葉菜役の山本千尋について詳しく紹介!ドラマ『着飾る恋には理由があって 第8話』

ドラマ『着飾る恋には理由があって 第8話』で、オーナーの娘 葉菜役を演じていた山本千尋さんについて、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

ドラマ『着飾る恋には理由があって 第8話』のキャスト

f:id:akira2013web:20210421080932p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/kikazarukoi_tbs/

ドラマ『着飾る恋には理由があって』シリーズは、2021年4月20日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 真柴くるみ(演:川口春奈SNSに力を入れる広報の社員
  • 藤野駿(演:横浜流星)キッチンカー『バル』の料理人
  • 真柴すみれ(演:工藤夕貴)真柴くるみの母親
  • 早乙女香子(演:夏川結衣)人気フードスタイリスト
  • 寺井陽人(演:丸山隆平)オンラインで相談を請け負うカウンセラー
  • 羽瀬彩夏(演:中村アン)アーティストを夢見る女性
  • 葉山祥吾(演:向井理)会社を立ち上げた社長
  • 細貝雄一(演:赤ペン瀧)葉山と共に会社を立ち上げた社長
  • 松下宏太郎(演:飯尾和樹)広報課の課長
  • 茅野七海(演:山下美月)広報課の後輩
  • 秋葉亮(演:高橋文哉)広報課の新入社員
  • 桂木裕子(演:木本夕貴)社長秘書
  • 葉菜(山本千尋)『オルテンシア』のオーナーの娘

主題歌

ドラマ『着飾る恋には理由があって』の主題歌は、星野源さんの『不思議』です。

ドラマ『着飾る恋には理由があって 第8話』のストーリー

藤野駿は、いつものように移動式のお店を経営しようとしたら、そこに葉菜が「今まで何をしていたの?」と現れて驚いてしまうのです。

葉菜は、藤野駿が以前まで経営していたお店で一緒に働いていた人物だったので、動揺してしまいます。「本当は、あなたにだけは、こんな事は頼みたくなかったんだけど、今はウチのお店が大変なの。お願いだから手伝って、あなたには来る義務がある」。

半ば脅迫じみた言葉でしたが、途中でお店を経営する事が怖くなり、藤野駿は何も言わずに何もかも投げ捨ててしまったので、葉菜のお店へ行く事になります。

しかし、葉菜の父親は「今更、何をしにきたんだ?帰れ!」と外へ出るように突き飛ばしますが「お願いです、手伝わせて下さい。以前、言ってくれましたよね。お前の腕に惚れたって」と頭を下げ続けます。

葉菜の父親は「なんでもすんだな?」とテストを行う事になりますが、それはかなりハードスケジュールのモノでした。しかし、藤野駿は見事に合格して、お店で料理の腕をふるう事になります。

しかし、真柴くるみは、藤野駿と葉菜が一緒に仕事をする姿を見て、内心あせってしまうのです。そんな時に、真柴くるみは初デートをした日に、一緒に藤野駿とデートをする事になりますが、そんな二人の動きに、葉山祥吾も戸惑ってしまいます。

多くの男女の心が、糸のようにからまっていきますが、恋の行方はどうなってしまうのでしょうか?

『葉菜役の山本千尋のプロフィールを紹介』

オーナーの娘 葉菜役を演じていた山本千尋さんは、映画『下忍 青い影』に出演していて、その鋭い眼光で睨みつける迫力は、女優としての名声を高めました。

その迫力はいったい、どこから来るのかと言えば、実は少女時代に『武術太極拳』を習っていた事が関係しているからです。

小さい頃から、香港のアクション映画に憧れていて、武芸を習っていたので、今後は日本のアクション映画に多く出演するかもしれません。

キングダム実写特別動画でも、その優れた身体能力を発揮して、見事な剣舞を披露していました。その美しい美貌と、高い運動能力を持ってすれば、今後も知名度は上がり続けるでしょう。

山本千尋のプロフィール

ドラマ『着飾る恋には理由があって』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『着飾る恋には理由があって』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識見所などを見られます。

ドラマ『着飾る恋には理由があって 第8話』のまとめ

第8話では、葉菜(山本千尋)が現れた事によって、藤野駿と真柴くるみの間にすきま風が吹き始めてしまいましたね。

葉山祥吾が、その隙をついていく訳ですが、こんな事をするなら、最初から無断で彼女のそばを離れなければ良いのにと思ってしまいました。

次回では、藤野駿と真柴くるみの関係がどうなっていくのか、興味津々ですが、やっぱり最終的には藤野駿と真柴くるみが付き合うのかなと思ってしまいます。

ドラマ『着飾る恋には理由があって 第1〜8話』は、動画配信『Paravi』に入会すれば見る事ができます(2021年6月時点)。