アナが呪われた髪の毛に殺害されない方法!映画『バッド・ヘアー』

映画『バッド・ヘアー』では、アナが呪われた髪の毛を植毛したら、髪の毛に殺されそうになるので、そのような状態でも殺害されない方法を解説しましょう。

映画『バッド・ヘアー』のキャスト

アメリカ合衆国のホラー映画『バッド・ヘアー』は、日本では2021年2月12日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • アナ:サラサラのストレートヘアに憧れる黒人女性
  • エドナ:黒人主体の番組を立ち上げようとする人物
  • ジュリアス:アナを振ってしまう黒人男性
  • ゾラ:ジュリアスの新しい恋人相手
  • シスタ:アナの仕事仲間の女性

映画『バッド・ヘアー』のストーリー

アナは、幼い時に家族に髪の毛をセットしてもらったら、失敗してしまって頭皮が大きく傷ついてしまいました。

大人になり、アナはTV局で活躍したいと思っても、面接で「ここでは外見が重視されている。そのチリチリした髪の毛を変えてみない?」と勧められてしまうのです。

アナは、思い切って美容院へ足を運んで、頭皮のストレートの髪の毛を植毛していきますが、激痛が走ってしまって、いつの間にか気絶していました。

気がついたら、以前までチリチリだった髪の毛がストレートになっていて、その代わり映えに感動します。ところが、その髪の毛は自分の肌に刺さってしまい、少しだけ血が流れてしまいますが『こんな事もあるか』とあまり気にしていませんでした。

しかし、アパートの管理人の男が部屋に入ってきて、レイプしようとしたら、埋め込まれた髪の毛が男の腕に巻きついていき、何と男は命を落としてしまうのです。

それからも、アナは元カレと体を交えようとしたら、髪の毛が伸びていき、男をしめつけていき、人格が変わって割れたワイングラスで何度も刺し続けてしまいました!

あまりにも、恐ろしくなってしまったので、呪われた髪の毛が書かれている本を知ろうとして、家族に本を読んでもらいます。そうしたら、呪われた髪の毛が、人間の血を吸い取って、乗っ取ろうとする事が判明します。

ところが、アナだけではなく、同じお店を利用していた同僚も髪の毛に悩まされていた事が分かります。同僚は髪の毛を切ろうとしたら、逆に髪の毛に締め付けられて、首吊りの状態で命を落としてしまいました。

はたして、アナは、この化け物のような髪の毛に打ち勝つ事ができるのでしょうか?

『アナが呪われた髪の毛に殺害されない方法』

アナが植毛した呪いの髪の毛は、切ろうとしたら締め付けられて殺害されてしまうので、ここは思い切って切ろうとしたり、抜いたりしないほうが良いでしょう。

そして、男と深い関係に落ちそうになった人物を次々に殺害したので、このあたりは呪いの髪の毛の誕生が大きく関係している可能性があります。

実際に、呪いの髪の毛は、黒人女性が大きく関わっていたので、ここは男性と深い関係におちないほうが良いでしょう。髪の毛は血を吸い取って人間を乗っ取ろうとするので、下手に男たちを殺害させていけば、そのうち自分も乗っ取られてしまいます。

そのような事を考えたら、アナが呪いの髪の毛から殺害されない方法としては、髪の毛を切ろうとしないで、男と深い関係に落ちない事が重要です。

映画『バッド・ヘアー』と他の作品を比較

映画『バッド・ヘアー』は、埋め込まれた髪の毛が生き物のように動き出してしまって、アナを苦しめてしまいます。

このような映画は少ないのですが『貞子3D2』では鮎川茜(演:石原さとみ)が、ほぼ怨霊のような貞子を封じ込めるために、長い間に渡って気を失っていました。

その間も髪の毛は伸び続けてしまって、異様なほどの長さになっていたのです。貞子は、ジャパニーズホラーの代名詞とも言えるほどの作品なので、ホラー映画が好きな方にはオススメの作品です。

www.akira-movies-drama.com

映画『バッド・ヘアー』のまとめ

バッド・ヘアーでは、呪いの髪の毛を植毛してしまって、恐ろしい目にあってしまいますが、考えただけでも恐ろしい設定ですね。

日本でも、呪いの人形の髪の毛が伸びていく事がありますが、そのような髪の毛を植毛してしまった後など、考えるだけでも身震いしてしまいます。

女性にとって髪の毛は命ですが、このようなストーリーを見てしまったら、どんな髪の毛でも植毛なんかしなくて良いと思ってしまいますね。

しかし、私もクセ毛なので、髪の毛をストレートにしたいと思うアナの気持ちは痛いほどよく分かります。それでも、美容はほどほどにしたほうが良さそうです(苦笑)。

映画『バッド・ヘアー』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2021年5月時点)。