50万人が一夜にして消えてレイラたち5人だけ残った理由!映画『アローン』

映画『アローン』では、50万人が一夜にして消えてしまって、レイラたち5人だけ残ってしまったので、なぜ、このような奇怪な事が起きたのか紹介しましょう。

映画『アローン』のキャスト

フランスのホラー映画『アローン』は、2017年に制作されました。

この映画は、動画配信『hulu』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格933円)。初入会の方であれば14日間は無料で見る事ができます(2021年5月時点)。

監督&脚本&原作

  • 監督:ダビッド・モロー
  • 製作:アベル・ナミアス
  • 脚本:ダビッド・モロー 

女優&男優

  • レイラ:家族の思いの黒人女性
  • テリー:レイラと知り合う白人の少年
  • カミーユ:メガネをかけていて、性格は大人しい白人の女性
  • イヴァン:裕福な家庭で育った白人の男性
  • ドジ:レイラたちに助けられる黒人男性

映画『アローン』のストーリー

レイラは、学校で身内の事をバカにしている女子を見かけてしまい、顔面を何回も殴りつけてしまいますが、あえて先生にはなぜ殴ったのか言おうとしませんでした。

ムシャクシャする中で、家に帰り眠りについて、翌日になったら、家の中にも街中でも人の姿が全くなかったのです。『これはどういう事?』と焦っていたら、ようやくテリー・カミーユたちと出会います。

レイラたちは、街中で人がいないか探していたら、あるビルで『SOS』が点灯されていたので、入ってみると、助けを求めていたイヴァンと知り合うのです。

イヴァンと一緒に協力して、さらに人々がいないか探していたら、トンネルで重症に陥っていたドジを救い出します。

5人が協力して『なぜ人々が一夜にしていなくなったのか』調べようとしたら、街の外れに大きな火災が起きている事を突き止めるのです。しかも、その黒煙は大規模なものであり、喉が焼けるほどの痛みを感じてしまうほどでした。

しかし、何度も無線で連絡を取ろうとしたら、ようやく外部と連絡がつながり「市民すべては抜け出したハズだが?それではこれから救援にいくので、明日まで待っていろ」と言われて、5人はようやく安心します。

ところが、レイラたちは、ついに衝撃の事実を突き止めてしまいます。実は、レイラたちは火災事故に巻き込まれて死んでいたのです!はたして、彼女たちがいるのは、霊界なのでしょうか?

『50万人が一夜にして消えてレイラたち5人だけ残った理由』

レイラたちが住んでいる街は、人口50万人もいる大都市でした。

それが、一夜にして人々がいなくなってしまって、 レイラたち5人だけが残っていたのは、あまりにも不自然でした。

仲間たちは「ウイルスか何か?もしくは核兵器か」と動揺してしまいますが、レイラは衝撃的な張り紙を見てしまいます。

それは、自分たちだけが火災事故に巻き込まれてしまって、命を落としてしまったという事実です。おそらくは、火災事故に巻き込まれた5人だけが、現実とはかけ離れた世界に行ってしまったのでしょう。

意外と、霊界は現実世界とあまり変わらないと主張する霊能者もいるので、この映画はリアリティのある作品と言えるかもしれません。

映画『アローン』と他の作品を比較

映画『アローン』では、レイラたちが霊界らしき世界へ迷い込んでしまいますが、このような映画は、意外と多くあります。

実際に、映画『霊界の扉 ストリートビュー』では、インターネットでストリートビューを見ていたら、霊界を覗き込んでしまって、次第に恐ろしい体験をしていくのです。

ストリートビューは、目的地を調べる際には便利な機能ですが、この映画を見たら、この便利な機能を使うのが恐ろしくなるかもしれません。

映画『アローン』のまとめ

アローンでは、なぜ5人だけが残って、他の人々たちが忽然といなくなってしまうのか?興味津々になってしまうストーリーでしたが、まさか5人が実は亡くなっていたとは驚きでした。

しかし、行方不明者になっていた人間が途中で現れるので、霊界か?もしくは特別な異次元なのかもしれませんね。

ホラー映画ではありますが、それほど怖い演出はないので、スリラー寄りの映画と言えます。 

映画『アローン』は、動画配信『hulu』に入会すれば見る事ができます(月額は税別価格933円)。

初入会の方であれば14日間は無料で見る事ができます(2021年5月時点)。