叔孫通の讒言は博士や民のため?ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第13話』

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第13話 項梁の決断』では、叔孫通は讒言してしまって、秦帝国は混乱してしまいますが、これは博士や民のためだったので詳しく解説しましょう。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第13話』のキャスト

ドラマ『項羽と劉邦 King's War』シリーズは、2012年から中国で放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:ガオ・シーシー
  • 脚本:ワン・ハイリン&イエン・ガン

女優&男優&声優

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第1話』に登場する人物や俳優たちを紹介します。

秦国
  • 扶蘇(演:イエ ・シャオミン)始皇帝の長男
  • 胡亥(演:ユー・ビン)秦の二世皇帝
  • 趙高(演:シュー・ウェングァン)野心多き宦官
  • 殷通(演:ワン・ウェイグォ)会稽の郡守
  • 崇信(演:チャン・シンファ)野心を抱く宦官
  • 叔孫通(演:リュウ・グァンホウ)胡亥をたぶらかす重臣
漢国(のちに漢帝国を築き上げる人物たち)
  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)漢の高祖にして、劉備玄徳の先祖
  • 蕭何(演:ヤン・リーシン)漢の三傑であり、漢軍の兵糧補給に尽力
  • 樊噲(演:カン・カイ)劉邦の弟分で怪力の持ち主
  • 盧綰(演:ワン・ジーシー)劉邦の幼馴染
  • 周勃(演:チャン・チョンハォ)劉邦の忠臣
楚国
  • 項羽(演:ピーター・ホー)項燕の子孫にして、秦国打倒を目指す猛将
  • 項梁(演:ジュー・イェンピン)項羽の叔父であり、育ての親
  • 項伯(演:シュー・マオマオ)項羽の叔父
  • 項荘(演:ツァイ・イーダー)項羽の従兄弟
  • 季布(演:リー・ユエン)項羽の義兄弟
  • 鍾離昧(演:イエ・ポン)項羽の忠臣にして、楚軍きっての知将

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第13話』のストーリー

胡亥のもとへ博士たちが命をかけて「早めに反乱軍を鎮めなくては、秦帝国が大変な事になります」と進言しますが、叔孫通がまたしてもデタラメな事を言って、進言を退けてしまいます。

反乱が起きている事など認めたくない胡亥は、叔孫通を気に入って官位をあげてしまった上に、絹織物まで授けてしまいます。趙高も『シメシメ』とほくそ笑み、博士たちは苦渋の思いを抱きながら退廷していきました。

博士たちは、叔孫通に抗議をしますが「陛下は3ヶ月も会おうとしなかったのですぞ。そんな話を聞きたいと思いますか。しかも、趙高は片手に玉璽を、もう片方に剣を持っているのですぞ。違いますか?」と逆に問いかけるのです。

その頃、蕭何たちは劉邦の所まで会いに行って「県令が態度を変えた、今では城門が閉ざされてしまって、民たちは防備につかされている」と忠告します。しかし、それでも劉邦は城のもとへ戻ろうとするので、仲間たちは驚愕。

会稽では、項梁や項羽たちが殷通に呼び出されますが、隙をついて殷通を殺害して、会稽を占領してしまいました。

季布や鍾離昧たちは従おうとしなかったのですが、項梁たちに楚国の想いを語りかけられて、ついに従う事を決意します。項梁たちは「秦を滅ぼし、楚を復興するぞ!」と声をあげますが、このまま楚国は復興できるのでしょうか?

『叔孫通の讒言は博士や民のため』

叔孫通は、自宅に戻り、妻に「皇帝は愚か者だ、趙高は佞臣(ねいしん)だ。これでは国が滅びる。私ごときの一介の学者でさえ、あんなデタラメで機嫌を取らなくては」と嘆いてしまうのです。

妻からは「でも、あれだけ恩賞をたまわって」と励ましますが「ようやく分かった。秦帝国は力を落として崩れ始めた。もう反乱を起こすしかないのだ。私は官職を辞する。今逃げてなくは、趙高に殺されるか取り込まれるかだ」と危機感を強めました。

機を見るに敏な叔孫通は、有力な反乱軍を見つけ出して、そこに力を貸そうと考え出します。妻は驚きますが、叔孫通は『これも趙高が、民を苦しめた結果だ』と肩を落とすのみでした。

下手に進言をしても、無駄に博士たちが殺害されてしまって、ますます朝廷が混乱してしまうと考えて、叔孫通は趙高を油断させるような事を言ったのでしょう。

悪政ばかりする秦帝国が滅べば、結果的には民を救われると考えて、反乱軍を討伐するように言わなかった可能性は高いです。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『項羽と劉邦 King's War』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見られます。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第13話』のまとめ

第13話では、叔孫通が讒言しながらも、自邸で「博士のワシが、こんな機嫌を取る必要があるとは」と嘆いてしまって、少し不憫に思えてしまいます。

確かに、叔孫通の言う通りで、下手に進言していたら、趙高に警戒されて博士たちが皆殺しにされるのは間違いなかったでしょう。

そのような事を考えたら、叔孫通の讒言は、博士や民を救ったと言えます。