リカの恐ろしいDNAを受け継いだのは結花(山口まゆ)!ドラマ『リカ〜リバース〜 第3話』

ドラマ『リカ〜リバース〜 第3話(最終話)』では、リカの恐ろしいDNAを強く受け継いだのは、長女ではなく次女の結花(演:山口まゆ)だった事が判明するので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『リカ 第3話』のキャスト

f:id:akira2013web:20210522204533j:plain

出典:リカ~リバース~ - フジテレビ

サスペンスドラマ『リカ』は、2019年10月5日〜2019年11月30日の間に放送されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

ドラマ『リカ〜リバース〜 第3話』のストーリー

雨宮麗美は、家庭教師の宗像忍が自分に想いがあるハズと勘違いをしてしまって、強引にキスをしてしまいます。そこへ梨花たち娘もやってきて、自分の好きな家庭教師が母親とキスしている事が分かって、衝撃を受けてしまうのです。

梨花は「何をしているの!」と感情的になってしまいますが「なにって、私は先生と付き合っているのよ」と言い合いをしてしまって、宗像忍は「ちょっと待って下さい」と焦ってしまうのです。

宗像忍は『自分には、そんな気がない』と思いながら「実は、自分は海外留学するので、来月いっぱいで家庭教師を辞めようと思っているんです」と一方的に言い放って立ち去っていきます。

梨花たちは「あの裏切り者」と宗像忍を罵りますが、そこで麗美は「この人は誠実じゃなかった」と宗像忍の写真を燃やしてしまいます。

そして、宗像忍が住んでいたアパートで火災が起きてしまって、なんと遺体となって発見されてしまったのです。

花村幸子は、麗美が次々と殺人事件を犯してきたのかと疑います。そんな時に、結花は何と!姉を殺害してしまったのです!はたして、雨宮親娘はどうなってしまうのでしょうか?

『リカの恐ろしいDNAを継いだのは雨宮結花(演:山口まゆ)

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 山口まゆ (@yamayu_official)

www.instagram.comリカは恋愛モンスターとして恐れられた女性であり、今まで誠実ではない男たちと次々に殺害していきました。そのため、今回も多くの人物を殺害してきたのは、リカと思われていました。

それは、遠からず当たっている所がありましたが、そのリカの恐ろしいDNAを受け継いだのは長女の梨花と思われていました。

しかし、その恐ろしいDNAを強く受け継いだのは次女の結花のほうであり、自分を愛してくれなかった人間たちや、愛情を独り占めしてきた人物たちを次々に殺害していったのです。

ついには、姉すら刺し殺してしまい、母親のリカや家政婦の花村幸子さえも殺害しようとするのです。

可愛らしい顔立ちをしていましたが、その裏側には恐ろしい魔物が潜んでいました。まさしく彼女こそが、リカの恐ろしいDNAを強く受け継いだ女性と言えるでしょう。

ドラマ『リカ〜リバース〜 第3話』のまとめ

今回もリカが殺人事件を起こしてきたんだろうなぁと思っていたら、まさかの人物の犯行と分かり『これは意表を突かれてしまったなぁ』とうならされました。

それにしても、山口まゆさんの冷たい微笑みがサイコパスな感じがして良かったですね。しかも、純白の衣装が血で赤く染まっている姿は、何やら美しさすら感じてしまいましたが、それは山口まゆさんが演じていればこそですね。

ドラマ『リカ 第1〜8話(最終話)』と『リカ〜リバース〜 第1〜3話』は、動画配信『FODプレミアム』に入会すれば見る事ができます(2021年5月時点)。

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】