章邯が裏切り者の司馬欣や董翳を許す3つの要因!|ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第20話』

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第20話』では、章邯が裏切り者の司馬欣や董翳を許してしまいますが、それには3つの要因があったので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第20話』のキャスト

ドラマ『項羽と劉邦 King's War』シリーズは、2012年から中国で放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:ガオ・シーシー
  • 脚本:ワン・ハイリン&イエン・ガン

女優&男優&声優

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第1話』に登場する人物や俳優たちを紹介します。

秦国
  • 胡亥(演:ユー・ビン)秦の二世皇帝
  • 晨曦(演:シャオスーチンガォワー)始皇帝の孫娘
  • 趙高(演:シュー・ウェングァン)野心多き宦官
  • 章邯(演:ツァオ・ウェイユィ)秦の名将、楚を苦しめていく
  • 司馬欣(演:ウー・シャオドン)章邯の副将
  • 崇信(演:チャン・シンファ)野心を抱く宦官
漢国(のちに漢帝国を築き上げる人物たち)
  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)漢の高祖にして、劉備玄徳の先祖
  • 蕭何(演:ヤン・リーシン)漢の三傑であり、漢軍の兵糧補給に尽力
  • 樊噲(演:カン・カイ)劉邦の弟分で怪力の持ち主
  • 盧綰(演:ワン・ジーシー)劉邦の幼馴染
  • 周勃(演:チャン・チョンハォ)劉邦の忠臣
  • 曹無傷(演:ワン・ジュン)勝手な行動を取ってしまう部下
楚国
  • 項羽(演:ピーター・ホー)項燕の子孫にして、秦国打倒を目指す猛将
  • 項梁(演:ジュー・イェンピン)項羽の叔父であり、育ての親
  • 英布(演:フー・ドン)暴れまわる囚人
その他
  • 韓信(演:ドアン・イーホン)居候の身で、うだつのあがらない青年
  • 季桃(演:リュウ・ユウユウ)韓信に想いを寄せる村娘

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第20話』のストーリー

趙高は、崇信から「章邯が戦に勝ち、祝勝会がもう少しで行われます」と報告を受けますが、浮かぬ顔をしてしまいます。

そこで、兵士を呼び込んで「章邯は兵士たちから信用されているのか?」と聞いたら「はい、将軍は多くの者たちから信頼されています」と言われたら、一気に機嫌を悪くして兵士を鞭打ちの刑にしてしまうのです。

趙高は、祝勝会を中断して、胡亥には「陛下は最近になり、白髪もできたので、政治の場から離れて不老長寿の薬が届けられるのをお待ち下さい」と進言してしまいます。

朝廷では、趙高が陛下の勅命と偽り、董翳と司馬欣を援軍の将として派遣させました。

楚では、項梁が荒くれ者の英布の扱いに頭を悩ませていたので、項羽は英布の陣を奇襲してしまいます。英布は「項羽は英雄と聞いていたが、このようなコソ泥とは思わなかった。そんな奴には従えるか」と吐き捨ててしまうのです。

項羽は「それなら、明朝。皆の前で対決をしてやろう」と君子の約束をして、英布と対決する事になりました。その対決は、激しいものとなりましたが、項羽の勝利に終わり「英布よ、気に入った。共に項軍へ加わらないか」と呼びかけるのです。

秦の陣では、司馬欣が章邯に忠誠を誓おうとしないので、董翳は「不甲斐ない奴だ」と苛立ちますが、このような状態で楚軍を撃破できるのでしょうか?

『章邯が裏切り者の司馬欣や董翳を許す3つの要因』

章邯は、司馬欣や董翳は趙高が派遣してきた密偵と知りつつも、何も知らぬ顔をして許してしまいます。なぜ、彼らのような裏切り者を許したのかと言えば、それには3つの要因がありました。

  • 司馬欣や董翳たちの家族は咸陽にいたので、下手な事をしたら趙高によって殺害されるので、趙高の命令に従う気持ちに理解を示していた為
  • 司馬欣や董翳たちを処刑してしまえば、趙高に警戒されてしまうので、下手に手出しができなかった為
  • 司馬欣や董翳たちを処刑したら、軍の中で動揺が起きてしまって、楚とまともに戦えなかった為。

このような理由から、章邯は二人を処刑できなかったのでしょう。しかし、途中から董翳だけは章邯に忠誠を誓うようになったので、今後は司馬欣がどのような行動を取るのか?気になる所ですね。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『項羽と劉邦 King's War』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見られます。

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第20話』のまとめ

第20話では、章邯が連戦連勝でしたが、趙高から警戒されてしまって、監視役の司馬欣や董翳が送り込まれてきます。

これから、楚軍と戦おうとしているのに、軍は団結できない所があり、もろい所がありました。しかし、章邯は項羽を警戒するのに、劉邦には無警戒だったので、この辺りが後の章邯の運命を決定づけたのだろうなぁと思ってしまいましたね。