須崎利子(演:成海璃子)の後ろめたい過去は経歴詐称?ドラマ『女の戦争 ~バチェラー殺人事件~ 第1話』

ドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~ 第1話 』では、7人の女たちがセレブ妻の座を巡って争いますが、須崎利子(演:成海璃子)は経歴詐称している疑いがあるので、その根拠について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『女の戦争 ~バチェラー殺人事件~』のキャスト

f:id:akira2013web:20210626215933j:plain

出典:https://www.paravi.jp/

ドラマ『女の戦争 ~バチェラー殺人事件~』は、2021年7月3日からTVで放送されますが、動画配信『Paravi』では2021年6月26日から独占配信開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 鳴戸哲也(演:古川雄大)7人の女性から、運命の人を1人だけ選ぶ御曹司
  • ケリー豊田(演:松大航也)番組の進行を指揮する男性
  • 嶋田理恵(演:北原里英)薬に依存しがちの看護師
  • 須崎利子(演:成海璃子)毒舌な弁護士
  • 遠藤星(演:真飛聖)化粧品メーカーの社長
  • 志倉若菜(演:葵わかな)デパートの寝具売り場で働いていた店員
  • 河原麗奈(演:トリンドル玲奈)美しきヴァイオリニスト
  • 一ノ瀬りお(演:寺本莉緒)うざい性格をしたアイドル
  • 森下一香(演:尾碕真花)大手財閥の令嬢

主題歌

ドラマ『』の主題歌は、 Cö shu Nieの『undress me』です。

ドラマ『女の戦争 ~バチェラー殺人事件~ 第1話』のストーリー

鳴門ホテルグループの鳴戸哲也新社長が、殺害されるという事件が報道されてしまいました。実は、今から3ヶ月も前に、鳴戸哲也を巡って、7人の女性たちが妻の座を争うドラマに出演していたのです。

しかし、7人の女性たちの中には、うざがられるほどワガママな女性もいて「こういうのって、普通はリムジンじゃないの?」と文句をつけてきますが、スタッフから「すいません、テレ東なんで」とあしらわれてしまいました。

嶋田理恵・須崎利子・遠藤星・志倉若菜・河原麗奈・一ノ瀬りお・森下一香たちは『自分こそれ、セレブ妻になる』と意気込みますが、森下一香が衣装を着ようとしたら、カミソリが仕込まれていて、胸から出血してしまうのです。

須崎利子は「あなたが真っ先に衣装を触っていたから、あなたが仕込んだじゃないの?」と問い詰めようとしますが、一ノ瀬りおは「ひどぉい、それだけで疑うんですかぁ」と全く悪びれた様子はありませんでした。

1週間という期間限定で、新社長となる鳴戸哲也は1日に1人ずつ、脱落者を選んで、7日目に運命の決断をする事になりますが、勝負をするたびにトラップがしかけられていくのです。

それは、まさに女たちの戦争であり、誰が鳴戸哲也の心を射止められるのでしょうか?

『須崎利子(演:成海璃子)の後ろめたい過去は経歴詐称』

須崎利子(演:成海璃子)は、番組で暴露をしていくと言われた時に「意義アリ」と真っ先に異論を唱えていたので、彼女には後ろめたい過去がある可能性が高いです。

それでは、彼女には、どのような後ろめたい過去があるのかと言えば、ズバリ『経歴詐称』でしょう。

その根拠として、彼女の最大の魅力は弁護士であり、それが違うとなれば、脱落する事は間違いないからです。それほど致命的な事なので、隠したがるのでしょう。

さらに言えば、須崎利子は弁護士にしてみれば、オノが飛んでしまった時に苦しい言い逃れの仕方をしていて、かえって疑いを強めてしまいました。弁護士のように頭が良ければ、あんな釈明の仕方はしないでしょう。

 

ドラマ『女の戦争 ~バチェラー殺人事件~ 第1話』のまとめ

2021年夏ドラマの中でも、1、2を争うほど面白そうなドラマなので、首を長くして待っていましたが、やはり北原里英さんが出演するのは嬉しい限りですね。

なぜなら、北原里英さんはNGT48のキャプテンとして、新潟で活躍してくれた元アイドルだからです。それからも、北原里英さんは新潟に強い愛着を示してくれたので、このドラマでは最後まで勝ち残ってほしいです。

今回の内容を見る限りでは、真っ先に須崎利子(演:成海璃子)が脱落しそうですが、どうなんでしょうかね?

カミソリを仕込まれていたのも自作自演でしたから、オノにクリームが塗っていたと騒いでいたのも、もしかしたら須崎利子の自作自演かもしれません。何にせよ、須崎利子の後ろめたい過去は、経歴詐称でしょう(決めつけるブロガー)。

ドラマ『女の戦争 ~バチェラー殺人事件~ 第1話』は、動画配信『パラビ』に入会すれば見る事ができます。