明智恭介を襲うゾンビを発生させた張本人を考察!映画『屍人荘の殺人』

映画『屍人荘の殺人』では、明智恭介(演:中村倫也)たちがゾンビに襲われてしまうので、誰がゾンビを発生させたのか考察してみたので参考にしてみて下さい。

映画『屍人荘の殺人』のキャスト

映画『屍人荘の殺人』は、2019年12月13日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:木村ひさし
  • 脚本:蒔田光治
  • 原作:今村昌弘 

女優&男優

  • 葉村譲(演:神木隆之介)推理が苦手な青年
  • 明智恭介(演:中村倫也)自信過剰な探偵
  • 剣崎比留子(演:浜辺美波)学生なのに推理力が高い女子
  • 進藤歩(演:葉山奨之)恋人と一緒にロックフェイスに参加する男性
  • 星川麗花(演:福本莉子)進藤歩の恋人
  • 秋山(演:坂口涼太郎明智たちを騙してしまう生徒
  • 重本充(演:矢本悠馬)七宮兼光にこきつかわれる青年
  • 七宮兼光(演:柄本時生)金持ちだが女好きで性格が悪い
  • 立浪波流也(演:古川雄輝)七宮兼光の友人
  • 名張純江(演:佐久間由衣
  • 静原美冬(演:山田杏奈)
  • 下松孝子(演:大関れいか)七宮兼光を狙う就活生
  • 出目飛雄(演:塚地武雅)館に逃げ込む男性
  • 高木凛(演:ふせえり)館に逃げ込む年配の女性
  • 管野唯人(演:池田鉄洋)館で働く執事

主題歌

映画『屍人荘の殺人』の主題歌は、Perfumeの『再生』です。 

映画『屍人荘の殺人』のストーリー

明智恭介や葉村譲たちは、校内の盗難事件を推理をしていましたが、ロクに当てる事もできず大恥をかいてしまいます。ところが、二人よりも鋭い推理で周りを静まりかえらせた天才少女が現れます。その少女の名は、剣崎比留子。

剣崎比留子は「ロックフェイス会へ招待したいと思いまして。実はロックフェイス会に脅迫状が届いたのです。去年は1名行方不明になっているし、お二人に参加して欲しいんです」と頼んでくるので、明智たちも参加する事になりました。

ロックフェイス会では、OBの七宮兼光や立浪波流也たちの女グセの悪さがひどくて、周りの女子たちからヒンシュクを買っていました。

そんな時に、七宮兼光たちは落ちていたスマホを見つけ出したので、落とし主の静原美冬に「自分たちが経営しているペンションへ泊まっていかない?」と声をかけます。

ところが、ロックフェイスの会場ではゾンビが現れ始めて、次々に犠牲者が増えていきました。参加者たちは屍人荘のペンションに逃げ込みますが、ゾンビたちは入り口まで迫ってきたのです。

参加者たちは入り口を封鎖して、ゾンビが入ってこないようにしたのに、なぜかペンションに避難していた仲間たちが次々に殺害されていきました。

剣崎比留子は、なぜ、このような奇怪な事が起きたのか推理を始めますが、どうなっているのでしょうか?

明智恭介を襲うゾンビを発生させた張本人』

屍人荘でゾンビにされていく人間は、ある人間の復讐が関係していました。

しかし、それではロックフェイスでゾンビにさせた人物が誰なのか?それが重要になっていきます。

私は、その張本人は剣崎比留子(演:浜辺美波だと思います。

なぜなら、剣崎比留子が明智恭介たちをロックフェイスに誘った理由が、明智恭介から葉村譲を奪いたかったからです。

そうなれば、剣崎比留子にとっては明智恭介が邪魔だったハズなので、ロックフェイスに参加させてゾンビに明智恭介を始末させたかったのでしょう。

少し恐ろしい計画であり、多くの無関係者たちをゾンビにさせてしまいますが、剣崎比留子は、目的達成たのめには手段を選ばない美少女という事になりますね。

映画『屍人荘の殺人』と他の作品を比較

ロックフェイスで次々にゾンビになっていき、仲間が殺害されていきますが、その作品によく似ているのが、ドラマ『君と世界が終わる日に』です。

このドラマでは、ある日を境に大勢の人々がゾンビになってしまって、間宮響(演:竹内涼真)が大事な仲間たちをゾンビから助けようとします。

しかし、敵はゾンビだけではなく、自分だけがゾンビから助かりたいという人間も現れて、悪戦苦闘していくのです。その緊迫感のあるストーリーは、見ている者をゾクゾクとさせるものがあるので、アクションドラマが好きな方にはオススメの作品です。

www.akira-movies-drama.com

映画『屍人荘の殺人』のまとめ

屍人荘の殺人では、葉村譲(演:神木隆之介)と明智恭介(演:中村倫也)のデコビココンビが面白かったのですが、ラストシーンの復讐劇は分かりそうなパターンで少し興ざめでしたね。

それでも、ラストシーンでは剣崎比留子の恐ろしい一面が現れたので、そこは意外性があって良かったです。

ただし、ミステリードラマだと思っていたのに、ゾンビの襲来ばかりに焦点が当てられていたので、そこは少し予想した映画と違いましたね。