清田俊介が連続殺人犯の両角を早く捕まえる方法があった!映画『キャラクター』

映画『キャラクター』では、清田俊介(演:小栗旬)が連続殺人犯の両角によって命を落としますが、実は早期に両角を逮捕できる方法があったので、詳しく紹介しましょう。

映画『キャラクター』のキャスト

日本のサスペンス映画『キャラクター』は、2021年6月11日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

主題歌

映画『キャラクター』の主題歌は、ずっと真夜中でいいのに。とRin音の『Character』です。

映画『キャラクター』のストーリー

漫画編集者の大村誠は山城圭吾に「君は画力は高いんだけどね、キュラクターがないんだよね。凶悪犯を見た事はなかったとしても、悪い奴をリアルに描けないとサスペンスの漫画はヒットしないよ」と言われてしまうのです。

山城圭吾は「もう漫画を描くのは辞めるよ」と恋人の川瀬夏美に打ち明けて、漫画のアシスタントのアルバイトも終わる所でした。

しかし、漫画家の頼みで、幸せそうな家族が住んでいる家をスケッチする事になり、真夜中にも関わらずスケッチしようとしたら、偶然にも4人家族を惨殺した犯人 両角の顔を見てしまったのです。

第一発見者として、清田俊介刑事から「犯人の顔とか見ていない?」と聞かれますが「いえ、何も見ていません」と嘘をついてしまいます。

山城圭吾は、惨殺された家族や凶悪犯をモデルに漫画を制作していったら、その漫画は大ヒットしました。しかし、彼の描いた内容とソックリの事件が山中でも起きてしまったので、清田俊介は『アイツはやっぱり何かを知っている』と疑い始めます。

その一方で、両角は山城圭吾に接近して「僕の事を描いてくれてありがとうございます。これからは僕たち二人で共同作業して、作品を作りませんか?」と言ってきたのです!

山城圭吾は、刑事に黙っていた事を強く後悔して、清田俊介刑事に全てを打ち明けます。ところが、清田俊介刑事は何者かに惨殺されてしまったのです。

はたして、両角の暴走を止める事ができるのでしょうか?

『清田俊介が連続殺人犯の両角を早く捕まえる方法』

清田俊介(演:小栗旬)は、夜中まで単独捜査をして、犯人を捕まえようとしたら、陸橋にいた両角から「惜しかったのにねぇ」と言われて『アイツ!』と思ってしまいます。

しかし、背後に気配を感じて振り返ったら、両角の指示に従う男からナイフで滅多刺しにされてしまいました。

一見すると、清田俊介が両角を早く捕まえる事は無理だったかに見えますが、実はそうではありません。

両角は、山城圭吾の漫画の通りに犯行を重ねるようになっていたので、ここは山城圭吾に指定した場所で殺人事件の漫画を描いてもらって、そこに刑事たちを待機させれば良かったのです。

この方法は、ラストシーンで山城圭吾が考えた方法でしたが、この時はあまり幸せではない家族を使おうとしたので「その家族は、本当は幸せな家族ではないでしょう?」と連絡されて、失敗に終わりました。

そこで、本当に幸せそうな家族をモデルに描いておけば、両角をおびき寄せて早期逮捕も十分に可能だったハズです。

映画『キャラクター』と他の作品を比較

映画『キャラクター』では、売れない漫画家が禁断の果実にかぶりつこうとして、連続殺人犯の犯行が続いてしまいました。

この作品と共通点が多いものとして『小説の神様があります。

小説の神様では、凄い才能がありながら売れなかった作家 千谷一也(演:佐藤大樹)が、ふてくされるようになって売れっ子作家の小余綾詩凪(演:橋本環奈)から強烈なビンタをかまされてしまうのです。

どちらとも、売れない事から人格が崩壊していきますが、途中で良心をとりもどして現実と向き合おうとするので、その葛藤や努力は見る者を惹きつけます。

www.akira-movies-drama.com

映画『キャラクター』のまとめ

f:id:akira2013web:20210611173829p:plain

出典:https://character-movie.jp/sp/news.html

山城圭吾(演:菅田将暉)は、画力があっても、性格が良いので、リアリティーのある悪人を描く事ができませんでした。これが原因となって、漫画が売れずに、しだいに心の中に黒い魔手が伸びつつあったのです。

そのほんの隙をつくかのように、凶悪犯を見てしまったので『こいつは、俺のキャラクターにしたい。だから刑事さんには言えない』と思ったのでしょう。

なぜなら、それを認める事は、結局のところ、自分の漫画家としての限界を自白する事に等しかったからです。あくまでも、見た事がない凶悪犯をリアルに描いてこそ、漫画家としての凄さを証明出来る訳ですからね。

かなり誤った考えではありますが、私は山城圭吾の苦しみがよく分かります。私もブログを長く続けていて、月間5万PVにはいっても6万PVに届かず苦戦しているからです。

それは、自分のブログにオリジナリティーがないからであり、それは山城圭吾と共通点があるので、映画館で今作を見ている時に『分かるなぁ、コイツの気持ち』と思ってしまいました。

ただし、見ている最中に、清田俊介(演:小栗旬)が山城圭吾から真相を聞かされた時に、指定した場所を漫画として描くように進めれば、犯人を逮捕できたのに……と思ってしまいましたね。

少し引っかかる所はありましたが、売れない漫画家が凶悪犯と共同作業してしまうサスペンス映画は、刺激的で面白かったです。

個人的な話に戻りますが、ブログのオリジナリティーを出すには、やはり作品の内容で考察しながら、できるだけ最新作を掲載していく事が、このブログのオリジナリティーを出す事かなと思っています。

くれぐれも、山城圭吾のようにはならないように気をつけます(苦笑)。