レオン・ロッシュは徳川慶喜のせいで罷免される?青天を衝け 第21回

f:id:akira2013web:20210214202837p:plain

出典:https://www.nhk.or.jp/seiten/

ドラマ『青天を衝け 第21回 篤太夫、遠き道へ』で登場するレオン・ロッシュは、後に徳川慶喜のせいで罷免されるので、なぜ罷免される事になったのか紹介しましょう。

大河ドラマ『青天を衝け 第21回』のキャスト

2021年の大河ドラマ『青天を衝け』は、2021年2月14日から放送開始されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ『青天を衝け 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

大河ドラマ『青天を衝け 第21回』のストーリー

原市之進は徳川慶喜の命で、渋沢栄一に「主君の弟君 徳川昭武様が、清水家を相続されたが、フランスの万博に参加する事になった。そこで上様が、お主が一向の一員としてパリへ行って欲しいとの事だ」と打ち明けます。

翌日、大目付の永井尚志が、万博ではどのようにすれば良いのか?渋沢栄一に教えを説いて、万が一の事を考えて『見立て養子』も考えたほうが良いと忠告するのです。

一橋慶喜は、帝の強い意志で、徳川宗家を継いで、第15代将軍となりました。しかし、孝明天皇は重い病を患ってしまって、崩御してしまいました。

幕府では、帝が代わる事により、反幕の強硬派たちが騒ぎ出すのではないかと危惧しますが、その不安は的中します。岩倉具視は「次の帝が決まった時こそ、天皇中心の政治を行ってくれる」と闘志を燃やしていたのです!

渋沢栄一は、徳川昭武に同行しますが、フランス公使のレオン・ロッシュが馴れ馴れしく握手を求めてくるので『なんという無礼ものだ』と思ってしまいますが、そこで、後に日本国に大きな影響を及ぼす福沢諭吉と出会う事になります。

そして、渋沢栄一は、期待と不安を胸に抱きながら、ついに大海原に出てパリへ向かう事になったのです!

『レオン・ロッシュは徳川慶喜のせいで罷免される運命』

レオン・ロッシュは、日本へ来るまでは、フランスの国益を最優先してきました。それはフランス公使として当然でしたが、日本へ来てからは江戸幕府に肩入れするようになり、本国フランスの命令を無視してまで、徳川慶喜を支えるようになります。

しかし、徳川慶喜は戦況が不利と見るや、部下を見殺しにして、大阪から江戸へ逃げ帰ってしまいました。それからというもの、新政府に徹底恭順の姿勢を貫こうとして、レオン・ロッシュの再起提案の話を蹴ってしまいました。

本国の命令をほぼ無視するほどの姿勢を貫いて、徳川慶喜を支えようとしたのに、これでレオン・ロッシュは孤立する形なって罷免されてしまった訳ですね。

日本人としては、本国の命令を無視してまで、日本の江戸幕府に肩入れしてくれたレオン・ロッシュには感謝の念を堪えません。

そして、動画配信U-NEXTに入会すれば、青天を衝けシリーズを見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば、31日間は無料期間です(2021年時点)。

入会したら、毎月1200ポイントも貰えるので、そのポイントを使えば、NHKパックを実質無料で利用できるので『青天を衝け』シリーズを見る事ができます。下の広告をクリックしたら、動画配信『U-NEXT』に入会できます。

大河ドラマ『青天を衝け』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com 上の内部リンクをクリックしたら、大河ドラマ『青天を衝け』シリーズの全話のストーリー・キャスト・豆知識などを見られます。

大河ドラマ『青天を衝け 第21回』のまとめ

第21回では、レオン・ロッシュが登場しますが、江戸幕府を支えようとしてくれたので、日本人としては忘れてはいけない人物と言えます。

レオン・ロッシュについては、日本国を内戦状態に陥らせて植民地にしようとしただけではないか?と思う方もいるかもしれません。しかし、必要以上に幕府を支えようとしたので、もしかしたら徳川慶喜の可能性に賭けたのかもしれません。

『この人物なら、日本を近代国家に導いてくれるかもしれないので、フランスが付き合うに値する指導者のはずだ』と思って、支えたのかもしれませんが、徳川慶喜はその期待に裏切ってしまう訳なので、何だかなぁと思ってしまいます。