愛国心のない櫂直(菅田将暉)が日本を救おうとした意外な理由!映画『アルキメデスの大戦』

映画『アルキメデスの大戦』では、愛国心のない櫂直(演:菅田将暉)が、なぜか大日本帝国を救おうとするので、その意外な理由について紹介しましょう。

映画『アルキメデスの大戦』のキャスト

映画『アルキメデスの大戦』は、2019年7月26日に上映されました。

この映画は、動画配信『Amazonプライム・ビデオ』に入会すれば見る事ができます(月額は500円)。

監督&脚本&原作

女優&男優

映画『アルキメデスの大戦』のストーリー

1933年、大日本帝国は、欧米列強と対立を深めていて、密かに世界最大級の巨大戦艦を建造しようと目論んでいました。いわゆる『平山案』です。

山本五十六は「そのような戦艦を建造されては、野心を抱き、大日本帝国よりも遥かに国力が強大なアメリカ合衆国戦争しようとする』と危機感を抱きました。

平山案では、巨大な戦艦を製造するための費用が異様に安かったので、山本五十六たちは戦艦の製造費が虚偽である事を判明させようとします。

しかし、戦艦を建造するべきか決める会議まで、2週間しかなかったので、虚偽を判明させる方法を模索していました。そんな時に、100年に1人と言われる数学の天才 櫂直と出会います。

山本五十六は「この国を戦争の道へ突き進ませないためにも、平山案が虚偽である事を、あと2週間で証明してくれ」と頼み込みます。

櫂直は軍人が嫌いだったので、断ろうとしますが、戦争の道へ突き進ませないために、田中正二郎と共に平山案で製造されようとしている戦艦の正しい費用を計算しようとするのです。

しかし、平山忠道や嶋田繁太郎たちは、何がなんでも巨大戦艦を製造しようとして、様々な工作をしかけてきます。はたして、櫂直は2週間以内に戦艦大和の正しい製造費を出す事ができるのでしょうか?

愛国心のない櫂直(菅田将暉)が日本を救おうとした意外な理由』

愛国心のない櫂直(菅田将暉)が、愛していたのは数学だけでした。数学が好きな彼が軍人を憎悪していたのは、国家予算の4割も軍事費に充てるというバランスの悪い事をしようとしていたからです。

そのため、軍人である山本五十六の頼みなど聞く訳もなく、何度も断ってしまいます。

しかし、山本五十六が「このままでは、巨大戦艦を作って増長した者たちが、アメリカ合衆国と戦争しようとする」と言ったら、なぜか平山案をつぶそうと懸命になるのです。

彼自身が、なぜ自分はここまでの事をするのだろうか?と分からなくなってしまいましたが、それは数学が関係していたハズです。

櫂直自身が「大日本帝国アメリカ合衆国に勝てる訳がない。工業力は50対1だ。石油生産量は120対1」と言っていました。

そんな圧倒的な戦力差のある国と戦うというのは、これほどバランスが悪い話はないでしょう。それは、数学を愛し、バランスを重視する櫂直にとって見過ごせなかったハズです。

そのため、渡米して数学を勉強したがっていた櫂直が、大日本帝国の軍人たちが増長しないために、平山案を潰そうと奔走した本当の理由でしょう。 

映画『アルキメデスの大戦』と他の作品を比較

アルキメデスの大戦では、櫂直が懸命になって戦艦大和を建造できないように奔走しますが、それとは逆に『男たちのYAMATO』では3000人以上が乗った戦艦大和で命をかけようとします。

日本の滅びの美学に近いものが結集されていましたが、国家が滅んだらどうなるのか?それは日本人が嫌という程、痛感する事になります。

決して、美しいだの潔いだのと言ってられる事ではなくて、最も守らなくてはいけないのが国家です。国家が滅びようとしたら、国民は地獄の苦しみを味わう事になります。

それは、男たちのYAMATOを見れば分かる事であり、それに引き換えアルキメデスの大戦では滅びの道へ突き進む前で終わっているので、その違いを見比べてみるのも悪くはないでしょう。

映画『アルキメデスの大戦』のまとめと見所

アルキメデスの大戦では、櫂直(演:菅田将暉)が色々なものを測ろうとして、それは戦艦だけではなくて、令嬢の尾崎鏡子(演:浜辺美波)の顔立ちも測ろうとします。

そんな上官の異様な行動に不思議がってしまう部下に対して「君はこの戦艦を見て測りたいと思わないのか?」と言ってしまい「いえ、全く」と言われると「変わっているな」と理解できない姿は面白くて仕方ありませんでした。

いやいや、そんなの測りたいと思わないってと突っ込みたくなる映画でしたが、やはり今作を見ていたら、菅田将暉さんが色々な作品に出演するのがよく分かります。

怒りの表情から、困惑する表情まで、その演技の幅の広さには舌をまいてしまうほどです。あの若さで、これほど演技力が高いとは末恐ろしい俳優さんです。

映画『アルキメデスの大戦』は、動画配信『Amazonプライム・ビデオ』に入会すれば見る事ができます(月額は500円)。