの秘密は化け物揃いの女子たちがいるからです。そこで、どのような所が化け物なのか紹介しましょう。

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』のキャスト

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は、に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

映画『咲-Saki-』に登場するキャラクターや俳優たちは以下の通りです。

阿知賀女子学院
  • 高鴨穏乃(演:桜田ひより)痛い失敗をしてしまう1年生
  • 新子憧(演:伊藤萌々香)高鴨穏乃と原村和の対決を心配する女子
  • 松実宥(演:渡邉幸愛)妹を心配する雀士
  • 松実玄(演:恒松祐里)高校のチャンピオンに挑む女子
  • 鷺森灼(演:中山莉子団体戦で副将を務める雀士
  • 赤土晴絵(演:南沢奈央)OGで若き生徒たちを指導する講師
清澄高校
  • 宮永咲(演:浜辺美波)清澄高校1年生で、本作の主人公
  • 片岡優希(演:廣田あいか)タコスが好物で、だじょが口癖
  • 染谷まこ(演:山田杏奈)清澄高校2年生で、染め手が得意
  • 竹井久(演:古畑星夏)清澄高校3年生で、廃部寸前の麻雀部を立て直す
  • 原村和(演:浅川梨奈)清澄高校1年生でも、凄腕の持ち主
千里山女子高校
  • 園城寺怜(演:咲良菜緒)1巡先を見通せる超能力者
  • 清水谷竜華(演:小倉優香)園城寺怜の体調を心配する仲間
  • 江口セーラ(演:水春)千里山女子高校の3年生
  • 船久保浩子(演:島崎莉乃)ひらめき浩子の異名を持つ雀士
  • 二条泉役(演:新井愛瞳千里山女子高校の一年生
新道寺女子高校
  • 鶴田姫子(演:岡崎紗絵)早上がりで、満貫キーを狙う人物
  • 白水哩役(演:高田里穂)麻雀をボウリングで観察する雀士
  • 花田煌(演:矢野優花)すばらが口癖の2年生
  • 安河内美子(演:琴海りお)他校を圧倒するほどのツワモノ
  • 江崎仁美(演:岩崎春果)新道寺女子高校の中堅
白糸台高校
  • 宮永照(演:浜辺美波)高校の麻雀界のチャンピオン
  • 大星淡(演:志田友美)本気を出して、ダブルリーチが連発する雀士
  • 弘世菫(演:日比美思)アーチェリーが好きな雀士
  • 渋谷尭深(演:RaMu)オーラスで役満であがる事が多い
  • 亦野誠子(演:岩田華怜)強気の麻雀が持ち味の雀士

主題歌

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の主題歌は、オープニングテーマが『笑顔ノ花』で、エンディングテーマが『春〜spring〜』です。

『春〜spring〜』は、Hysteric Blueの歌ですが、藍井エイルさんがカバーしたのが上の動画です。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の主題歌では、阿知賀女子学院麻雀部が歌っています。

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』のストーリー

無名の阿知賀女子学院は、なんとか奈良県の予選を勝ち進んで、幼馴染の原村和と麻雀で対戦したいと願っていました。しかし、全国へ進んでも、トーナメント表を見たら、原村和のいる清澄高校と戦うには、決勝まで進む必要がある事が判明。

奈良県代表の阿知賀女子学院は、なんとか勝ち進みますが、園城寺怜に先制の一発で、松実玄は親被りで手痛い失敗をしてしまいます。しかし、園城寺怜以上に恐ろしいのが、高校の麻雀界のチャンピオン宮永照でした。

宮永照の連チャンに3人は手も足も出せず、1巡先を予知できる園城寺怜も歯が立ちません。しかし、花田煌が次々にポンと鳴いて、何が安全牌なのか知らせていき連チャンを阻止するのです。

園城寺怜は、1巡先を読むだけでは勝てないと感じて、3巡先まで読もうとして、心身ともにボロボロになっていきます。しかし、宮永照は『松実玄はドラ切りしない』と観察していましたが、松実玄は断腸の思いで、ドラきりをしてリーチしてあがります!

阿知賀女子学院は準決勝まで進みますが、そこで白糸台高校の大星淡が本気を出してきて、次々にダブルリーチを連発して、裏ドラまで決めてしまうのです。

圧倒的な劣勢に立たされますが、阿知賀女子学院は決勝まで進んで、幼馴染と戦えるのでしょうか?

『宮永照(浜辺美波)の白糸台高校は化け物ぞろい』

www.instagram.com宮永照(演:浜辺美波)の白糸台高校が、強いのは各生徒が化け物ぞろいの特性を持っていたからです。

  • 宮永照(演:浜辺美波)チャンピオンで連チャンが得意
  • 大星淡(演:志田友美)本気を出したら、ダブルリーチを連発
  • 弘世菫(演:日比美思)狙った獲物に的を絞って、勝ちあがれる強さ
  • 渋谷尭深(演:RaMu)オーラスで、役満であがれる所

亦野誠子(演:岩田華怜)だけが、これといった特性がなかったのですが、上の4名がそれぞれ特別な能力を秘めた化け物ぞろいだったので、他校を圧倒する事ができました。 

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』と前作を比較

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』では、浜辺美波さんが主役の高校から恐れられるラスボスを演じていますが、前作『咲-Saki-』では、主人公を演じています。

前作では、繊細で右往左往するような麻雀を打ってしまう所がありますが、今作では圧倒的に強い麻雀で連チャンをして、その違いは歴然です。

2つの作品を見てみたら、その違いがよく分かるので、浜辺美波さんや麻雀が好きな方は前作を見ておく事もオススメします。

www.akira-movies-drama.com

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』のまとめ

前作では、浜辺美波さんが主役を演じていたのに、まさか今作ではラスボスを演じるとは予想外でした。

阿知賀女子学院の女子たちが、先生が叶えられなかった全国制覇と、幼馴染の対戦を目標にしますが、その真っ直ぐさが良かったですね。

今作も前作同様に、TVゲームみたいなBGMが流れて良かったです。全体的にアイドル映画っぽい感じはあります。しかし、少女漫画のような華やかさと、中年男性が好む麻雀のギャップが、良い味を出していますね。

個人的には、浜辺美波さんの白糸台高校をついつい応援してしまいました(苦笑)。

そのため、阿知賀女子学院が準決勝で白糸台高校より優勢に立った時には『コンニャロ』と思ってしまいましたね。

個人的には、ヒスブルの『春〜spring〜』が主題歌として採用されていたのは嬉しかったですね。若い頃は、よく聴いていた歌だったのですが、メンバーの一人が犯罪を行ってしまって、バンドが再起不能になったのが痛かったですね。

一番痛い思いをしたのは、犯罪にあってしまった被害者ですが、ヒスブルの歌が好きな自分としては『なんてバカな事をしたんだ』と悔しい思いをしたものです。

映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は、動画配信『Paravi』に入会すれば見る事ができます(2021年5月時点)。