ジェシー・ジェームズが世界で初めて行った犯罪!ドラマ『タイムレス シーズン1 第12話』

ドラマ『タイムレス シーズン1 第12話』では、ジェシー・ジェームズが登場しますが、実はこの男がある犯罪を世界で初めて行ったので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『タイムレス』のキャスト

ドラマ『タイムレス』は、2016年10月3日〜2017年2月20日まで放送されていました。

原案

女優&男優&声優

  • ルーシー・プレストン(演:アビゲイル・スペンサー)美しき歴史教授
  • ベンジャミン・ケイヒル(演:ジョン・ゲッツ)ルーシーの実の父親
  • ノア(演:ダニエル・ディ・トマソ)ルーシーの婚約者
  • キャロル・プレストン(演:スザンナ・トンプソン)ルーシーの母親
  • ワイアット・ローガン(演:マット・ランター)陸軍デルタフォースの曹長
  • ルーファス・カーリン(演:マルコム・バレット)タイムマシンのエンジニア
  • ガルシア・フリン(演:ゴラン・ヴィシュニック)タイムマシンを盗んだ人物
  • コナー・メイソン(演:パターソン・ジョセフ)メイソン工業の社長
  • デニース・クリストファー(演:サキナ・ジャフリー)国土安全保障省の要人
  • ジヤ・マーリ(演:クローディア・ドゥーミット)メイソン工業のエンジニア
  • アンソニー・ブルール(演:マット・フリューワー)タイムマシンの開発者
  • エマ・ウィットモア(演:アニー・ワーシング)リッテンハウスの幹部
  • ニコラス・ケインズ(演:マイケル・レイディ)リッテンハウスの新リーダー
  • ジェシカ・ローガン(演:トーニャ・グランツ)ワイアットの妻

ドラマ『タイムレス』の前話までのストーリー 

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、SFドラマ『タイムレス シーズン1 第1話』を見る事ができます。

ドラマ『タイムレス シーズン1 第12話』のストーリー

ワイアットは、フリンから妻を殺害された者を教えられて、それを確かめたら、その話が本当である事を確信。服役中の犯人からは「その時には戻れない」と吐き捨てられますが「タイムマシーンでもない限りはな」とほくええ見ます。

その頃、フリンは、タイムスリップして、ジェシー・ジェームズを助け出して、一緒に家を出ていました。ルーシーがたどり着いた時には、フリンやジェシーたちの姿がなくて、ジェシーは殺害を続けていたのです。

ワイアットたちは、バス・リーヴスと出会って協力を求めますが「ジェシーを殺害するのではなく、生きたまま裁く事に協力するなら承諾しよう」と言われてしまいます。

それに同意するワイアットですが、ルーファスには「善人を守るために、ジェシーは殺害する」と言い切ってしまうので「約束したのに」と唖然。

ワイアットたちはグラント・ジョンソンと合流して、ジェシーの行方を追って行ったら、ブラフウッズに向かった事が分かります。

フリンは、山奥まで足を運び、エマと出会い、ジェシーと別れますが、置き土産にガトリング砲を与えてしまうのです。

ルーシーたちは、山中の家にたどり着いて、エマが生きている事を知りますが、ジェシーが狙撃してきて、グラント・ジョンソンは命をとしてしまいます。

応戦しようとしますが、ワイアットはジェシーを殺害できるのでしょうか?

ジェシー・ジェームズが世界で初めて行った犯罪』

ジェシー・ジェームズは、多くの犯罪を行ってきて、多くの者たちを殺害してきました。そんな凶悪犯が、1866年2月13日に世界で初めて銀行強盗を成し遂げてしまったのです。

それ以来、2月13日は『銀行強盗の日』とされていて、銀行に勤めている方にはたまったものではない日となりました。

参照元https://blog.goo.ne.jp/yousan02/e/79787755709deb8f2990fe4ff03e2213

これに味をしめたジェシー・ジェームズは、その後も何回も銀行強盗を行ってしまって、その悪名は全米にとどろいてしまいます。

それほどの極悪人だったので、ワイアットが『あんな奴は殺害して当然だろう』と思ってしまうのも無理もない話でした。

ドラマ『タイムレス 』を見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、ドラマ『タイムレス シーズン1〜2』を見る事ができます(2021年6月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

ドラマ『タイムレス シーズン1 第12話』のまとめ

第12話では、ジェシー・ジェームズが出てきましたけど『誰だよ、この人』って思っていたら、世界で初めて銀行強盗を行った極悪人だったんですね。

しかし、だからって『銀行強盗の日』なんて物騒な日は制定しないほうが良いような気もします。

アメリカ合衆国は昔から銃を所持できるので、この辺りは日本とだいぶ違う感じがしますね。銀行は強盗にあいやすいので、そういった所で働く銀行員の人たちは大変ですね。