山内桜良(演:浜辺美波)が君の膵臓を食べたかった理由!映画『君の膵臓をたべたい』

映画『君の膵臓をたべたい』では、山内桜良(演:浜辺美波)が君の膵臓を食べたいと言ってしまうので、その理由について紹介しましょう。

映画『君の膵臓をたべたい』のキャスト

映画『君の膵臓をたべたい』は、2017年7月28日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 山内桜良(演:浜辺美波膵臓を食べたがる女子
  • 志賀春樹(演:小栗旬)12年前の過去にとらわれる教師
  • 志賀春樹-少年期(演:北村匠海)人気者の女子の気持ちを知ってしまう男子
  • 滝本恭子(演:北川景子)志賀春樹の親友になる女子
  • 滝本恭子-少女期(演:大友花恋)山内桜良の親友
  • 隆弘(演:桜田通)山内桜良の元カレ
  • 桜良の母(演:長野里美)山内桜良の母親で性格が優しい
  • 宮田一晴(演:上地雄輔)滝本恭子と結婚しようとする女性
  • 宮田一晴-少年期(演:矢本悠馬)何度もガムをくれようとする男子

主題歌

映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌は、Mr.Childrenの『himawari』です。

映画『君の膵臓をたべたい』のストーリー

志賀春樹は子供の時に学んでいた学校で教師となり、働いていましたが、図書館の本を整理するように頼まれてしまって『マジか』と思ってしまいます。

しぶしぶ、図書館で整理をしていたら、学生時代の甘酸っぱい思い出が蘇ってきました。

かつて、学生の頃に、床に落ちていた本を読んでみたら、クラスの人気者の山内桜良が、膵臓の病気を患っていて、もう少しで死ぬ事が書かれていたのです。

唖然とする志賀春樹ですが、山内桜良は「昔の人ってさ、自分の体の悪い部分を食べたら、病気が治るって信じられていたんだよ。だから、私は君の膵臓が食べたいな」と言ってくるので「なんだよ、それ」と戸惑ってしまいます。

山内桜良は、それから図書委員になり、地味の男子と思われていた志賀春樹と仲良く接しようとするので、周りの生徒たちは『どういう事だ』と唖然としてしまいます。

その中でも、山内桜良の親友の滝本恭子は『なんで、あんな奴が桜良と仲良くすんのよ』と憤ってしまうのです。

山内桜良は、体調が悪くなっていき入院してしまうので、心配してしまいますが「早く退院して、また君と旅行したかったな」と言うので「なんで、もう退院できないような事を言うんだよ」と、ますます心配してしまいます。

しかし、山内桜良は退院できたので、二人は一緒に旅行を楽しもうとします。二人は残り少ない時間を楽しもうとしていましたが、なぜか山内桜良は志賀春樹の前に現れる事はありませんでした。

はたして、山内桜良の身に何があったというのでしょうか?

『山内桜良(演:浜辺美波)が君の膵臓を食べたかった理由』

山内桜良(演:浜辺美波)が、君の膵臓を食べたかったのは、自分の体の悪い部分をたべたら、そこの病気が治ると言われていたからです。

膵臓の病気を患っていたので、それが治れば、生きる事ができます。

しかし、本当に病気が治るためだけに膵臓が食べたいと言った訳ではありませんでした。自分の秘密を知ったのに、普通の顔をしてくれた志賀春樹の事が気になるようになったから、志賀春樹に振り向いて欲しかったのです。

それで、思わず「君の膵臓が食べたい」と言ったのであり、最大の目的が食べる事ではなくて、気になっていた男子と一緒にいたかったのでしょう。

映画『君の膵臓をたべたい』と他の作品を比較

映画『君の膵臓をたべたい』では、山内桜良(演:浜辺美波)が余命いくばくもない中で、地味な男子 志賀春樹(演:北村匠海)に近づこうとします。

最初は、志賀春樹は嫌がっていましたが、次第に山内桜良に惹かれていきますが、好きになれば好きになるほど、苦しい思いばかりが募っていきます。

今作と同じぐらいに切ないラブストーリーの映画で『8年越しの花嫁 奇跡の実話』というものもあって、結婚を約束していた女性が8年も意識を失ってしまうのです。

中原尚志(演:佐藤健)は、周りから反対されながらも、8年ものが間に渡って、花嫁が意識を取り戻す日が来る事を待ち望みます。

二つの作品とも、泣けるストーリーになっているので、感動できるラブストーリーの映画を見たい方には、どちらとも見てみる事をオススメします。

www.akira-movies-drama.com

映画『君の膵臓をたべたい』のまとめ

宮田一晴役の矢本悠馬さんが、かなり良い奴の役をしていて、驚きましたね。ドラマ『賭けグルイ』では、かなり悪どい役をやっていたので、そのギャップには凄い衝撃を覚えてしまいました。

以前から『君の膵臓をたべたい』というのは、衝撃的なタイトルだったので、いつかは見てみたいと思っていました。

今まで、浜辺美波さん出演の映画はいくつも見てきましたが、この作品ほど浜辺美波さんの良さが現れているのはないなと思う内容でしたね。綺麗で可愛らしいのに、どこかイタズラっぽい所があり、それは賭ケグルイに負けないほどの魅力がありました。

ラストシーンの「春樹は嫌がるかもしれないけど、やっぱり私は君の膵臓を食べたい」というのは、グロテスクに聞こえるハズなのに、浜辺美波さんが言うと甘酸っぱい感じに聞こえるので不思議な映画です。

やはり、他の女優を圧倒するほどのピュアな感じがあるので、そう聞こえるのかもしれません。

映画『君の膵臓をたべたい』は、動画配信『U-NEXT』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格1990円)。

初入会の方であれば31日間は無料で見る事ができます(2021年5月時点)。