ドラマ『イチケイのカラス』全話を見られる動画配信

f:id:akira2013web:20210410224538p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/ichikei/index.html

ドラマ『イチケイのカラス』シリーズの全話のストーリーを見られる動画配信と、ドラマのストーリーや見所などを紹介するので参考にしてみて下さい。

イチケイのカラス』全話を見られる動画配信

ドラマ『イチケイのカラス 第1〜11話(最終話)』は、動画配信【フジテレビオンデマンド】 に入会すれば見る事ができます(2021年6月時点)。

月額料金は、税別888円ですが、初入会の方であれば2週間までは無料でイチケイのカラスを見られます。

イチケイのカラス 第1話』のストーリー 

www.akira-movies-drama.com坂間千鶴(演:黒木華)は、裁判官として学生の質問を受けていましたが、生徒から「裁判官ってモテますか?」と質問されてしまって『何を考えいるんだ、コイツは?』とムカッとしてしまいます。

しかも、生徒たちを引率していると思われた入間みちお(演:竹野内豊)が、茶化してくるので、ますます頭にきてしまうのです。

ところが、このふざけた入間みちおこそ、問題のある裁判官である事が分かり『コイツが裁判官?』と大ショックを受けてしまいます。

坂間千鶴は、そんな問題のある裁判官と一緒に法廷で裁く事になっていきますが、ここで、入間みちおは「裁判官主導で、捜査をします」と言い始めてしまうので『本当に、何を考えているのよ!』と呆れ果ててしまうのです。

イチケイのカラス 第2話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com深瀬瑤子(演:前田敦子)は、自分の赤ちゃんを揺さぶって虐待をしたという疑いをかけられましたが、マスコミの前で不敵な笑みを浮かべてしまって『鬼女の微笑み』と批判されるようになってしまいました。

それでも、深瀬瑤子は虐待を否定するので、入間みちおが裁判をする事になります。

今までは虐待と診断で命を失ったと言われていましたが、違う他の医師に聞いてみたら「平成3年11月9日に揺さぶったようですが、発症したのは3日前の可能性がある」という証言も出てきたのです。

入間みちおは「職権を発動して、裁判官主導で3日前まで捜査します」と言い切ってしまいますが、坂間千鶴から「あなたは、ただ単に裁判をひっくり返したいだけでしょう?あなたは、ただ迷う迷探偵なだけです!」と憤ってしまいます。

はたして、赤ちゃんが亡くなった原因は、何だったのでしょうか?

イチケイのカラス 第3話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com駒沢義男(演:小日向文世)は、以前に減刑処分をした藤代省吾(演:岡田義徳)が、出所した後に野上哲司(演:成松修)を殺害してしまって、再び裁判をする事になりました。

しかし、野上哲司には不自然な所があったので、駒沢義男は詳しく追求しようとしますが、城島怜治検事から「お前は自分が減刑処分した人間が、同じ過ちを犯してしまった現実を認めたくないだけだろう!」と責められてしまうのです。

駒沢義男は、しつこく警察を責め立てますが「不検討」と言われて感情的になるので、坂間千鶴は「落ち着いて下さい」と止めようとしますが入間みちおから「坂間さん落ち着きましょう」と言うので「止めるのは私じゃないでしょう」とイラつきます。

全く進展しない状況でしたが、藤代省吾が犯人なのでしょうか?

イチケイのカラス 第4話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com坂間千鶴の部屋に、妹の坂間絵真がやってきて「しばらく、ここにいるから」と言ってくるので「何を勝手な事を言ってんの!」とケンカになってしまいますが、そこへ入間みちおがやってきたのです。

入間みちおは、坂間千鶴が少し問題がある弁護士のように言ってしまうので、坂間絵真は少し心配になって裁判所へ見に行ってしまいます。

坂間千鶴は、無感情に被告人たちをスピード判決を下していくだけで、傍聴マニアたちから「あの裁判官は早く判決するだけで、つまらない」とネットで書き込まれてしまうので、ネットで反論の書き込みをしてしまのです。

坂間絵真は『うわぁ、お姉ちゃん気にているなぁ』と、ますます心配になってしまいます。そんな時に望月博人が東京ドリームランドから強奪した5億円をビルからばら撒いた事件を裁判する事になってしまいました。

はたして、無感情と思われている裁判官 坂間千鶴は、この被告人をどう裁くのでしょうか?

イチケイのカラス 第5話』のストーリー

www.akira-movies-drama.comバレエ団の経営者 槇原楓(演:黒沢あすか)が、元トレーナーの矢口雅也に復職を求めたら、断られてしまったので、言い合いになり突き飛ばしてしまって、相手は重体に陥ってしまいます。

裁判が始まっていたら、入間みちおは、なぜか食い逃げ事件と今回の傷害事件を併合審理(二人の裁判を一緒に裁判)しようと言い出すので、坂間千鶴は「あなたは、今までした事ないのをやる事が面白くて仕方がないだけでしょう」と激怒してしまうのです。

しかし、食い逃げ犯が逃亡中に、槇原楓と矢口雅也(演:松木研也)が言い合っている現場を目撃していたので、併合審理する意義がありました。

はたして、併合審理する事によって、事件を解決できるのでしょうか?

イチケイのカラス 第6話』のストーリー 

www.akira-movies-drama.com岸田茂(演:バカリズム)は複数の窃盗犯を重ねてしまいますが、裁判では、泥棒がいかに素晴らしい職業であるかを熱弁してしまうので、周りの者たちは唖然としてしまいます。

今までは饒舌(じょうぜつ)に喋っていたのに、逃げようとする時に自転車を用意していなくて、途中で自転車を盗んでしまったので不自然に感じてしまう所もありました。

しかも、今回の事件について調べていた新聞記者の真鍋伸(演:坂口和也)が、何者かに突き飛ばされてしまって重症に陥ってしまいましたが、この被害者は天下りの事件も調べていたのです。

そうなってくると、12年前の事件と関係している可能性が高くなってきたので、入間みちおは、12年前の事件で証人として呼べなかった志摩総一郎(演:羽場裕一)が怪しいと睨みます。

はたして、今回の事件は12年前と関連性があるのでしょうか?

イチケイのカラス 第7話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com入間みちおは、自分が弁護士時代に担当していた12年前の東丸電機殺人事件を再び調べる事にしますが、あの時は、志摩総一郎を証人として出廷させようとしていたのに、却下されていたので『何かつながりがあるハズだ』と睨みます。

最高裁の日高亜紀(演:草刈民代)は検察の闇を隠すかのように、入間みちおたちに圧力をかけようとしますが、入間みちおたちは、一発逆転を狙って、最高裁の日高亜紀検事を証人として出廷させようと動き出しました。

日高亜紀検事は「証人の出廷を認めなかったのは、誰かに忖度したのではないですか?」と問われますが「何者にも忖度はしていません。あなたは裁判官失格です」と言い放ち、入間みちおと対峙してしまうのです!

イチケイのカラス 第8話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com川添博司は、痴漢の容疑者として逮捕されそうになってしまいますが、入間みちおは仕事仲間たちに面白おかしく伝えてしまうので、多くの裁判官たちは『川添さんが痴漢?』と白い目で見てくるので『入間めぇ!』と思ってしまうのです。

そんな時に、前橋幸則(演:渡辺佑太朗)や磯崎由衣(演:夏目愛海)たちが研修生として身近で働く事になりました。

坂間千鶴は、万引きをして捕まっていた潮川恵子(演:真凛)は、うつ病になりそうな状況だったので、在宅からの審理に切り替えていしました。ところが、潮川恵子がお店に通報した山寺史絵を襲ってしまって、重症に陥らせてしまったのです!

しかし、潮川恵子は「山寺史絵さんが万引きしようとしていたので、お店に品物を返すように促そうとしたら、逆に襲われてしまったので1回だけ叩いたんです」と主張します。

入間みちおは「被害者が2回叩かれていたので、1回しか叩いていないという事は、真犯人が他にいるかもしれません。職権を発動します、裁判所主導で改めて捜査を行います」と言い出すので、研修生たちは「えぇ?」と驚いてしまうのです。

はたして、潮川恵子の他に真犯人はいるのでしょうか? 

イチケイのカラス 第9話』のストーリー 

www.akira-movies-drama.com入間みちおたちは『世田谷家政婦殺人事件』を扱う事になりますが、補充裁判員たちは生々しい証拠を見せられて、嫌気をさしてしまう人物たちが現れてしまいます。

補充裁判員の中には「せっかく、私たち選ばれたんですよ?もったいないですよ」と主張する人物も出て、その意見は分かれてしまいました。

被害者はバルコニーから落ちてしまって、そのまま命を落としてしまう訳ですが、被告人が助けようとしなかったので、補充裁判員たちは「やっぱり、助けを呼ばないのは怪しいです」と声を揃えますが、誤った判決を下す事も出来ません。

はたして被告人の高見梓(演:春木みさよ)が突き飛ばしてしまったのは本当に事故だったのでしょうか?

イチケイのカラス 第10話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com河川敷で、ホームレスたちと食事を楽しんでいる中年男性たちがいましたが、そこに投石してしまう少年が現れてしまって、ホームレスの男性(演:板尾創路)が若者をスパナで骨を折ってしまうのです。

法廷で、被告人は「私は、そんな事はしていない。私は嘘は嫌いなんです」と言っておきながら、なぜか自分の名前を言おうとしなかったのですが、弁護士は法廷で、今回の弁護を引き受けた理由を教えて、自分の事を名乗るようにお願いします。

そうしたら、被告人は、ようやく自分の名前を打ち明けて、以前に無免許で医師をしていた時に患者を救えなかった事を白状してしまいます。

はたして、今回の事件と無免許の事と関係があるのでしょうか?

イチケイのカラス 第11話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com地裁の裁判官の任期は10年で、ほとんどの場合は再任されます。しかし、問題がある場合は再任されないので、入間みちおのように変わったやり方で裁判を行なってきた場合には、再任が難しかったのです。

仲間たちは「入間は大丈夫だろうか」と心配してしましますが、そんな時に裁判を行う事になります。

しかし、入間みちおはいつもと同じ方法を変えようとしません。

今回の裁判では、笹岡庸介(演:菅原健)が自転車を走行する際に、スピードをかなり上げた上に、左側の通行を守らなくて7歳の子供をひいてしまいましたが「子供を避けられなかったのは、夜間に工事用ガードフェンスがあったから」と主張します。

ところが、工事をしている会社は「夜遅くまで工事はしていなかった」と全く違う主張をしてきたのです!

イチケイのカラス』シリーズの見所とまとめ

イチケイのカラスシリーズは、変わった裁判官の入間みちおと、裁判をスピーディーに行おうとする坂間千鶴の間でバトルが行われていて、そのやり取りがコミカルで楽しいドラマでした。

しかし、ドラマが進行していくに従って、だんだんと二人が分かり合えてしまうので、そのコミカルなトークが無くなっていったので、面白さが半減してしまいましたね。

途中からは、ただの真面目な裁判ドラマになってしまうので『最初の頃のほうが面白かったなぁ』と思ってしまうドラマでした。

しかし、序盤は見所が多かったので、コミカルなドラマが好きな方は、序盤のほうだけでも見ておくのも良いかもしれません。

ドラマ『イチケイのカラス 第1〜11話(最終話)』は、動画配信【フジテレビオンデマンド】 に入会すれば見る事ができます(2021年6月時点)。